離乳食の汚れ防止、除菌、掃除に透明マットを敷く6軒の家庭と写真

こんにちは。透明テーブルマット工房です。
お子さんが離乳食に入ったら、食べこぼしや食べ遊びでテーブルの汚れが気になるという事で、当店の透明テーブルマットを多くオーダーいただいています。


(カリモクのテーブル、離乳食の汚れ防止にマットをオーダーした家庭の写真)

 

小さな子供を育てるというのは、何かと気をつかうことが多いものですが、新型コロナウイルスが流行し、コロナ禍と言われる中で子育てをされるのは大変ですよね。

ただ、子どもの方はコロナなんか関係なしにご飯を食べてテーブルを汚すわけです。

当店のマットを敷いて、少しでもお掃除が楽になってくれたら嬉しいです。

 

そんなことで、「子どもの離乳食でテーブルが汚れる」という理由で、透明マットをオーダーいただいた家庭の写真を感想と合わせて紹介します。

 

こちらはウニコのテーブルに透明マットをオーダーされたご家庭の写真です。

離乳食でテーブルが汚れるのでビニールマットがあった方がいい、と思ってオーダーいただきました。

ビニールを敷くのは抵抗があったそうですが、実際に敷いたら前より見た目がよくなったという嬉しいご感想をいただきました。

実際の感想のページ

 

 

こちらは、KEYUCAのダイニングテーブルに透明マットをオーダーしたご家庭の写真です。

離乳食の汚れ防止用に透明マットをオーダーされました。

テーブルの採寸を間違えてしまって、オーダーサイズが上手くいかなかったようですが、質感の良いマットと評価をいただきました。

採寸は気を付けて、出来れば2人でと他のお客様向けにアドバイスをいただきました。

実際の感想はこちらのページです。

 

 

ウニコのエレムトのダイニングテーブルに透明マットをオーダーされたご家庭の写真です。

離乳食でテーブルの汚れとシミが気になりテーブルカバーを探されていたようです。

写真にも素敵な色のオシャレなベビー椅子が映っていますね。

自分でビニールをカットされることも検討されたようですが、自分でカットしたときの見栄えや手間ひまを思って当店にオーダーいただきました。

除菌もできて食卓を清潔にできるのが良いと感想をいただきました。

無垢や天然のテーブルにアルコール消毒するのは気が引けると思いますが、透明マットは撥水性の高いビニールなので、遠慮なくアルコール消毒で除菌していただけます。

実際の感想はこちらのページです

 

ウニコのアディダイニングテーブルに透明マットをオーダーしたご家庭の写真です。

離乳食を手づかみしてベトベトになったテーブルを掃除するのが毎食後、大変。

ランチョンマットを敷いていても、はみ出してシミが付くのがストレスだったそうです。

写真のはしに映っているのはご本人でしょうか。元気の良さそうな雰囲気が背中から伝わってきます。

透明マットを敷いて、いくら汚しても後片付けが楽になって「もっと早く買えばよかった」という嬉しいご簡素をいただきました。

実施の感想と写真はこちらページでご覧いただけます。

 

アクタスのダイニングテーブルに透明マットをオーダーしたご家庭の写真

アクタスのウォールナットのダイニングテーブルを使うご家庭です。

離乳食が無垢材に入り込んでしまうため透明マットをオーダーされました。

マットを敷いてテーブル天板の汚れを気にしなくて良くなった。テーブルより少し小さめにマットをオーダーされ、マットの仕上りにも満足いただいたようです。

実際の感想はこちらのページです。

 


通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金ページ

お客様の口コミ写真・レビューペー

孫がテーブルを汚す、傷つける、防止している家庭の写真

かわいいお孫さんが家に遊びに来るのは、嬉しいですね。

美味しい料理を振る舞って、みんなでワイワイと食卓を囲むのが楽しみというご家庭も多いと思います。

 

小さなお孫さんが遊びに来て、ご自宅で食事をするとき、

食べこぼしの汚れやシミが気になったり、

食器でテーブルを叩いて傷が気になる、

ということはありませんか?

