75×75cm(750×750mm)透明テーブルマットのオーダー例、写真と感想。

75×75cmの正方形のテーブルマットをオーダーした事例、写真をご紹介します。
紹介する写真は、当店「透明テーブルマット工房」でマットをオーダーしたお客様が自ら撮影した写真です。


(通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。)

75×75cm
テーブルサイズ:75×75cm(750×750mm)、丸角R30mm

[お客様の感想]
新品の白さを長く維持できそうです。
オーダー前は「両面テープのようなもので多少は固定しないとズレてしまうのかな」と想像していたのですが、厚みのあるマットはそれだけで安定感がありテーブルにしっかり馴染んでなかなかズレません。
オーダーして本当に良かったです、

スタッフより:
ニトリの75×75cmの正方形、丸角のテーブルに透明マットをオーダーいただきました。
ご感想にもあるように、当店のマットは厚手のマットなので重みがあり、密着性も良いので、多くのお客様からずれにくいとご感想をいただいています。
丸角のカット、サイズ指定も無料です。



テーブルサイズ:75×75cm(750×750mm)

[お客様の感想]
購入した方々のレビューを参考に購入を決めました。
透明で厚みがありしっかりしており思っていた通りの商品です。
ビニールのにおいなどはほとんど無く気になりませんでした。
ありがとうございました。

スタッフより:
樺桜75cmの正方形のテーブルに透明マットをオーダーいただきました。
水滴汚れが気になったことが購入を考えたきっかけだったそうです。
無垢のテーブルなど、テーブルによっては水拭きが不向きなテーブルも多くあり、そんなご家庭から、透明マットを多くオーダーいただいています。
テーブルマットを敷けば水汚れも油汚れも、手間なく水拭きができ、テーブルのお手入れが簡単です。



テーブルサイズ:75×75cm(750×750mm)

[お客様の感想]
商品の実物を見れず当初は不安でしたが
品質、サイズ感とも期待通りでしたので大変満足してます。
ありがとうございました。

スタッフより:
天然の木目がきれいな75×75cmの正方形のテーブルをお使いのご家庭から、テーブルマットをオーダーいただきました。
テーブルマットは無色透明、クリアなので木目やデザインを損なうことなく、テーブルを保護できます。
ご感想にあるように、当店は通販のオーダー店なので、ご心配される方も多くいらっしゃると思います。
2000人以上の写真と感想を掲載しているので、オーダーをご検討されている方は、お客様の口コミ感想をぜひ参考にしてください。


今回は、75×75cmのテーブルマットのオーダー例をご紹介しました。

当店は、1mm単位でのご注文を承っておりますので、ご注文される際の単位はミリ(mm)でご注文ください。

75cmの場合は、750mmとなります。

マットはご注文より4営業日で出荷しています。


通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金ページ

お客様の口コミ写真・レビューページ

丸角の測定(R定規)ページ

Rの自動計算フォーム、テーブルの辺の曲線Rを求める

 

透明テーブルマット工房です。

曲線のRを自動計算できるフォームをご用意しました。

 

テーブルの辺がカーブしている場合でも、曲線のRサイズがわかれば透明マットのオーダーを承ります。

辺が曲線のマットをオーダーされた写真集

 

曲線のRサイズは、
弧の「幅W」と「高さh」を測定して、
計算式にあてはめることで
R値を求めることができます。

Rの求め方イメージ画像

Rの自動計算

 

[Rの自動計算フォーム]
Rの計算は公式にあてはめていただければ、どなたでもR値を求めることができます。

計算が少し難しいと感じる方、

曲線のRサイズを自動計算するフォームをご利用ください。


透明テーブルマット工房は、
4営業日で出荷、送料無料


通販サイトでは約3000人の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金ページ

お客様の口コミ写真・レビューページ

丸角の測定(R定規)ページ

弧の曲線のR測定ページ

L字カウンター、L字型デスク用のテーブルマット、オーダー例6件

L字カウンター・L字テーブル用に透明マットをオーダーした写真をご紹介します。

 

当店は透明テーブルマットをオーダーカットしているお店です。
紹介するのは当店の透明マットを使ってご感想を寄せていただいたお客様の事例です。


(通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。)

 

 


マットサイズ:2215×1080mm 丸角R150mm 特別加工・図面指定
[お客様の感想]
カウンターがカーブしており、かつ柱もあるため、オーダーメイドの必要がありました。
オーダーメイドは高いものが多かったのですが、御社ものはリーズナブルだったため、御社に依頼することにしました。
事前にサイズの記載方法をメールで確認しましたが、迅速に、かつ丁寧に教えていただきました。
サイズもぴったりで、非常に満足です。ありがとうございます。

スタッフより:
対面式のキッチンカウンターのマットをオーダーいただきました。
L字型のカウンター(写真手前部分)で、反対側(写真奥)には壁があり、マットの一部を壁に合わせてもカットしました。
手書きの図面にサイズを記入いただけばカット可能です。4営業日で出荷します。
手で書いた図面はスマホで写真を撮ってメール送信してください。

 

 


[お客様の感想]
カウンターの形、そのままにオーダーしました。角の丸い部分もちょうどで満足しています。すべりおちることもなくしっかりとカバーしてくれます。

スタッフより:
こちらも対面式のキッチンカウンター用にマットをオーダーいただきました。
L字型のカウンターで、コーナー部分が丸くなっています。
こちらも手書きの図面で形状とサイズを教えていただければカットします。4営業日で出荷します。
角の丸みはRサイズをご指定ください。
Rサイズは、当店よりご提供しているR測定定規で測定いただけます。
R測定定規・丸角について
丸角R測定イメージ
(R測定のイメージ)

 

 


