大きいサイズのマットの「切断面」の参考写真

透明テーブルマット工房では、大きいサイズのマットは切断面がやや粗い仕上がりになります。

大きいサイズとは、次のどちらかに該当する大きさのマットです。
・短い辺が1196mm以上のマット
・長い辺が1796mm以上のマット

その仕上りの理由は、カット方法(機械)が通常サイズのマットと異なり、ウォータージェット加工と呼ばれる加圧された水を超極細ノズルで噴射してマットをカットしているためです。

ウォータージェット加工では、切断面がカッターでスパッとカットしたような仕上りではなく、少しざらつきや、毛羽だったようなやや粗い仕上がりになります。

大きいサイズの切断面の様子や雰囲気がわかりやすい写真を集めたので、大きいサイズのマットを検討されている方はご参考にしてください。

[大きいサイズの切断面の拡大写真]
大きいサイズの切断面04(拡大)
この写真は、お客様が撮影した直径1300mmの大きいサイズの円形マットです。
お客様の感想はこちら


こちらのマットは、1800×900mmの大きいマットです。丸角はR30mmです。
大きいマットの切断面01
お客様の感想はこちら


こちらは直径1250mmの大きい円形マットです。
大きいサイズの切断面02
お客様の感想はこちら


2262×555mmの大きいサイズのカウンターデスクマットです。
2枚目の写真では切断面の様子がよくわかります。
大きいサイズの切断面03
大きいサイズの切断面03(拡大)
お客様の感想はこちら

 

大きいマットの販売・価格ページへ移動


こちらは1800×900mmの大きいサイズのマットです。
大きいサイズの切断面05
お客様の感想はこちら


こちらはテーブルのコーナー部分のアップ写真です。
テーブルの大きさは1890×830mmの大きいサイズのマットです。
丸角はR35mmです。
大きいサイズの切断面06
お客様の感想はこちら


こちらは2750×512mmの大きいサイズのカウンター用マットです。
側面から撮影されています。
大きいサイズの切断面07
お客様の感想はこちら


以上、大きいサイズのマットの写真の中でも、切断面の様子が比較的わかりやすいものを集めて見ました。ご参考にしてください。

大きいマットの販売・価格ページへ移動

 

[粗い仕上がりが気になる場合]
切断面の粗さは「気にならない程度」と言われるお客様も多くいらっしゃいますが、もし、大きいマットが届いて、切断面の粗い仕上がりや毛羽立ちが気になる場合は、定規のような硬いもので切断面を軽く擦ると、粗さが緩和されます。

市販の紙やすりなどでも同様に粗さを緩和することが可能です。
(※擦る際は、マットの表面を傷つけないようにご注意ください。)

 

大きいマットの販売・価格ページへ移動