 

お孫さんのために、透明のテーブルマットを敷く家庭の写真を紹介します。

こちら上の写真は、20年も大切に使っている大きなダイニングテーブルのご家庭ですが、お孫さんが遊びに来るたびに、傷つけられないかと心配されていたそうです。

そこで当店・透明テーブルマット工房をインターネットで見つけられ、ご注文いただきました。

当店は、厚みのある透明マットをオーダーカットしているお店です。

 

上の写真は、リフォーム店からご注文をいただきました。

リフォームのご依頼をされた家主様のお宅に、お孫さんがよく遊びに来るそうで、それを聞いたリフォーム店から、透明マットを提案されたそうです。

当店は、丸角のカットも無料でしているので、角のサイズに合わせてカットしたのを非常に喜んでいただきました。
丸角のカットについて

 

こちらのダイニングテーブルを使うご家庭も、小さなお孫さんが汚すことをいつも気にされていて、マットをオーダーされました。

子どもは、食べこぼしをするのが当たり前ですからね。

汚れ防止のカバーをして、温かく見守っていただけばと思います。

 

 

こちらのご家庭は座卓にマットを敷いて使っていただいています。

テーブルクロスを掛けていたそうですが、お孫さんが引っ張って危険なため、透明マットに交換されました。

クロスだと木目が隠れてしまいますが、マットは透明なので木目が見えることも良かったようです。

 

こちらは伸び縮みができるエクステンションタイプのダイニングテーブルをお使いのご家庭です。

お孫さんが増えて、テーブルを伸ばして使うことになったそうで、それを機にマットを購入いただきました。

お孫さんを囲んでの食事は楽しいですよね。

マットを敷けば、テーブルの汚れや傷も気にしなくて良いので、おじいちゃん・おばあちゃんも、お孫さんの親である若いご夫婦も、みんな安心です。

 

余計なことを気にせず、ストレスなく食事をしていただければと思います。

離乳食マットとしても好評です。

 

当店、透明テーブルマット工房は、お客様のご希望サイズに合わせて、透明マットをカットしています。

4営業日で出荷しています。


通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金ページ

お客様の口コミ写真・レビューページ

離乳食マットは必要なの?専用マットを使わない8家庭の写真を紹介

「離乳食マットは必要?」

子どもの離乳食が始まる、すでにスタートしている、というご家庭では、

食べこぼし対策として「離乳食マットが必要かな?」と一度は考えたことがあると思います。

ネットでは、クラウド型やかわいいシリコンマットが紹介されているので、ついつい欲しくもなりますよね。

離乳食マットは必要か

シリコンマットは欲しいけど、洗ったり、保管したり、扱いが少し面倒そうだし、
そもそも離乳食マットが本当に必要かどうか、迷っているご家庭もあると思います。

 

そこで、今回は、
離乳食が始まったけど、シリコンなどの専用マットは使っていない
というご家庭を紹介します。

 

マットを使わず、離乳食時の食べこぼしや、テーブル汚れやシミは大丈夫?

と心配に思うかもしれません。

ご紹介するのはシリコンマットなどは使わず、テーブル全体に敷く「透明マット」を使うご家庭です。

当店は、厚みのある透明テーブルマットをオーダー販売しているお店です。

リビング学習用テーブルマット

当店ホームページでは、3000件以上のレビュー写真と感想を掲載していて、その中には、

「子どもの離乳食が始まったので透明マットを敷ました」

「もっと早く買えばよかった」

というお声を多く頂戴しています。

 

なので、
離乳食マットが必要かどうか検討されているご家庭向けに、

シリコンの離乳食マットの代わりに、透明テーブルマットを使う8軒のご家庭の写真と感想を紹介します。

 

ストレスフリー、もっと早く買えば良かった

[お客様の感想]
子どもの離乳食が始まり、汚れをゴシゴシと拭くのでテーブルを痛めそうで気になっていました。
透明マットを検討して、口コミも良かったこちらに決めたのですが、買って正解でした。
汚れが気にならずストレスフリーです。
主人ともっと早く買えば良かったなと言っています。
(テーブル:ウニコ・エレムト)

スタッフ:食べこぼしのストレスは、赤ちゃんのときだけではなく、幼少期や小学生になっても続くので、早く買って長く使っていただければと思います。

 