マットサイズ:2950×1070mm 図面指定
[お客様の感想]
前回テーブルマットの仕上がりに大満足だったので、今回のカウンターマットもお願い致しました。
L字変形のカウンターにぴったりフィットして程好い厚みが安定感があり、今回も大満足です。

スタッフより:
当店でテーブル用のマットをオーダーしてご利用されているお客様より、L字型のキッチンカウンター用のマットのオーダーをいただきました。
対面式の大きなキッチンカウンターです。
当店でL字にカットできる最大サイズは、縦横3150×1550mm(315×155cm)です。
手書き図面を写真に撮って送ってください。

 

 


マットサイズ:2450×600mm 1850×600mm
[お客様の感想]
(希望のサイズの)L字は不可という回答をいただいたのですが、切り離れていれば可能との回答でした。
カウンター作成時のサイズをそのままお伝えして依頼しました。
L字だったため、仕上がりが不安だったのですが、ぴったりおさまるサイズで満足しております。
L字カウンターの一方が石造りの壁に不定形に、壁に埋まっているので、はみ出た部分は自分でカッターでカットしました。また、作成する際は、こちらにお願いしたいです。

スタッフより:
当店のマットは機械でカットしているため、機械でカットできるサイズが縦横3150×1550mm(315×155cm)です。
こちらのお客様のご希望サイズはカットできるサイズを超えていたので、2分割にしてマットをオーダーいただきました。
分割する位置によって2枚のマットの寸法が変わります。
マット料金は大きさによって変動するので、2分割の位置のご希望がない場合は、マットの価格表を参照しながら決めてください。

 


マットサイズ:1950×720mm・965×505mm 全て丸角R3mm
[お客様の感想]
リビングの造り付けL字型勉強机に2枚をくっつけて使用しています。光沢がある綺麗な仕上がりでずれることもなく、適度な軟らかさがあり、子どもがプリント類に字を書きやすいようです。

スタッフより:
L字の勉強机のデスクマットとしてオーダーいただきました。
2枚をくっつけてL字になるようにご注文いただきました。
ご感想にもあるように、マットは厚みがありソフトなので、書き心地がよく、デスクマットにおすすめです。

 

 


マットサイズ:2255×850mm 図面指定
[お客様の感想]
サイズが変形だったので、問い合わせたところ、とても親切に対応していただきました。

スタッフより:
こちらのご家庭は、対面式のキッチンカウンターとダイニングテーブルが合わさってできた特注のテーブルです。
このテーブル用にマットを製作するには、キッチンカウンターにかかっている部分をカット、加えて、手前2つの角は丸角にします。

お客様に簡単に図面を書いていただき、R測定定規で測定した丸みのRサイズを教えていただき、マットを製作しました。

下の写真が、お客様に書いていただいた図面です。
図面でマットをオーダー
図面だけでは、製作が難しいかと感じましたが、テーブルの写真も送っていただき、加えて、丸角サイズを測定していただくことでマットをカットすることができました。

当店では、マットを自動機械でカットしているので、曲線や丸みを含め全てのサイズが必要です。
サイズや形状を数値化できない形はカットができません。

 

今回は、L字のカウンターやL字デスク用の透明マットをオーダーいただいた事例をご紹介しました。

L字や穴あけは特別カットとして追加料金をいただいています。

縦横のマットサイズの料金に、特別加工費がかかります。

特別カットの料金はこちらをご覧ください。

 

 

当店では約3000件のお客様写真をレビューサイトでご紹介しています。
テーブルマットをオーダーした感想と合わせてご覧いただけます。
約3000件のレビューサイト

 


通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金ページ

お客様の口コミ写真・レビューページ

丸角の測定(R定規)ページ

カリモク60のダイニングテーブルの丸角Rサイズの測定方法のご案内

カリモク60のダイニングテーブルの丸角を「今すぐ」測定したい方へ

※カリモク60のダイニングテーブルの種類について、こちらで案内しているダイニングテーブルは4本脚の「ダイニングテーブル」が対象で、2本脚の「ダイニングテーブルT」のことではありませんのでご注意ください。

 

当店・透明テーブルマット工房では、丸角のRサイズを測定する「R測定定規」を提供しています。

丸角のカット料金も、R測定定規も無料です。
丸角R測定イメージ
(R測定定規の利用イメージ。テーブルはカリモク60ではありません)

 

R測定定規は、お手元でA4用紙にプリントアウトしていただくこともできます。

また、上の写真の透明の定規は郵送でお送りしています。(R測定定規を請求する

 

透明のR定規で、今すぐ丸角サイズを測定したいと思われても、郵送でお送りするので、到着まで数日お待ちいただく必要があります。

当店はオーダーマットの納期はどこよりも早いと自負していますが、R定規が郵送で届くのは時間がかかって、待つ時間がもったいないですね。

(急いでいない方、ご自身でしっかり測定したい方は、R測定定規をご請求ください。)

 

すぐにRサイズを測定して注文したいという方へ

これまで、当店にてカリモク60のダイニングテーブル用に透明マットをオーダーされた方が多くいらっしゃるので、その方々の注文サイズを参考にしてください。

 

過去のご注文を参考にするにあたってご注意があります!

