テーブルの保護シートの事例写真集8選

テーブル保護用のビニールマットのご紹介

新しいテーブルが傷が付いたり、汚れたりするのは嫌ですよね。

高かったテーブルに油汚れが残ったり、熱いものを置いて変色したり。

お気に入りのテーブルは長く大切に使いたいものです。

今回は、テーブルの保護シートの紹介です。

透明テーブルマット工房では、テーブルの保護用のビニールシートをオーダーカットしています。

お客様のテーブル天板サイズに合わせて保護シートをカットします。

このページで紹介している写真はすべて、当店で保護シートをオーダーされたお客様より提供いただいた写真です。

全てのテーブルにビニールシートを敷いています。

写真の中には、シートを設置していないように見える写真もありますが、全て保護シートを設置しています。

保護用のビニールシートは厚手の2mmタイプのマットです。

一般の垂らして使う薄手のビニールクロスは厚みが0.5mm前後なので、それと比べて2mmはかなり厚手でしっかりしています。

ビニールクロスは垂れて見た目の印象が悪いと敬遠される方もいらっしゃいますが、天板サイズに合わせて設置するマットであれば、テーブルの雰囲気や木の質感を損なわずに自然に、おしゃれにテーブルを保護することができます。

テーブルマット 安い

当店では、オーダーされたお客様の写真と感想をホームページで公開しています。

その数、1700件を超えました。1700件以上のの感想と写真を掲載しています。

ビニールシートを敷くかどうか、迷っていた方も、もっと早くオーダーしておけば良かったとの声を多数頂戴しています。

是非、写真と感想を参考にして、テーブルの保護用のビニールマットをオーダーください。

皆様のご注文をお待ちしております。

 

透明テーブルマット工房では、お客様のご感想と利用写真を公開しています。

こちらでご覧いただけます。ユーザーレビュー

 

テーブルクロスの固定はいらない、ずれないマットを敷く

テーブルクロスがずれて困っていませんか?

ご家庭のダイニングテーブルにテーブルクロスやビニールクロスを敷いていると、ずれることはありませんか。
何度もずれて、ずれ落ちたり、ずれる度に直して、面倒です。

クロスがズレ落ちないよう固定するのに苦労している方も多いかと思います。

今回は、クロスを固定する必要のないビニールマットをご紹介します。

 

テーブルクロスと言っても、布地のクロスを敷いているご家庭と、

薄手のビニールクロスを敷いているご家庭があるかと思います。

 

[布地のクロスがずれるの固定する]

布地のテーブルクロスがずれる方には、クロスの重石となって固定するビニールマットをおすすめします。

お気に入りの布地のクロスをいつも通り敷いて、その上に天板サイズに合わせてカットしたビニールシートを設置します。

こちらのビニールシートは厚みが2㎜と厚手のタイプなので、重量もあり、クロスの上に敷くことで重石となって、クロスを固定してくれてずれることを防いでくれます。

[ビニールクロスがずれるのを解決]

薄手のビニールクロスを敷いているご家庭で、ビニールがずれる場合は、テーブルから垂らすタイプのクロスではなく、天板サイズにカットする厚手のビニールマットをお奨めします。

クロスをやめてマットにしませんか。

マットであれば天板の平らな部分に合わせてオーダーカットして設置するので、クロスのように垂れる部分がなく、見た目もすっきりします。

マットは2mmの厚手のマットなので重みがあり、天板表面との相性にもよりますが、多くの場合、布巾で拭いてもずれることがないので、マットを置いているだけでOKでわざわざ固定をする必要がありません。

薄手でのビニールクロスをかけていると、座った時に膝に触れたりして不快なときががありますが、テーブルマットではそのようなことは起こりません。

透明テーブルマット工房では、お客様のご感想と利用写真を公開しています。

こちらでご覧いただけます。ユーザーレビュー

 

