韓国王朝の歴代王様と韓国ドラマの歴史年表をつくりました

先に、追加情報です。

2017年4月から放送の「オクニョ」を年表に追加しました。

2013年7月より「馬医」が放送開始されました。年表に馬医の年代も追加しました。

(追加情報終了)

 

こんにちはマットです。

わたしの楽しみの1つはNHKで放送されている韓国王朝ドラマをみることです。

いまは毎週日曜日の夜にNHKのBS放送で「王女の男」という韓国王朝ドラマを放送しているのを楽しみに見ています。

王女の男の次の放送ドラマ「太陽を抱く月」に決定、2013年1月放送開始)

 

NHKのBSでは韓国王朝、正式には朝鮮王朝というのでしょうか、

韓国時代劇ドラマの放送枠があるようで、

現在放送している「王女の男」の前は「トンイ」、その前は「イ・サン」、

その前は「チャングムの誓い」というように連続して韓国王朝の王様もしくは王様に仕える宮廷の中の物語がドラマとなったものを放送しています。

これがとても面白いのです。

週一回の放送ですが中には1年以上も放送される長いドラマがあるのですが、

どれも毎週楽しみに見ていました。

 

韓国王朝の時代のドラマですから、

ドラマの中では必ずその当時に実在していた王様が出てくるのですが、

ドラマを見ている内に、

それぞれのドラマの王様や出てくる人物がどのような時代設定の人たちなのか気になってきました。

チャングムとイ・サンとトンイとキムスンユ(王女の男)、

ペク・クァンヒョン(馬医)はそれぞれどのような時代関係にあるのか調べてみました。

王様の名前(ヨミガナ) 在位期間 在位年数 ドラマ放送局 ドラマタイトル 王役の役者名 ドラマからの情報(事実かどうかは不明です)
1代王 太祖(テジョ) 1392-1398 6
2代王 定宗(チョンジョン) 1398-1400 2
3代王 太宗(テジョン) 1400-1418 18
4代王 世宗(セジョン) 1418-1450 32
5代王 文宗(ムンジョン) 1450-1452 2 NHK 王女の男 チョン・ドンファン 端宗(上王)の父。
6代王 端宗(タンジョン) 1452-1455 3 NHK 王女の男 ノ・テヨプ 上王(サンワン)。敬恵王女(キョンヘ)の弟。
7代王 世祖(セジョ) 1455-1468 13 NHK 王女の男 キム・ヨンチョル 首陽大君(スヤンテグン)。
8代王 睿宗(イェジョン) 1468-1469 1
9代王 成宗(ソンジョン) 1469-1494 25
王様の名前(ヨミガナ) 在位期間 在位年数 ドラマ放送局 ドラマタイトル 王役の役者名 ドラマからの情報(事実かどうかは不明です)
10代王 燕山君(ヨンサングン) 1494-1506 12 NHK チャングムの誓い チョン・ギソン
11代王 中宗(チュンジョン) 1506-1544 38 NHK チャングムの誓い イム・ホ チャングムが主治医として仕えた王様。
12代王 仁宗(インジョン) 1544-1545 1
13代王 明宗(ミョンジョン) 1545-1567 22 オクニョ ソ・ハジュン ムンジョン テビ(文定 大妃)の息子。お忍びの外出で、身分を隠してオクニョと密会を重ねる。
14代王 宣祖(ソンジョ) 1567-1608 41
15代王 光海君(クァンヘグン) 1608-1623 15
16代王 仁祖(インジョ) 1623-1649 26 NHK 馬医 ペク・クァンヒョンの父カン・ドジュンに医者の道を奨めた世子を仁祖王は暗殺を企てる。
17代王 孝宗(ヒョジョン) 1649-1659 10
18代王 顕宗(ヒョンジョン) 1659-1674 15
19代王 粛宗(スクチョン) 1674-1720 46 NHK トンイ チ・ジニ 王位年数歴代2位
王様の名前(ヨミガナ) 在位期間 在位年数 ドラマ放送局 ドラマタイトル 王役の役者名 ドラマからの情報(事実かどうかは不明です)
20代王 景宗(キョンジョン) 1720-1724 4
21代王 英祖(ヨンジョ) 1724-1776 52 NHK イ・サン イ・スンジェ イ・サンの祖父。
22代王 正祖(チョンジョ) 1776-1800 24 NHK イ・サン イ・ソジン ドラマの主人公イ・サン本人。
23代王 純祖(スンジョ) 1800-1834 34
24代王 憲宗(ホンジョン) 1834-1849 15
25代王 哲宗(チョルジョン) 1849-1863 14
26代王 高宗(コジョン) 1863-1907 44
27代王 純宗(スンジョン) 1907-1910 3

いまはNHKの韓国ドラマしか見ていませんが、

韓国王朝の宮廷を取上げたドラマはいくつもあるようで民放でもよく放送されているようです。

本当は見たいのですが、いまはNHKでせいいっぱいです。

ほかの民放で放送されているドラマでは色んな王様がでてくるのでしょうね。

今後、観たり、調べたり、わかったら情報を追加していこうと思います。

歴代王さまの名前、在位はwikipediaより引用させていただきました。

 

 