カリモク60のダイニングテーブル用に注文した方の写真やサイズを見ることができますが、

次の<ご注意1と2>を確認した上でご覧ください。その下にご覧いただけるリンクがあります。

 

<ご注意1>
カリモク60のダイニングテーブルは、「ダイニングテーブル(4本脚)」と「ダイニングテーブル(2本脚)」があります。

ご自宅のカリモク60のテーブルと、参考にされる写真のテーブルの種類が同じであるかご注意ください。

写真はカリモク60のテーブルの写真ですが、テーブル種類は混在しています。

テーブルの種類は掲載写真を見て、ご自身でご判断ください。

 

<ご注意2>
カリモク60のダイニングテーブル用に透明マットをご注文された方々の丸角サイズをみると、「R15mm」で注文されている方が多いのですが、中には「R10mm」で注文されている方もいます。

なので、R15mmか、R10mmで迷ってしまうこともあると思います。
(マットの丸角カットは5mm単位で承っています)

R10mmかどうか、確認する方法
ご自宅にあるカリモク60のダイニングテーブルの丸角がR10mmであるかどうか、すぐに確認する方法をご案内します。

それは、1円玉を使う方法です。

1円玉の丸みは、R10mmなので、ダイニングテーブルの角に1円玉を置いてみてください。

1円玉のR

テーブルの角に1円玉を置いて、もし、丸みがぴったりであれば、R10mmでマットをオーダーしてください。

しかし、テーブルの角の丸みが1円玉より大きく緩いカーブであれば、R15mmでオーダーすることをおすすめします。

 

仮に、「テーブルの丸角がR15mm」で、そこに「R10mmのマット」を敷くと、マットの角がはみ出てしまいます。

R15mmか、R10mmで迷われた場合は、当店としてはR15mmを推奨いたします。(お客様のお好みがあれば、R10mmでも結構かと思います)

 

以上の<ご注意1と2>をご承知のうえ、過去にご注文された方々のオーダーサイズや写真をご覧ください。

カリモク60のダイニングテーブルをオーダーされた方々の写真


通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金ページ

お客様の口コミ写真・レビューページ

丸角の測定(R定規)ページ

[商品ご注文に当たってのお断り]
テーブルマットはビニール製で、ビニールには伸縮する特性があります。伸縮の程度は、マット1枚1枚の個体差や、ご利用される温度などの環境によって異なります。

マットのオーダーサイズは1mm単位、丸角のRサイズは5mm単位で承っていますが、ビニールの性質により多少の誤差が生じる場合があります。

透明マットは受注生産につき、マットの性質によって生じるサイズ誤差に関する返品・交換はできません。

 

丸角R3mmの目安、測り方。クレジットカード、免許証を使う方法

 

透明マットの角に少しだけ丸みを付けたいという方へ

透明テーブルマット工房では、マットの四隅の丸角カットを無料で承っています。

丸角の丸みの大きさもオーダーいただけます。

丸角R測定イメージ
[写真:丸角の測定イメージ]

 

テーブルマットの四隅に少しだけ丸みを付けたいと思う方は、R3mmをご指定ください。

当店でカットできる1番小さい丸角のサイズは、「R3mm」です。

 

でも、R3mmとは、どんな大きさ?
丸みの大きさを写真付きでご紹介

Rサイズとは、丸みの大きさを表すサイズで、円の半径のことです。

「Rサイズ」=「円の半径」

なので、R3mmは、半径3mmの円の丸みです。(直径にすると6mmの円)

 

[R3mmの目安、R3mmの測定方法]

ご自宅やお手元にあるもので、角がR3mmのものは「クレジットカード」の角の丸みです。


クレジットカードは、カードサイズを国際標準規格(ISO)にて定められています。

カードの縦横の長さ、角の丸みの大きさ、カードの厚み、いずれのクレジットカードも同じ寸法です。


 

クレジットカードの丸みの大きさは、R3mm(※)とISOに規定されています。

※正確にはR3.18mmがISO規格で規定されたサイズですが、ほぼ等しい僅かな差なので、クレジットカードの角はR3mmと思っていただいて良いかと思います。

 

マットをオーダーするにあたって、

マットの角を直角にするか、丸角R3mmにするか、迷っている方は、テーブルの角にクレジットカードを置いてみてください。

マットの四隅をR3mmにしたときの雰囲気がわかるはずです。

クレジットカードの丸角サイズ(ISO)R3mm

上の写真は、ほぼ直角のテーブルの角にクレジットカードを置いています。

角が直角のテーブルで、少し丸角をつけたい場合はR3mmで不自然ではないと思います。(※感覚には個人差があります)

 

もし、クレジットカードが手元にないという方、自動車の運転免許証も同じサイズです。

運転免許証の角もR3mmなので、テーブルの角に免許証を置いていただくと、丸角R3mmの雰囲気がわかります。

免許証の丸角サイズR3mm

上下いずれの写真も、角が直角のテーブルに運転免許証を置いています。

直角の角に運転免許証を置く

 

それでも直角か、丸角にするか、迷うという方

テーブルの角は直角だけど、マットの角は少し丸くした方がいいかなと思われて、こちらのページをご覧になられている方へ。

ご自身の直感を信じて丸角にされると良いと思います。

直角の角にR3mmのマットを敷いても、違和感はないと思います。

ご注文ページ

 

当店・透明テーブルマット工房がカットできるR3mmの次に大きいRサイズはR5mmです。

それ以上は5mm単位で丸角のカットを承っています。

R5mm、R10mm、R15mm、R20mm・・・

R10mmは1円玉と同じサイズなので、1円硬貨を角に置いていただくと良いと思います。

1円玉のR

 

ご自身で丸角のRを測定されたい方は、簡単に測定できる透明のR測定定規をご提供しています(マット購入者限定)。

丸角R測定イメージ

R定規について

 

今回は、クレジットカード、運転免許証を使ったR3mmの目安、測定方法をご紹介しました。


通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金ページ

お客様の口コミ写真・レビューページ

丸角の測定(R定規)ページ

無印リビングでもダイニングでもつかえるテーブルの丸角測定方法

こちらのページでは、テーブルの角を今すぐに測定できる方法をご案内しています。

無印良品の「リビングでもダイニングでもつかえるテーブル」用の透明マットとしてオーダーを多く頂戴しています。

当店の透明テーブルマットはサイズオーダーですので、お客様がサイズをご指定いただく必要があります。

無印良品の「リビングでもダイニングでもつかえるテーブル」用にマットをオーダーされる際は、次のサイズを測定してオーダーください。

[測定する箇所・サイズ]
(1)テーブルの縦横の長さ・サイズ(単位はmmでオーダーください)
(2)テーブルの四隅の丸角のRサイズ(※)

