テーブルマットの丸角、大きめか、小さめか、悩む方への選択方法、おすすめサイズ

こんにちは、透明テーブルマット工房です。

EDDAのダイニングテーブル

丸角サイズについて、購入を検討されているお客様から、次のような問合せがありました。


[お客様からのご質問]

ホームページを見てご連絡しました。
△△(家具メーカー)のダイニングテーブルに使用したくオーダーをお願いしたいと考えています。

まだテーブルが自宅に届いていないので、R値が分かりません。

こちらで同じ△△のテーブル1550× 800で使用しているレビューを読みましたが、丸角のサイズがR25mmR30mmの両方あり、どちらで頼んで良いのか悩んでしまいました。

どちらが良いのでしょうか。

家具メーカーに連絡すれば教えてくれるのでしょうか。


エッダのダイニングテーブルに保護マット

当店のレビューページで、同じメーカーの同じテーブルにマットを敷いているのに、ご家庭によって丸角サイズの異なるマットをオーダーしている事に気づき、どちらのサイズの丸角が良いのか悩まれているというご質問です。

以下は、当店からの回答です。

 


[当店からの回答]

△△(家具メーカー)のテーブルの丸角サイズについて、
当店ではテーブルサイズを把握しておらず、レビュー記載の丸角サイズは各お客様がご自身で測定されたオーダーサイズです。

当店からは丸角サイズをご案内することができないのですが、
サイズ決定について、いくつか方法をご紹介いたします。

1)R測定定規で測定する
当店がご提供しているR測定定規にてお手元で測定いただけます。
ご購入者に限り無料でご提供しております。必要でしたら郵送いたしますのでご請求ください。

丸角R測定イメージ

2)メーカーに問合せをする
テーブルメーカーに問合せをしていただくと教えてくれるケースがあります。
メーカーによっては対応してくれない場合もあるようです。

3)お客様のレビューサイズを参考にする
該当のお客様のレビュー写真を見る限り、R25またはR30のどちらかで間違いがないようです。
他のメーカーのテーブルでも同様に、お客様によって丸角サイズだけが異なるということがございます。(お客様のサイズ感のお好みや、測定された方の違いによる誤差など)

もし、レビュー掲載のサイズを参考にして、悩まれる場合は丸角サイズが大きい方のR30mmをお奨めします。
R30の方が丸みが大きく、マットの角がテーブルからはみ出さない可能性が高いためです。

以上、丸角サイズのご判断の参考にしていただければと存じます。

丸角測定のR定規をご希望の場合、
メールの件名を「R定規希望」としていただき、次の情報をお知らせください。
お名前
郵便番号
住所
電話番号

宜しくお願い申し上げます。


当店では、丸角を測定するためのR測定定規を購入される方向けに無料にてご提供しています。

丸角R測定イメージ

ご自宅でプリントアウトも可能です。

丸角測定・R測定定規のページ

 

丸角サイズは、オーダーできる最小がR3mm、

R3mmは免許証やクレジットカードの丸角サイズと同じです。

免許証の丸角サイズR3mm

その上は、R5mmから5mm単位でR10、15、20、25・・・・

とご希望サイズにオーダーいただいけます。

 

丸角のサイズが小さいと、尖っていて、

丸角のサイズが大きいと、丸みが大きくなります。

ご質問をいただいたお客様のように、小さいサイズか、大きいサイズのどちらかで迷われる場合は、大きめを選択することをおすすめします。

丸角が小さいと、その分、角が突き出るので、マットがテーブルからはみ出す場合があります。

この辺はサイズ感のお好みにもよりますが、テーブルを保護する意味で、あえてはみ出た方が良いというお客様もいらっしゃいます。

また、小さなお子様がいるご家庭などでは、はみ出さず丸みが大きい方が良いと考えるお客様もいらっしゃいます。

 

丸角のサイズの選択のご参考にしてください。


当店では、3000人以上のご利用写真と感想を掲載しているので、是非、参考にしてください。テーブルマットのユーザーレビュー集

通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。