丸角R3mmの目安、測り方。クレジットカード、免許証を使う方法

 

透明マットの角に少しだけ丸みを付けたいという方へ

透明テーブルマット工房では、マットの四隅の丸角カットを無料で承っています。

丸角の丸みの大きさもオーダーいただけます。

丸角R測定イメージ
[写真:丸角の測定イメージ]

 

テーブルマットの四隅に少しだけ丸みを付けたいと思う方は、R3mmをご指定ください。

当店でカットできる1番小さい丸角のサイズは、「R3mm」です。

 

でも、R3mmとは、どんな大きさ?
丸みの大きさを写真付きでご紹介

Rサイズとは、丸みの大きさを表すサイズで、円の半径のことです。

「Rサイズ」=「円の半径」

なので、R3mmは、半径3mmの円の丸みです。(直径にすると6mmの円)

 

[R3mmの目安、R3mmの測定方法]

ご自宅やお手元にあるもので、角がR3mmのものは「クレジットカード」の角の丸みです。


クレジットカードは、カードサイズを国際標準規格(ISO)にて定められています。

カードの縦横の長さ、角の丸みの大きさ、カードの厚み、いずれのクレジットカードも同じ寸法です。


 

クレジットカードの丸みの大きさは、R3mm(※)とISOに規定されています。

※正確にはR3.18mmがISO規格で規定されたサイズですが、ほぼ等しい僅かな差なので、クレジットカードの角はR3mmと思っていただいて良いかと思います。

 

マットをオーダーするにあたって、

マットの角を直角にするか、丸角R3mmにするか、迷っている方は、テーブルの角にクレジットカードを置いてみてください。

マットの四隅をR3mmにしたときの雰囲気がわかるはずです。

クレジットカードの丸角サイズ(ISO)R3mm

上の写真は、ほぼ直角のテーブルの角にクレジットカードを置いています。

角が直角のテーブルで、少し丸角をつけたい場合はR3mmで不自然ではないと思います。(※感覚には個人差があります)

 

もし、クレジットカードが手元にないという方、自動車の運転免許証も同じサイズです。

運転免許証の角もR3mmなので、テーブルの角に免許証を置いていただくと、丸角R3mmの雰囲気がわかります。

免許証の丸角サイズR3mm

上下いずれの写真も、角が直角のテーブルに運転免許証を置いています。

直角の角に運転免許証を置く

 

それでも直角か、丸角にするか、迷うという方

テーブルの角は直角だけど、マットの角は少し丸くした方がいいかなと思われて、こちらのページをご覧になられている方へ。

ご自身の直感を信じて丸角にされると良いと思います。

直角の角にR3mmのマットを敷いても、違和感はないと思います。

ご注文ページ

 

当店・透明テーブルマット工房がカットできるR3mmの次に大きいRサイズはR5mmです。

それ以上は5mm単位で丸角のカットを承っています。

R5mm、R10mm、R15mm、R20mm・・・

R10mmは1円玉と同じサイズなので、1円硬貨を角に置いていただくと良いと思います。

1円玉のR

 

ご自身で丸角のRを測定されたい方は、簡単に測定できる透明のR測定定規をご提供しています(マット購入者限定)。

丸角R測定イメージ

R定規について

 

今回は、クレジットカード、運転免許証を使ったR3mmの目安、測定方法をご紹介しました。


通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金ページ

お客様の口コミ写真・レビューページ

丸角の測定(R定規)ページ