 

※丸角のRサイズについて
リビングでもダイニングでもつかえるテーブルの天板の角は、直角ではなく、丸角になっています。
当店は、丸角のカットも無料で承っています。
ただし、丸角の丸みのサイズ(Rサイズ)をご指定いただく必要があります。


【丸角のRサイズを知るための3つの方法】
(リビングでもダイニングでもつかえるテーブル向け)

1.丸角のR測定定規を利用

2.過去の注文情報を参考にする(今すぐサイズを知る方法)

3.1円玉で測定する(今すぐ測定する方法)

※このページの最後のご注意事項を必ずご確認ください


丸角のR測定定規を利用

当店ではオーダーされる方に丸角を測定する「R測定定規」をご提供しています。
丸角R測定定規
(↑丸角R測定定規)

定規は透明なので、テーブルの角に当てるだけで簡単に丸角のRサイズを測定できます。
丸角R測定イメージ
(↑R定規の利用イメージ、写真は無印良品のものではありません)

必要な方はこちらからR測定定規をご請求ください。こちら
定規は郵送にて送付いたしますのでお届けまでしばらくお待ちください。

過去の注文情報を参考にする(今すぐ知る)

R定規が届くのを待ってられないという方は、これまでリビングでもダイニングでもつかえるテーブルをご注文された方が多くいらっしゃいます。感想を寄せていただいた方の写真とサイズをご覧いただけますので、過去のサイズをご参考にしてください。

これまでリビングでもダイニングでもつかえるテーブルをオーターいただいた方の感想、写真、丸角を含むオーダーサイズ

 

1円玉を使って測定する(今すぐ測定する)

過去にオーダーされたお客様のオーダーサイズをご覧いただいた通り、

これまで、無印良品のリビングでもダイニングでもつかえるテーブル用にマットをオーダーした方の丸角サイズは、R10mmです。

Rサイズとはカーブを半径で表現したものなので、R10mmとは、半径10mm(直径20mm)の円の丸みの大きさです。

R10mmは、皆様お持ちの1円硬貨と同じサイズです。

既にリビングでもダイニングでもつかえるテーブルがご自宅にある場合は、テーブルの角に1円硬貨を置いていただくと、R10mmであるかどうか、測定いただけます。

(写真↓:1円玉をR測定定規に合わせるとR10mmのカーブに合致します。)1円玉のR

以上、1円玉を使って丸角を測定する方法をご案内しました。

 

ご注意事項(必ずお読みください):
リビングでもダイニングでもつかえるテーブル等の家具は、メーカー(無印良品)によって仕様変更(サイズ変更)が発生する可能性もあるので、お客様の責任のもとで丸角サイズを確認・測定して、マットをオーダーしてください。
透明テーブルマットは受注生産につき、サイズ変更や返品・交換はできません。


通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金ページ

お客様の口コミ写真・レビューページ

丸角の測定(R定規)ページ

無印良品の学習机用デスクマット110×55cmを注文した6軒の写真

無印良品の学習机用にデスクマットを多く注文いただいています。
当店は透明マットのオーダーメイド店です。


(透明テーブルマット工房のページは上のボタンをクリックしてください)

無印良品の学習机「110×55cm」用にマットをオーダーされた写真を紹介します。


【紹介する学習机】
無印良品のデスク
[商品名]
無垢材デスク(引出付)・オーク材
幅110×奥行55×高さ70cm

(商品番号:82207026←無印良品の番号)


紹介するのは、当店の透明マットをオーダーされ、写真とご感想を提供いただいたお客様です。

6軒のご家庭のデスクマット使用例です。

【使用例1】
マットのオーダーサイズ:
110×55cm(※丸角R3mm)
無印の110×55cmの学習机にデスクマット
小学生のお子さんのために無印の学習机を購入され、当店のデスクマットをオーダーいただきました。透明のシンプルなマットを気に入っていただけました。

※デスクマットの角に丸みを付けられています。当店では無料で丸角カットを承っています。R3mmは半径3mmの丸みで当店でカットできる一番小さい丸みです。

 

【使用例2(写真3枚)】
マットのオーダーサイズ:
110×55cm(※丸角R3mm)
110×55cmのデスクマット
角

お子さんの筆圧が濃く、机が汚れるので汚れ防止のためにデスクマットをオーダーされました。
マットはしっかりとした厚みがありソフトなタイプなので、書き心地も多くのお客様からご好評いただいています。

※こちらのお客様もマットの丸角をR3mmでオーダーされました。R3mmは一番小さい丸みです。

 

【使用例3】
マットのオーダーサイズ:
110×55cm(※角は直角)
無印良品の学習机に110×55cmのデスクマット
こちらは小学生のお子さんの入学に合わせて無印良品の学習机を購入されたご家庭です。兄弟がいるので2枚オーダーいただきました。
厚みがあり安定感があるとの評価をいただきました。

※マットの角は直角にされました。机の角が直角でしたら、マットの角も直角で結構かと思いますが、オーダーされる方のお好みで丸みを付けられるお客様もいらっしゃいます。

 

【使用例4(写真2枚)】
マットのオーダーサイズ:
110×55cm(※角は直角)

小学1年生のお子さん用の学習机にデスクマットをオーダーいただきました。机の鉛筆汚れが気になり汚れ防止としてデスクマットをオーダーされました。

※角を直角にするか、丸みを付けるか悩まれたそうですが、直角仕上げを選ばれました。直角のままで大丈夫とご感想をいただきました。

 