汚れ防止に

[お客様の感想]
赤ちゃんの離乳食がはじまったので汚れ防止のために透明マットを購入しました。
届いたその日から重宝しています。
(テーブル:ボーコンセプト・ビルン)

当店:円形サイズの透明シートも直径の長さを測って注文するだけで簡単です。

 

テーブル汚れがストレスでしたが、快適に

[お客様の感想]
離乳食を開始した娘がいるので購入しました。
テーブルが汚れやすくストレスがたまっていたのですが、マット購入後は快適に過ごせています。
(テーブル:ジャーナルスタンダード)

当店:食べこぼしは仕方ないと理解していても、ストレスがたまってしまいますよね。大切なダイニングテーブルならなおさらです。

 

汚れもひと拭き、子どもがテーブルを叩いても安心

[お客様の感想]
離乳食がはじまり、思った以上に机が傷つき汚れるようになってきたため、こちらのマットを購入しました。
マットの重さにより、ズレる事もなく、汚れも一拭きで綺麗に落ちます。
子供がおもちゃでテーブルを叩いても安心で、今までのストレスは何?もっと早くオーダーすれば良かったです。

当店:厚みがあるビニールシートなので、けっこう重みもあります。それにしても、食べこぼしなどにストレスを感じている方が多いですね。マットが必要とされて嬉しいです。

 

子どもが大きくなっても使えるマットにしました

[お客様の感想]
子どもと同じテーブルで離乳食を食べるため、マットを注文しました。
子どもが少し大きくなってイタズラしても、テーブルを保護できるように丈夫な物を探していました。
ずれたりもせず使いやすいです。

スタッフ:食事汚れだけではなく、少し大きくなると、おもちゃ遊びをしたり、お絵描き、宿題とダイニングの保護対策はますます必要になりますからね。

 

マットを敷いてテーブル汚れに神経質にならなくなりました

[お客様の感想]
離乳食等の汚れが無垢材に入り込んでしまうため、マットを購入しました。
テーブル天板の汚れに神経質にならなくて良くなり購入して良かったです。
(テーブル:アクタス・FBダイニングテーブル)

スタッフ:天板に凹凸や溝があるような場合は、汚れ対策が必要ですね。無垢材のダイニングテーブルにマットを購入されている方は特に多いです。

 

マットは重みがあって、小さな子どもはめくらない

[お客様の感想]
子供の離乳食が始まり、ダイニングテーブルが汚れて困っていました。
こちらのマットは重たくて小さな子供の力ではめくる事が出来ず助かっています。

スタッフ:きれいな木目のダイニングテーブルです。マットは透明なので天板を保護しながら木材の質感も損なわないのでお奨めです。

 

汚れを気にしなくなった、もっと早く買えば良かった

[お客様の感想]
離乳食が始まり、汚れ防止のビニールマットを探していました。
ネットでこちらのサイトを見つけ、口コミの良さから購入しました。
使ってみて、木の質感を邪魔せず、汚れも気にしなくても良く満足しています。
もっと早く使ってれば良かったと家族と話しています。
(テーブル:ウニコ・エレムト)

スタッフ:本当に「もっと早く買えばよかった」という声を多数頂戴しています。
リアルな感想をご覧ください。
もっと早く買えばよかったの感想と写真集

 

いかがでしたでしょうか、離乳食マットは必要か、という参考になったでしょうか。

透明テーブルマットの良いところは、主に次のようなことがあります。
・テーブル全体の汚れや傷を気にしなくて良い
・食事の度にセッティングしなくていい
・離乳食マットを洗ったり、しまったりしなくて済む
・テーブルの水拭きやアルコール消毒もできる
・離乳食の時期だけでなく、子どもが成長しても役にたつ

離乳食マットが必要か迷っている方は、テーブルマットも合わせてご検討ください。


ページ管理者:透明テーブルマット工房
当店では3000件のレビュー写真を公開しています。

4営業日で出荷・送料無料 ↓↓↓

このページに掲載の写真は、全てお客様が撮影された写真です。
ご感想はお客様個人の感想でマットの機能や効果を保証するものではありません。
感想は一部抜粋・省略などの編集を加えています。感想全文はレビューページに掲載しています。