円形テーブルに「おしゃれ」にクロスとマットを敷いた写真7枚

円形テーブルを使われている方、テーブルクロスを敷いていますでしょうか。

今回は、円形テーブルに布地のクロスを敷いて、その上に透明テーブルマットを敷いている写真を紹介します。

こちらで紹介している写真はすべて、透明テーブルマット工房で透明マットをオーダーされたお客様から提供いただいている写真です。

5人掛けの大きな円形テーブルです。テーブルクロスを敷いて、その上に透明マットを設置しているのがよくわかる写真です。

一見、ガラス板を乗せているようにも見えますが、ビニールシートのマットです。

マットは厚手の2mmタイプです。薄い垂らすタイプのビニールクロスは、薄さが0.5mm前後なので、比較すると2mmはかなり厚みのあるマットです。

 

円形用の布地のテーブルクロスを敷かれ、その上に透明マットを設置されています。

透明マットを敷くことで、お気に入りのテーブルクロスの汚れ防止になります。

 

こちらはレースのクロスを敷いて、その上に透明マットを敷いています。

マットが透明なので、レースのデザインをそのまま楽しめます。

また、レースのままだと、食器を置くときにガタガタと不安定ですが、透明マットをしくことで、テーブルが使いやすくなります。

マットは厚手の2mm厚のビニールシートなので、レースの凸凹を感じさせません。

 


こちらはオーダーされたお客様が2枚の写真を送っていただきました。

上の写真は、布地のクロスを敷いて透明マットを設置した写真です。

下の写真は、テーブルクロスは敷かずに、透明マットのみを設置している写真です。

その日の気分によって、テーブルクロスを付けたり、外したりすることができます。

透明マットだけのときは、テーブルの木の質感を楽しめ、且つ、テーブルの傷や汚れの保護カバーにもなります。

 

円形テーブルマットの下にクロス

布地のテーブルクロスを敷いて、その上に透明マットを設置しているのがよくわかる写真です。

テーブルクロスだけだと、クロスが動いたり、ズレ落ちたりすることもあるかと思います。

透明マットを設置することで、マットが重石となり、ずれるのを防いてくれます。

マットは厚手なので、重みもあります。

 

 

ブルーが鮮やかなテーブルクロスです。

透明マットを敷くことで、鮮やかさが増しているようにも思えます。

テーブルクロスの汚れを防いで、クロスの洗濯の頻度も抑えられます。

 

 

以上、クロスの上に透明テーブルマットを敷いた写真を紹介しました。

クロスの汚れ防止や、クロスのズレ落ち防止などに役立ちます。

 

透明テーブルマット工房では、お客様のご感想と利用写真を公開しています。

こちらでご覧いただけます。ユーザーレビュー

 

布地テーブルクロスの上にビニールマットを敷いてる写真集

お気に入りのテーブルクロスを敷いて食事を楽しんでいるご家庭では、クロスの洗濯頻度や汚れ防止はどうされていますか。

テーブルクロスの洗濯頻度

今回は、テーブルクロスの上に透明のビニールマットを敷いているご家庭を紹介いたします。

 