【使用例5(写真2枚)】
マットのオーダーサイズ:
110×55cm(※丸角R3mm)


無印良品の学習机を購入され、無垢材の机なので机の保護にデスクマットをオーダーされました。
他の通販ショップとも比較されたそうですが、当店のマット料金が安かったようで選んでいただきました。

※マットの角は、当店で同じ無印の学習机をオーダーした方のレビューを参考に、丸角R3mmにされました。

 

【使用例6】
マットのオーダーサイズ:
110×55cm(※丸角R3mm)
無印の無垢の学習机の口コミ
お子さんの勉強机に無印のデスクを購入されたお客様です。
厚みがほどよく、高級感があり、既製品のデスクマットではなくオーダーして良かったとご感想をいただきました。

※マットの角は一番小さい丸みのR3mmにされました。

マットの角を直角にするか、丸み(R)を付けるか迷う方は、ご家庭でR3mmの角を確認する方法があるので、こちらのページを参考にしてください。
R3mmの目安、ご家庭での測り方

 

以上、無印良品の学習机110×55cm用にデスクマットをオーダーした写真でした。

デスクマットのオーダーをご検討されている方は、ご参考にしてください。

【注意してください!】
このページではサイズ表記をcm(センチ)で表示していますが、当店はmm(ミリ)サイズでオーダーを承っています。

つきまして、こちらでご案内している無印の学習机用にデスクマットをオーダーいただく際は、ミリ単位の1100×550mmでご注文ください。

1100×550mmのデスクマットをオーダーする場合、
当店のオーダーマット価格表の「700mm×1200mm以内」の商品が該当します。

 

[ご注意]
学習机のメーカーである無印良品にて机の仕様(サイズ等)を変更する場合がありますので、マットをご注文の際は机のサイズなどをお間違いないようにしてください。

 

当店では2000人以上のお客様のご利用写真とご感想を紹介しています。

商品レビューページを見る

無印良品の学習机の感想をだけを見る

 


(透明テーブルマット工房の注文ページは上のボタンをクリックしてください)

テーブルマットの耐熱について、オーダーを検討されているお客様へ

テーブルマットの耐熱について説明いたします。

テーブルマットの耐熱
(透明テーブルマット工房はオーダーした2000人のレビュー写真あり)

 

国内で販売されている透明のテーブルマットのほとんどがビニール製です。

当店・透明テーブルマット工房で取り扱っているオーダーマットの材質も同じくビニールです。

これら、ビニール製のテーブルマットの耐熱温度は50度から60度が一般的で、当店のマットの耐熱温度も同様に60度です。

 

50~60度の耐熱性とは
50度から60度の耐熱性がどれくらいかというと、家庭ではお風呂(湯舟)のお湯の温度が40度から42度くらいかと思います。50度以上ともなると人が素手で長く触っていられないくらいの高温です。

目安として、テーブルマットの耐熱温度は、人が素手で触っていられないくらいの温度と例えることができます。

家庭でのマットの耐熱に関する注意
テーブルマットに高熱のものを触れるとマットに変形や変色が発生します。
マットは耐熱性を考慮してご利用ください。

鍋・ヤカン
テーブルマットには、やけどをするような熱い鍋やヤカンは直接触れさせないで、必ず断熱ができる鍋敷きなどを敷くようにしてください。

 

熱い飲み物
カップの材質や形状により底部の温度が異なるかと思いますが、底の設置面に熱が伝わりやすいカップをご利用するときは、ソーサーやコースターのご利用を検討ください。

例えば、マグカップなどで底面の面が直接マットに触れる場合は、コースターが必要です。
お茶碗の底部のように高台(こうだい)があり、熱が伝わらない形状の湯呑みやカップはそのままでもご利用可能です。(高台が低く熱が伝わりやすい場合はご注意ください)

カリモク60のテーブルに透明マット

熱い食事(スープ類など)
食器は接地面に熱が伝わらない形状のものが多いので、ほとんどのご家庭ではテーブルマットの耐熱を気にしていただく必要がないかと思います。ただし、食器もいろいろな形状や使い方がありますので、接地面が高温になる場合はご注意ください。

 

ホットプレートやコンロなどの調理家電
一部の製品だけですが、テーブルマットを敷いた上でホットプレートやタコ焼き器、カセットコンロを使ってもマットに変形や変色が発生していないことを確認しています。
しかし、調理家電にもいろいろなメーカーや製品がありますので、テーブルマットの上でこれらを使用するときは、底部が高熱となりマット表面に熱が伝わる製品かどうかを確認のうえ、ご注意してご利用ください。

 

耐熱温度にご注意しながらご利用ください
テーブルマットはビニールですので、火気や高熱には注意が必要な製品です。
耐熱性が高いものではありませんので、人が素手で長く触れないくらいの温度のものは、テーブルマットにも触れさせないでください。

 

余談ですが...
我が家ではマグカップをよく利用するので、熱い飲み物を飲むときはコースターを使っています。
手の届くところにニトリのコースターを用意しているので、手間もなくコースターを使うのが習慣になっています。

耐熱用に使っているニトリのコースターですが、珪藻土で出来ているので、冷たい飲み物にも活躍しています。

テーブルマットはビニールなので水滴で濡れてもすぐに拭けるのですが、ニトリのこのコースターは珪藻土なので水の吸収がよく、拭く手間が省けます。

お近くのニトリで200円ぐらいで売っていると思います。おすすめです。


当店では、オーダーされた2000人以上のご利用写真と感想を掲載しているので、是非、参考にしてください。
テーブルマットのユーザーレビュー集

通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金  お客様の口コミ写真

カプセル型・小判型(楕円)テーブル、透明マットのオーダー測定方法

透明のビニールマットをオーダーカット販売している「透明テーブルマット工房です」

 