ウニコのエレムトを使う家庭12軒、口コミよりリアル写真が参考に

ウニコのELEMT(エレムト)をお使いのご家庭の写真をご紹介します。

エレムトといえば、ウニコでも人気にダイニングテーブルシリーズですね。

オーク材の無垢材を使用して、さらにオイル仕上げなので、木のぬくもりを感じられるテーブルです。

エレムトのテーブルは、デザインもシンプルで、木のナチュラル感を楽しめ、「The 家具」というゴテゴテさがないので、どんなお部屋にも自然にマッチします。

エレムトシリーズは、椅子とベンチのラインナップもあって、家族構成や、ダイニングルームのレイアウトに合わせて、選んで揃えられるのも嬉しいところです。


そんなオシャレで人気のエレムトのダイニングテーブルですが、

実際に自分の家に配置したらどんな感じか?

ウニコのダイニングテーブルには、アディシリーズもあるし迷うな。

という方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、ネットで口コミを探すという人もいるかと思います。

口コミも良いですが、実際の家庭で使っている人の写真を見ることができたら、自分の家に置いたときの雰囲気もよりリアルに想像できて、とても良いですよね。

 

ということで、口コミよりリアルな写真をご紹介します。

こちらで紹介する写真は、全てエレムトをお使いのご家庭で、そのご家庭の方が自ら撮影したテーブル写真です。

写真のご家庭は、当店・透明テーブルマット工房のマットのモニターにご協力していただいた方々です。

なので、全てのテーブルの上には透明マットを敷いています。マットは透明でサイズに合わせてカットしているので、マットを敷いていないように見える写真もあるかもしれませんが、全てマットが載っています。

よろしければマットのご購入も検討いただければ嬉しいです。

マットの感想も少しご紹介しています。そちらも参考にしてください。

 

では、ウニコのエレムトをお使いのご家庭の写真です。


サイズ1600×800
無垢材の保護をしたくてマットを購入していただきました。

 


サイズ1400×800
お子さんが小さい内は汚れ防止にとマットを購入されました。

 


サイズ1400×800
幼いお子さんが2人いるので、食べこぼし対策にマットを購入されました。

 


サイズ1400×800
小さいお子さんがいるので食べこぼし、傷防止にマットを購入されました。

 


サイズ1400×800
マットのおかげで子どもが飲み物をこぼしても気になりません。

 

差サイズ1400×800
お気に入りのテーブルで子どもと楽しく食事ができています。

 


サイズ1400×800
子どもが牛乳をこぼしてしまって、染み対策にマットを購入

 


サイズ1400×800
子どもの離乳食がはじまったので、離乳食の汚れ防止用にマットを買いました。

 


サイズ1400×800
子どもが小さくて傷や汚れが心配でマットを購入、透明なので木の良さが損なわれず良かった。

 


サイズ1600×800
子どもが小さいので食事の汚れ対策にシートを購入、厚みがあってずれない。


サイズ1600×805(マットサイズ)
小さい子供がいて食べ物をこぼすのが気になってマットを購入しました。

 


サイズ1400×800
子どもがリビングで勉強できるようにエレムトのテーブルを購入、マットがあるので気兼ねなく使用できています。


以上、ウニコのエレムトを使うご家庭の写真でした。

マットの感想なので、お子さんがいる家庭で汚れや傷を心配されているコメントが多いです。

無垢材テーブルは、汚れや傷が付くのも、その机のデザインとなり、使えば使うほど味が出てくるということもあると思います。

なので、マットが必須ということではありません。

ただ、感想にもあるようにお子さんが小さくて、傷や汚れが付きやすい環境の場合はマットもご検討いただければと思います。

「マットをもっと早く買えば良かった」という感想と写真を集めました

 

エレムト写真、いかがでしょうか。口コミだけではわからない、リアルな写真で、ウニコのショップのディスプレイでもなく、実際に家に配置したときの感じが参考になれば嬉しいです。

