小判型のテーブル(開閉式・伸長式)に透明マットを敷く5軒の家庭

今回は小判型のテーブルに透明テーブルマットをオーダーされたご家庭の写真をご紹介します。

 

当店は透明テーブルマットをオーダーカットしているお店です。

紹介するのは当店の透明マットを使ってご感想を寄せていただいたお客様の事例です。


(通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。)

 

ネットでのオーダーはサイズが合うか不安でしたが…

テーブルサイズ:1550×1050mm R525mm
[感想]小判型のテーブルでピッタリのサイズの物を購入したくても、既製品では対応が難しく、長年苦労していました。インターネット購入で、形やサイズが合うか不安もありましたが、バッチリでした。厚みも適度にあり、満足です。

[スタッフ]楕円の測定は難しいですが、条件が揃った小判型でしたら、テーブルの縦横の最大サイズと、プラス1箇所を測定するだけでオーダーが可能です。
小判型のテーブルクロスやマットは、ホームセンターや既製品では販売していないと諦めている方も多いかと思いますが、こちらの条件に合えばオーダー可能です。

小判型の測定方法

 

同じ形状のテーブルで実際にオーダーした人のレビューが参考になった

テーブルサイズ:1540×1040mm R520mm
[感想]実際に購入した人のレビューが多く掲載されていて参考になったので、こちらで購入しました。サイズ等はバッチリでした。以前使っていた物が半透明のような物だったので、新しく替えて机までキレイになったようです。

[スタッフ]小判型の形状をしたテーブルは結構多いようですね。中でも通常は円形テーブルで、テーブルを大きくしたいときは、円形を開いて伸ばして大きく広げられる開閉式・伸長式のテーブルが結構あるようです。円形と小判型と2つのマットをオーダーされるお客様もいらっしゃいます。

 

指定された3か所を測定するだけで透明マットのオーダーができました

[感想]小判型の形状でしたが、指定された3カ所の寸法の計測しただけでピッタリと仕上り満足しています。

[スタッフ]3つの測定箇所は、縦横の最大サイズと、円(両サイドの半円)の半径サイズです。小判型の測定・オーダーには条件があるので、詳しくは当店のホームページでご確認ください。

小判型の測定方法

 

薄いビニールクロスから透明マットに交換

テーブルサイズ:1935×1000mm R500mm
[感想]今までは、垂れ下がるタイプの透明の薄いクロスを使用していたのですが、夏場に短パンをはくとクロスが足に当たって不快なので、テーブルサイズの厚手のマットを探していたところ、御社のHPにたどり着きました。

[スタッフ]薄いビニールクロスからテーブルサイズの透明マットに交換すると、垂れた部分が体に当たる煩わしさも解消され、テーブルの見た目もすっきりして、部屋の印象までが変わります。他のお客様の感想でも部屋の雰囲気が変わったと嬉しい感想を多くいただいています。

ビニールクロスから買い替えたお客様の感想

 

透明でテーブルの木目が見えるので良い

テーブルサイズ:1300×1000mm R500mm
[感想]サイズもイメージもぴったりで、テーブルの木目がいきつつ、ダイニングとしてとても役立ちそうです。

[スタッフ]天板の木目柄が印象的なテーブルをお使いで、ご感想のとおり透明マットの良さが生きていますね。テーブルの保護カバーとして布地のクロスを敷くと、テーブルのデザインや木面が隠れてしまいますが、テーブルを生かしつつ、テーブルの傷や汚れをつかないように保護できるのが透明テーブルマットです。

 

今回は、小判型のテーブルで透明マットをオーダーされたお客様の感想と写真を集めてみました。

すべての感想は実際にオーダーされたお客様から提供されたものです。ただし、このページでは感想の一部分のみを掲載しています。全文はレビューページに掲載しておりますので、こちらも是非ご確認ください。

当店では、2000人以上のご利用写真と感想を掲載しているので、是非、参考にしてください。

テーブルマットのユーザーレビュー集

通販サイトでは商品代金やご利用者の感想と写真を掲載しています。