お客様より、丸型の伸長式テーブルに関するご質問をいただきました。

ご質問:「直径130cmの伸長式の丸テーブルの、伸ばしたサイズの透明マットを希望しています。カット可能ですか。」

お客様のテーブルは、次のような形状のテーブルです。

 

円形テーブルとしても、伸ばして小判型テーブルにもなるテーブルです(下の写真は円形時)。
丸型の伸長式テーブル(イメージ)

掲載している全ての写真は、当店でオーダーされたお客様の写真で、マットを敷いています。

当店では、伸長式の丸型テーブルを伸ばした形状のマットも製作可能です。

カプセル型のマットの写真集

当店では、カプセル型や小判型と呼んでいる形状です。
次の測定方法に該当する場合、追加料金なしでカット可能です。


[カプセル型の測定方法について]

カプセル型(小判型)のサイズ測定方法をご説明いたします。

必要なサイズは3つです。

・短辺のサイズ
・長辺のサイズ
・Rサイズ(曲線Rサイズ)

測定方法は、
まずテーブルの「短辺と長辺」のサイズを測定してください。
マットのオーダーは、ミリ(mm)単位で受付けているので、ミリの長さを出してください。
カプセル型の測定方法

次に曲線のRのサイズを測定してください。
Rは短辺の半分のサイズになるはずです。

伸長式テーブルの場合、Rサイズは丸型のときの半径です。
Rサイズ=半径=短辺の半分

以上で測定終了です。
オーダーする際は、短辺、長辺、Rサイズをそれぞれミリで入力ください。


ご質問いただいた直径130cm(1300mm)の円形の伸長式のテーブルの場合のオーダーサイズは、次のようになります。

短辺:1300mm
長辺:〇〇mm(実寸測定サイズ)
丸角Rサイズ:650mm(短辺の半分)

上記のサイズをご注文時に入力いただければ伸長式の小判型サイズのマットが仕上がります。
(オーダーはミリ表記でご注文ください)

 

ご紹介したテーブルの形状は、当店ではカプセル型や小判型と表現しています。
お客様の中には楕円と呼ぶ方もいらっしゃいます。

当店では、カプセル型(小判型)のような直線のある楕円はカット可能です。

ラグビーボールやレモンのような「直線のない楕円」のカットは、その楕円を表す正確な寸法入りの図面があればカットすることが可能です。型紙によるオーダーはお受けしていません。


当店では、2000人以上のご利用写真と感想を掲載しているので、是非、参考にしてください。
テーブルマットのユーザーレビュー集

通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金  お客様の口コミ写真

丸角テーブルの曲線カーブの測り方、R値の測定方法

透明テーブルマットをオーダーする際の、テーブル丸角のR値を測定する方法をご説明します。

大きいサイズの切断面06

(1)カーブの始点と終点
まず、それぞれの丸角部分の、直線からカーブが始まる「始点」と、カーブが終わって直線に戻る「終点」を見つけてください。

セロハンテープを貼って、その上からマジックで印をつけるなど、テーブルに汚れが残らない方法で目印を付けてください。

テーブル丸角のR値を測定するイメージ

テーブル丸角の測定イメージ拡大

(2)始点と終点から交差点をみつける
それぞれ始点と終点から、テーブル内側に垂直に線を下ろして、2つの線が交わる交差点を見つけてください。

交差点の角は、必ず直角です。

そして、「交差点から始点」もしくは「交差点から終点」までの長さがR値になります。
テーブルマットのオーダーは、ミリ(mm)単位でオーダーいただくので、測定するときもミリ(mm)で値を出してください。

「交差点から始点」と、「交差点から終点」までの長さは同じになるはずです。(円形を描く丸角の場合)

どうしても同じにならない場合は、円形(真円)の丸角ではない曲線なのでカットは出来かねます。

 


当店では、2000人以上のご利用写真と感想を掲載しているので、是非、参考にしてください。
テーブルマットのユーザーレビュー集

通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金  お客様の口コミ写真

電子レンジ、トースターの下にビニールマットを敷いても良いか?

「透明ビニールマットを敷いた上に、調理家電を置くことができますか?」

というご質問をいただきました。


ご質問に回答する前に、当店は、透明マットをオーダーカットしているお店です。


調理家電というのは、電子レンジやオーブン、トースター、炊飯器などのことですね。

実際に購入したお客様の写真があるので見てください。

 

【事例写真1】

↓下の写真は、当店でマットを購入されたお客様から提供いただきました。

マットの上に電子レンジ、オーブントースター、湯沸かしポットを置いてご利用されています。
すべての写真付きレビューを見る

 

【事例写真2】

ちらの下の写真も、当店でマットをオーダーされたお客様からご提供いただいた写真です。

こちらのご家庭でも、マットを敷いたカウンターの上に、電子レンジ(オーブン)、炊飯器、電子ケトルを置いてご利用されています。
すべての写真付きレビューを見る

 

写真は撮っていませんが、テーブルマットを使う私の家でも、

マットを敷いたテーブルの上で、カセットコンロを置いて鍋を食べたり、

マットの上にホットプレートを置いて焼肉をしたり、

テーブルマットの上にタコ焼き機を置いて、たこ焼きを楽しんだり、

と問題なく使用しています。

 

マットの上に調理家電を置いて良いかどうかの目安

はじめてマットをオーダーされる場合、キッチンの調理家電を設置する台に透明マットを敷き、その上に電子レンジや炊飯器を置いても大丈夫か、心配される方もいらっしゃると思います。

多くの方が「問題なく使っている」のですが、マット自体は熱に弱いものです。

そのため、調理家電を置くにあたっては、マットが触れる部分や、接近する家電の底の部分が高熱になるものは避けてください。

 

高温て、どれくらい?