ご紹介した写真の感想全文はこちらでご覧いただけます。

エレムトにマットを敷く家庭の写真&感想集

もし、アディのテーブルと迷うという方は、こちらもご覧ください。

アディのテーブルにマットを敷く家庭の写真&感想集


ページ管理者:透明テーブルマット工房
すべてのレビューは、当店でオーダーされたお客様の個人の感想です。
写真は、お客様が自ら撮影されたものです。

4営業日で出荷、送料無料

離乳食マット、シリコンじゃなくてビニールマットを使う家庭

離乳食のテーブル汚れ対策

子どもが離乳食の月齢になると、ミルクを飲む「かわいらしさ」も良かったですが、ごはんを食べることに子どもの成長を感じて嬉しくもなりますね。

ただ、嬉しいことばかりじゃなくて、離乳食は準備をするのも大変ですし、いざ食べるとなっても遊んでしまってなかなか食べてくれなかったり、食べこぼしやテーブルの汚れ対策など、苦労も多いですね。

今回は、離乳食のテーブルの汚れ対策についてです。

テーブルの汚れ対策に、離乳食用のシリコンマットを使う家庭も多いようですが、今回お奨めするのは、テーブルにそのまま敷いておけるビニールマットです。

上の写真は、テーブルの汚れ対策に厚みのある透明ビニールマットを敷いているご家庭です。

 

こちらのご家庭も、写真では敷いているかどうか わかりにくいですが、テーブルの上に厚みのあるビニールマットを敷いています。

テーブルサイズに合わせてカットし、透明なので、ダイニングテーブルの見た目を損ないません。

シリコンマットと比較して、ビニールマットのメリット

離乳食用のシリコンマットは、デザインも色々あって かわいいのですが、大変なのは取扱いです。

食事の度にシリコンマットを食卓にセッティングして、食事が終わると片づけて、食べこぼしの汚れが付いたマットを洗う作業が発生します。

ちょっとしたことですが、食事の度に、この作業をしないといけないシリコンマットの扱いはちょっとした苦労があります。

それから、洗って乾かしておく場所のスペース、使っていないときにマットをしまって置くスペースが必要で、何かと、手間やスペースをとられてしまいます。

シリコンマットと比較して、ビニールマットは、

いつでも敷いておくだけです。

いつも敷いているので、離乳食だからといって、取り出す手間がありません。

また、片づける手間もいりません。

それで、離乳食の食べこぼし汚れからテーブルを保護してくれます。

↑上の写真も、↓下の写真も透明マットを敷いています。

汚れたビニールマットは、

離乳食の食べこぼしなどで汚れたマットは、水拭きで拭き取るだけです。

ビニールなので、水はもちろん、仮に油汚れであっても拭き取るだけです。

基本的に水拭きだけで汚れが落ちますが、気になるようでしたら中性洗剤やアルコールで拭き取ってもOKです。

シリコンマットのように洗剤で洗ったり、乾かしたりする必要はありません。

シリコンマットと比較して、デメリット

シリコンマットと比較して、ビニールマットのデメリットは、価格です。

離乳食用のシリコンマットが2000円前後から3000円であるのに対し、ビニールマットはテーブルサイズに合わせたオーダーカットなので、7000円ぐらいからテーブルサイズによっては10000円以上します。

この値段の部分がデメリットです。

しかし、シリコンマットを使っていても、シリコンマットがテーブルの全てを保護してくれるわけではありません。

ビニールマットは、テーブルの全面を保護してくれます。

さらに、離乳食のときだけではなく、普段のテーブルの傷や汚れから保護してくれます。

離乳食期が終わって、子どもが毎日テーブルでごはんを食べるようになると、スプーンやフォークでテーブルをガンガンと叩いたり、

テーブルの上でお絵描きや、おもちゃ遊びなど、傷や汚れが付きものです。

テーブルの全面、そして、いつでも保護しれくれる

シリコンマットは、離乳食を食べているときだけに使うものですが、テーブルマットは、一日中、そして、離乳食期が終わってもいつまでもテーブルを保護してくれます。

そう考えると、シリコンマットの価格と、ビニールマットの価格を比較しても、決して高くはないと思います。

子どもがいる家庭で大活躍するマット

ビニールマットを利用している家庭の多くの理由が、子どもがテーブルを汚すから、傷つけるから、という理由です。

こちらでビニールマットを使う理由と利用写真をご覧いただけます。

ビニールマットを使う家庭のリアル写真

 


通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金ページ

お客様の口コミ写真・レビューページ