ご紹介するのは、透明のテーブルマットです。

透明テーブルマット工房では、厚手のマットタイプのビニールシートをテーブル天板サイズにカットする、オーダーメイドのビニールマットを販売しています。

テーブルクロスの汚れ防止

ここでご紹介している写真は、全て当店でビニールマットをオーダーされたお客様より提供していただいた写真です。

全て、布地のテーブルクロスを敷いて、その上に厚み2mmのオーダービニールマットを敷いています。

厚み2mmは、ビニール製のシートでも厚みのある部類で、厚みがある分、重みもあり、クロスのズレ落ちを防止する効果も果たしています。

お気に入りのクロス

布地のテーブルクロスの上にビニールマットを敷くことで、クロスの汚れ防止になります。

マットを敷いていれば、食べこぼしや汁物をこぼしても拭くだけで汚れが取れるので、クロスを汚さず、洗濯する頻度も抑えられます。

上の写真では、ビニールマットを敷いているのが、よく分ると思います。

厚みが2mmあるマットタイプです。

ビニールシートの中でも、テーブルから垂らすタイプのクロスのようなビニールもありますが、垂れるタイプのビニールは厚みが0.5mm前後とかなり薄手です。

テーブルマット工房では、天板サイズに合わせてマットをカットするので、テーブルから垂れたり、大きくはみ出ることがなく、見た目も綺麗ですっきりしています。

天板サイズに合わせてカットしているので、布地のクロスなしで、直接テーブルに敷いて、テーブルの保護カバーとしてもご利用いただいています。

上の写真は、クロスなしで透明マットのみを敷いているテーブルです。

無色透明なので、クロスの模様や柄などを楽しめます。

クロスなしの場合は、テーブルの木目などの雰囲気を損なわず、テーブルの汚れ防止、傷防止に役立ちます。

 

 

テーブルの角が丸いタイプでも、オーダーをする際に丸みのサイズをご指定いただければ、丸みに合わせてカットいたします。

テーブルマット工房では、角の丸みを測定する簡易定規も無料でご提供しています。

角の丸みの測定について

 

今回は、お気に入りのクロスをおしゃれに楽しみながら、クロスの汚れ防止になったり、ずれ落ち防止になるマットをご紹介いたしました。

 

透明テーブルマット工房では、お客様のご感想と利用写真を公開しています。
こちらでご覧いただけます。ユーザーレビュー

 

テーブルマットのオーダー料金、注文方法はこちら

 

ビニールシートを敷いてもオシャレに生活している写真集

 

ビニールシートが「おしゃれじゃない」とか、「貧乏くさい」と思われている人もいるかと思います。

それって、ビニールシートをクロスのようにテーブルから垂らしているイメージではありませんか。

テーブルマット工房では、ビニールシートをクロスのように垂らすのではなく、テーブルの天板サイズにカットして設置するマットです。

今回は、テーブルにビニールシートを敷いても、おしゃれに暮らしている方の写真をご紹介します。

掲載している写真は全て当店でオーダーカットされたお客様ご自身が撮影されたものです。

リビングテーブル用マット

リビングテーブルにビニールシートを敷いている写真です。

 

こちらも上の写真と似たようなリビングテーブルですね。

ビニールシートを敷いた全体の雰囲気が判ります。

 

こちらもビニールシートを敷いていますが、テーブルに溶け込んで部屋の雰囲気を損なっていないのが分るおしゃれな写真です。

 

四隅の角が丸いテーブルです。

角の丸みをお客様で測定いただき、指定された丸角サイズに合わせてカットいたします。

テーブルの木目がきれいに見えておしゃれな写真です。無色透明なので木の質感を感じることができます。

丸角の測定には専用の簡易定規を差し上げています。詳しくはこちら、丸角の測定について

 

 

ビニールシートを敷いて、その上に花を飾られています。ガラスを敷いているように見えるのは、厚手のシートだからです。

当店のシートの厚みは全て2mmです。薄いビニールクロスの厚みは0.5mm前後なので、比較すると約4倍の厚みです。

当店のシートは厚みがあるので、テーブルから垂れずクロスのようには使えません。マットとしてご利用いただくタイプです。

 

 

こちらもビニールシートを角の丸みに合わせてオーダーカットしています。

テーブルの上に布地のクロスを敷いて、その上にシートを設置されています。

厚みがあるシートなので、重みがあるため、テーブル天板との相性にもよりますが、ずれないとの声を多くいただいています。

ご参考に、お客様が「ずれるか、ずれないか」についてレビューされているページをご覧ください。

 

 

以上、ビニールシートを敷いてもおしゃれに生活されているお客様写真でした。ご参考にしてください。

 

ビニールシートのオーダー料金はこちら

透明テーブルマット工房では、お客様のご感想と利用写真を公開しています。

こちらでご覧いただけます。ユーザーレビュー