電子レンジ、トースターの下にビニールマットを敷いても良いか?

「透明ビニールマットを敷いた上に、調理家電を置くことができますか?」

というご質問をいただきました。


ご質問に回答する前に、当店は、透明マットをオーダーカットしているお店です。


調理家電というのは、電子レンジやオーブン、トースター、炊飯器などのことですね。

実際に購入したお客様の写真があるので見てください。

 

【事例写真1】

↓下の写真は、当店でマットを購入されたお客様から提供いただきました。

マットの上に電子レンジ、オーブントースター、湯沸かしポットを置いてご利用されています。
すべての写真付きレビューを見る

 

【事例写真2】

ちらの下の写真も、当店でマットをオーダーされたお客様からご提供いただいた写真です。

こちらのご家庭でも、マットを敷いたカウンターの上に、電子レンジ(オーブン)、炊飯器、電子ケトルを置いてご利用されています。
すべての写真付きレビューを見る

 

写真は撮っていませんが、テーブルマットを使う私の家でも、

マットを敷いたテーブルの上で、カセットコンロを置いて鍋を食べたり、

マットの上にホットプレートを置いて焼肉をしたり、

テーブルマットの上にタコ焼き機を置いて、たこ焼きを楽しんだり、

と問題なく使用しています。

 

マットの上に調理家電を置いて良いかどうかの目安

はじめてマットをオーダーされる場合、キッチンの調理家電を設置する台に透明マットを敷き、その上に電子レンジや炊飯器を置いても大丈夫か、心配される方もいらっしゃると思います。

多くの方が「問題なく使っている」のですが、マット自体は熱に弱いものです。

そのため、調理家電を置くにあたっては、マットが触れる部分や、接近する家電の底の部分が高熱になるものは避けてください。

 

高温て、どれくらい?

調理家電がマットに触れる部分のや、マットが高熱を帯びる部分の温度については、50度以上と思っていただければ良いと思います。

マットの耐熱性については、50度の目安も含めて、こちらのページで詳しく書いているのでご覧ください。

マットの耐熱性について

 

 

透明マットを調理家電の下敷きに
(お客様提供写真:電子オーブンレンジの下に透明マットを敷く写真)

キッチンカウンターに透明マットを敷くレビュー写真

 

 

 

調理家電をマットの上に置けるか、結論と回答

透明マットの材質は塩化ビニールです。

熱い物がマットに直接に触れたり、マット表面が高温になることは避けていただく必要があります。

熱いまたは高温というのは、温度が50度~60度ぐらいです。(当然、それ以上の高温もNGです)

この温度は、人が素手で触り続けることがでいないくらいの温度です。

商品価格のページ

マットの写真付きレビューサイト

 


こちらのページも参考にしてください。
マットの上でホットプレートやコンロを使うことについて説明しています。
テーブルマットの耐熱について


参考:調理家電の熱について

はたして電子レンジやトースターなど調理家電を設置する底の部分がどれくらい熱くなるのか?

これは、調理家電の製品の種類や製造するメーカーによって異なると思います。

調理家電の底にしっかりとした脚や、底に充分な空間、または断熱仕様となっている製品であれば、マット表面が50度以上にならず、マットをご利用可能かと思います。

炊飯器、電子レンジ置場にビニールマット
(お客様提供写真:レンジ台に透明マットをオーダー)

 

マットの上に調理家電を設置できるかどうか、

ご利用可否のご判断につきましては、各ご家庭で使う製品の仕様がそれぞれ異なるため、こちらではっきりと断言することはできません。

 

実際に透明マットをオーダーされたご家庭で、調理家電の下にマットを敷いているお客様がいらっしゃいますが、当店から設置の可否を保証することができません。

 

設置につきましては、

材質がビニールであり、火気や高温に対応していないことをご理解のうえ、お客様にて充分ご注意してご利用いただく必要があります。

万が一、何らかの支障が出た場合も、返品や保証の対応はいたしかねます。

 

テーブルマットの耐熱について、説明しているページがあるので、こちらもご参考にしてください。

ホットプレートやコンロの使用についても書かれています。

テーブルマットの耐熱について


当店では、2000人以上のご利用写真と感想を掲載しているので、是非、参考にしてください。
テーブルマットのユーザーレビュー集

通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。

オーダー料金  お客様の口コミ写真