調理家電がマットに触れる部分のや、マットが高熱を帯びる部分の温度については、50度以上と思っていただければ良いと思います。

マットの耐熱性については、50度の目安も含めて、こちらのページで詳しく書いているのでご覧ください。

マットの耐熱性について

 

 

透明マットを調理家電の下敷きに
(お客様提供写真:電子オーブンレンジの下に透明マットを敷く写真)

キッチンカウンターに透明マットを敷くレビュー写真

 

 

 

調理家電をマットの上に置けるか、結論と回答

透明マットの材質は塩化ビニールです。

熱い物がマットに直接に触れたり、マット表面が高温になることは避けていただく必要があります。

熱いまたは高温というのは、温度が50度~60度ぐらいです。(当然、それ以上の高温もNGです)

この温度は、人が素手で触り続けることがでいないくらいの温度です。

商品価格のページ

マットの写真付きレビューサイト

 


こちらのページも参考にしてください。
マットの上でホットプレートやコンロを使うことについて説明しています。
テーブルマットの耐熱について


参考:調理家電の熱について

はたして電子レンジやトースターなど調理家電を設置する底の部分がどれくらい熱くなるのか?

これは、調理家電の製品の種類や製造するメーカーによって異なると思います。

調理家電の底にしっかりとした脚や、底に充分な空間、または断熱仕様となっている製品であれば、マット表面が50度以上にならず、マットをご利用可能かと思います。

炊飯器、電子レンジ置場にビニールマット
(お客様提供写真:レンジ台に透明マットをオーダー)

 

マットの上に調理家電を設置できるかどうか、

ご利用可否のご判断につきましては、各ご家庭で使う製品の仕様がそれぞれ異なるため、こちらではっきりと断言することはできません。

 

実際に透明マットをオーダーされたご家庭で、調理家電の下にマットを敷いているお客様がいらっしゃいますが、当店から設置の可否を保証することができません。

 

設置につきましては、

材質がビニールであり、火気や高温に対応していないことをご理解のうえ、お客様にて充分ご注意してご利用いただく必要があります。

万が一、何らかの支障が出た場合も、返品や保証の対応はいたしかねます。

 

テーブルマットの耐熱について、説明しているページがあるので、こちらもご参考にしてください。

ホットプレートやコンロの使用についても書かれています。

テーブルマットの耐熱について


当店では、2000人以上のご利用写真と感想を掲載しているので、是非、参考にしてください。
テーブルマットのユーザーレビュー集

通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金  お客様の口コミ写真

写真付きレビュー件数が2700件を超えました。

[お客様からの写真付きレビュー数が2700件を超えました]

透明テーブルマット工房では、テーブルマットを購入いただいたお客様から、ご利用写真と感想を集めています。

この度、お客様から寄せられた「写真付き商品レビュー数が2700件を超えました」

 

~~ 祝!2700件超え ~~ 有難うございます!

2700件の購入者レビューはこちらのページからご覧いただけます。

テーブルマットのユーザーレビュー

 

[写真付きレビュー件数が多いサイト]

1つの商品を扱う「単独商品」で、しかも「写真付き」のお客様レビューが2700件を超えているのは日本全国探しても、他のお店や商品にはこれだけの写真付きレビューはないと自負しています。

大手ネット通販サイトのアマゾンさんや、楽天さんでしたら、サイト全体のレビュー数は、何万件もの多数のレビューが集まっていると思います。

また人気商品であれば、1つの商品で1000件を裕に超えて何千件という購入者レビューが集まっている商品もあるでしょう。

しかし、当店の場合は、商品を利用している風景が撮影された「写真付きのレビュー」です。

1つの商品で写真付きのレビュー件数で、当店・透明テーブルマット工房を上回るお店やサイトは見当たりません。

 

[お客様のためのレビューサイト]

多くのお客様が、レビューをご覧になって購入を決断されています。

当店では、良い評価をいただいているご感想はもちろん、良くなかったという不満足の声も掲載しています。

ネットによるオーダー販売のため、お客様が安心してご購入いただけるように情報を公開しています。

購入されたお客様の声が、購入を検討している方向けの参考情報となって、お客様がお客様を招いてくれるサイトとなればと考えています。

今後も自他共に最高のレビューサイトとあり続けるために、良い商品と正直な情報を提供するよう努めてまいります。

 

今後とも透明テーブルマット工房をご贔屓に願います。

 

当店は透明テーブルマットのオーダー販売をしています。
(通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。)

店主よりご案内:
もし、日本国内に当店のレビュー件数を上回るお店、サイトをご存知の方はお知らせください。
なお、当店の対象件数は、「単独1商品での写真付きのレビュー件数」です。
一回の購入につき一回限りの投稿を対象カウントとし、一購入につき複数回や複数人(中古利用、使いまわし)はカウント対象としておりません。

ラバーウッド材のテーブルに、透明マットをオーダーした2軒のご家庭、写真

当店はテーブル用の透明マットをオーダーカットしているお店です。紹介するのは当店の透明マットを使ってご感想を寄せていただいたお客様の事例です。


(通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。)

今回は、ラバーウッド材の天板テーブルに透明マットをオーダーした事例です。

ラバーウッドとは、別名、ゴムの木です。ラバーウッド材は、加工しやすいことから、家具にもよく使われる材木で、テーブル天板としても多くのテーブルに使われています。

ゴムの木の木目が好きだと、ラバーウッドのテーブルや家具を好んで購入される方もいらっしゃるようです。

 

当店で透明テーブルマットをオーダーされたお客様にも、ラバーウッド材のテーブルをご利用で、透明マットを敷いた写真と感想をいただいているので紹介します。

 

