ビニールシートを敷いてもオシャレに生活している写真集

 

ビニールシートが「おしゃれじゃない」とか、「貧乏くさい」と思われている人もいるかと思います。

それって、ビニールシートをクロスのようにテーブルから垂らしているイメージではありませんか。

テーブルマット工房では、ビニールシートをクロスのように垂らすのではなく、テーブルの天板サイズにカットして設置するマットです。

今回は、テーブルにビニールシートを敷いても、おしゃれに暮らしている方の写真をご紹介します。

掲載している写真は全て当店でオーダーカットされたお客様ご自身が撮影されたものです。

リビングテーブル用マット

リビングテーブルにビニールシートを敷いている写真です。

 

こちらも上の写真と似たようなリビングテーブルですね。

ビニールシートを敷いた全体の雰囲気が判ります。

 

こちらもビニールシートを敷いていますが、テーブルに溶け込んで部屋の雰囲気を損なっていないのが分るおしゃれな写真です。

 

四隅の角が丸いテーブルです。

角の丸みをお客様で測定いただき、指定された丸角サイズに合わせてカットいたします。

テーブルの木目がきれいに見えておしゃれな写真です。無色透明なので木の質感を感じることができます。

丸角の測定には専用の簡易定規を差し上げています。詳しくはこちら、丸角の測定について

 

 

ビニールシートを敷いて、その上に花を飾られています。ガラスを敷いているように見えるのは、厚手のシートだからです。

当店のシートの厚みは全て2mmです。薄いビニールクロスの厚みは0.5mm前後なので、比較すると約4倍の厚みです。

当店のシートは厚みがあるので、テーブルから垂れずクロスのようには使えません。マットとしてご利用いただくタイプです。

 

 

こちらもビニールシートを角の丸みに合わせてオーダーカットしています。

テーブルの上に布地のクロスを敷いて、その上にシートを設置されています。

厚みがあるシートなので、重みがあるため、テーブル天板との相性にもよりますが、ずれないとの声を多くいただいています。

ご参考に、お客様が「ずれるか、ずれないか」についてレビューされているページをご覧ください。

 

 

以上、ビニールシートを敷いてもおしゃれに生活されているお客様写真でした。ご参考にしてください。

 

ビニールシートのオーダー料金はこちら

透明テーブルマット工房では、お客様のご感想と利用写真を公開しています。

こちらでご覧いただけます。ユーザーレビュー