建具に合わせて購入したラバーウッドのテーブルに透明マットを敷きました

テーブルサイズ:直径1100mm
[感想]購入以来 、市販のテーブルクロスを使用。家の建具に合わせて購入したテーブル(ラバーウッド)でしたが、クロスで覆ってしまっていてテーブルの良さを感じず不満を持っていました。
貴社の口コミを見て信用性が高いと判断購入。数ミリ大きめですがさほど気になりません。厚みも丁度良くずれる事もなくテーブル面が引き立ち大変満足しています。

[スタッフ]家の建具に合わせて購入されただけあって、フローリングや家具の統一感があって素敵なお部屋ですね。テーブルはラバーウッド材を使用しているテーブルだそうです。
円形のテーブルですが、当店の透明テーブルマットは、円形サイズのオーダーも承っております。直径サイズを測定してオーダーしていただくだけで、簡単にご注文いただけます。

 

無垢のラバーウッドのテーブルに透明マットをオーダー

[感想]ラバーウッド無垢材のテーブルセットを購入するにあたり、傷が目立ちやすい感じがしたので、テーブルクロスを探していました。キレイな木目を楽しむには透明のマットと思い、こちらのお店にたどり着きました。
側面が緩やかな波を打ったように削られているデザインのテーブルだったので、サイズなど電話でアドバイスをして頂きました。とても丁寧に対応してもらい安心して購入することができました。

[スタッフ]ラバーウッドの無垢のテーブルを購入されたとのことで、無垢テーブルは木の風合いが楽しめる一方、傷が付くのが気になったり、お手入れに手間がかかたりします。傷や汚れ防止にテーブルクロスを覆ってしまうのが嫌な方は、透明のテーブルマットがお奨めです。木の風合いを残しつつ、傷防止になります。お手入れ不要で汚れても布巾で拭くだけです。
当店のテーブルマットはしっかりとした厚みがあるため、高級家具等にも多くご利用いただいています。

 

ラバーウッド以外のテーブルにも、透明マットを多くご利用いただいています。
当店では、2000人以上のご利用写真と感想を掲載しているので、是非、参考にしてください。
テーブルマットのユーザーレビュー集

通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

 

【当店を装う広告に注意】透明テーブルマット工房はネット広告を利用していません。

透明テーブルマット工房からのお知らせです。

「当店の名前を装う」または「当店名を連想させる」ネット広告が出現していることを確認しています。(2018年6月20日現在)

当店・透明テーブルマット工房は、ネット広告を一切掲載・利用しておりません。

こちらが、そのネット広告が掲載されている画像です。

【状況詳細】
グーグル検索にて「透明テーブルマット工房」と検索すると、当店とは関係のないテーブルマット会社の広告タイトルに
「透明 テーブル マット 工房」と表示されています。

こちらは当店が掲載している広告ではありません。当店はネット広告を利用しておりません。

【ご注意ください】
大変紛らわしく、誤解を生むような表現になっておりますので、当店が掲載している広告であると勘違いされてクリックし、アクセスされませんようご注意ください。

当該の広告主と当店は一切関係ありません。

つきまして、広告掲載会社が提供する商品をオーダーされたり、サービスを受けたことにより、万が一、不利益・損害等が生じましても、当店・透明テーブルマット工房が責任を負うことはございません。

 

【注意する方法】
当店の販売サイトへアクセスされたい方は、透明テーブルマット工房と検索されても広告を一切クリックしないでください。

広告ではなく、検索結果として表示されている当店のサイトをクリックしてください。

もしくは、こちらの検索窓をクリックして当店へアクセスしてください。

 

当店は2000人以上の本当のお客様の声と写真を掲載しています。

以上、透明テーブルマット工房からのご注意とご案内でした。

(掲載している事実は、2018年6月20日現在の情報です。)

透明テーブルマット工房は「楽天」に出店していません。ご注意ください。

当店・透明テーブルマット工房が運営する「テーブルマットのある生活」をご覧いただき有難うございます。

今回は、当店のページをネット検索されるときのご注意のご案内です。

ご案内したいことを簡単に申し上げると、

「当店は楽天に出店していません!」

ということです。

もう少し詳しくご案内すると、
透明テーブルマット工房は、「楽天株式会社」が運営するECモール「楽天市場」に出店していません。

下の画像はグーグルの検索窓です。


(上の画像:グーグルの検索窓の画像。検索した日はサッカーワールドカップの日本戦が開催される日なので、グーグルの画像が特別仕様になっています。)

グーグルで「透明テーブルマット工房」と検索すると、よく検索されるワード候補として「透明テーブルマット工房 楽天」と表示されます。

出店していないのに「楽天」と表示される理由は、
当店の楽天ページがあるのではと、思い込みや推測をされて、グーグル検索で探している方が多くいる結果かと推測されます。
(グーグル検索では、検索される回数が多いワードが候補として表示されます)

ご案内のとおり、当店は楽天市場をはじめ、その他のECモールには出店や参加をしておらず、直接販売のみでテーブルマットのオーダーを承っております。

しかしながら、ご注意ください!

グーグルの検索結果に表示される広告に、当店を連想させる楽天の広告が表示されています。

グーグルで検索をすると、検索結果の上の方に広告が表示されますが、当店の店名「透明テーブルマット工房」を思わせる表記・表現にて楽天サイトの広告が表示されていることを確認しています。

この事実を知らない方が、当該の広告をご覧になった場合、当店が楽天に出店していると誤解する可能性がかなり高い広告表記です。

当店のサイトを探している方に改めてご案内させていただきます。

透明テーブルマット工房は、楽天市場をはじめ、その他ECモールに出店しておらず、当店が管理運営するサイトにて直接販売のみで透明テーブルマットのオーダーを承っております。

誤解されませんようにご注意ください。

今回は、当店からのご案内とご注意でした。

こちらでご案内している情報は、2018年6月19日現在の事実をもとに発信しております。

当店の通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。