広告:武庫之荘のパート

ポイント還元のからくりにだまされない!やっぱり現金値引き

最近はどこのお店でもポイントがたまるという制度をしていますね。よく利用する店ではとりあえずポイントカードを作っていますが、ポイントをためていることにメリットがあるのかどうかわからないまま、お店のいいなりにポイントをためているケースもあるのではないでしょうか。

元祖ポイントシステムといえばポイント還元を謳う家電量販店でしょうか。ポイント10%還元、15%還元、20&還元などといってお客の購買意欲をあおります。買う側にとってはポイント還元分だけ値下げしてくれているんだなというお得感があります。

現金値引きをしている家電量販店はどちらかというと少数派かもしれません。お店にとってもやはりポイント還元、ポイントカードで顧客を囲い込んだ方がメリットがあるんでしょうね。

しかしながら、わたしくしマットはどちらかというと現金値引き派です。ポイント還元はあくまでポイントであって値引きではない。というのが理由です。それにポイント還元のからくりで1つ嫌なところがあります。

それはポイントで購入した際のポイント分はポイント還元の対象にならないからです。例えば、10万円の冷蔵庫を10%のポイント還元で購入するとします。

10万円の10%なので1万円分のポイントを還元してくれます。次回の買い物のときに、同じく10万円で10%ポイント還元のパソコンを前回貯まった1万円のポイントを使って購入すると現金9万円とポイント1万円分を支払うわけですが、このとき10%還元対象になるのは現金で支払った9万円分だけなのです。

買う側としては10万円のパソコンを10%還元なので1万円相当の値引きで買ったつもりが、還元されるのは現金9万円分の10%で、実質の値引きは9千円です。

買う側は1万円の値引きと感じて購入しているのに、実際は9千円の還元しかしてくれていないわけです。これが家電量販店のポイントのからくりです。

つまり、ポイントを使うほど店頭で感じるお得感ほどの得をしていないわけです。ポイント還元と謳うときは「現金支払い分」という断りを入れないと、お客をだましていることにならないのでしょうか。私は還元の文字を見る度にだまされている気がします。なのでわたしは現金値引き派です。

現金値引きならだまされることはありません。純粋な値引きなところが私は好きです。

カップラーメン、カップヌードルのお湯の量は280mlです

こんにちはマットです。11月も半ばを過ぎいよいよ冬本番です。

先日、私は武庫川の河川敷のコスモス畑を観に行ってきました。何年前からか、この季節には武庫川のコスモス畑に行くのが恒例行事となり、秋の楽しみの1つです。初めてコスモス畑に行ったときは河川敷一面がコスモスに覆われ、その美しさにけっこうな感動を覚えました。それから毎年、想像はついているんですが行く度に感動しています。武庫川のコスモス畑はボランティアの人たちが種植えから管理までしていただいてるんですね。最近はそんな感謝も覚え、募金箱に僅かながらの寄付をさせてもらっています。

コスモス畑が見られる時期になると臨時の駐車場が出来て、協力金という名の駐車場代が300円ほど徴収されますが、あのコスモス畑の美しさやボランティアで準備や管理をしていただいていることを思うと300円なんて安いものですね。

コスモス畑に行くときに楽しみの1つがお弁当です。この季節なので寒かったり、暖かかったり、日向だと暑かったり、日に当たってないと寒かったり、いろいろなのですが、レジャーシートを敷いて毎回お弁当を食べます。最近は外で使える折り畳み式のテーブルも重宝しています。

そのお弁当の中でも楽しみにしているのがカップラーメンです。わたくしマットは外で食べるカップラーメンが大好きです。いつもカップヌードル風(かやくの袋などを破る必要のないやつ)のお湯を注ぐだけで食べられるカップラーメンを用意して、ステンレスの魔法瓶タイプの水筒にお湯を入れて持っていきます。

コスモス畑だけではなく、春先や秋のお弁当を持っていく行楽にはけっこうカップラーメンを持参します。外で食べるカップラーメンは美味しいし、周りの人たちが「いいなぁ」とか「美味しそう」というふうに見ているのもなんだか心地が良いものです。もしかしたら、冷たい視線を送られているのかもしれませんが...。

お湯を持参してカップラーメンを外で食べるようになった当初、困ったのはお湯の量です。例えば、カップヌードルを3個食べるというとき、いったいどれだけの量のお湯を用意すれば良いのか、非常に悩んだものです。

保温が効くステンレスタイプの水筒は大きいやつで内容量がだいたい1リットル前後のものが多いです。お湯を外にもっていくときはお湯が冷めないように熱々のお湯を水筒に隙間ができないようにたっぷり入れるのがポイントです。1リットルほどのお湯で果たして3人分のカップヌードルのお湯は足りるのでしょうか。

今回、コスモス畑に行くためにカップラーメンを調達していると、当初、悩んでいたお湯の量の悩みをふっ飛ばすくらいのカップラーメンに出会いました!それは、カップラーメンの蓋のところにお湯の目安量が大きく印字されているカップラーメンです。まるで私の悩みを知っていたかのようです。というかもう少し早くこのラーメンに出会いたかった。お湯の量は280mlということで、1リットルのお湯をもっていけば、3つのラーメンを食べることができます。

このラーメンはイオングループのPBブランドのカップラーメンで、見た目と味は日清のカップヌードルと大差ありません。日清さんがつくっているんですかねぇ~。いつも買うところでは1個88円です。味はノーマルに、シーフード、カレーがあります。どれも美味しいです。

カップヌードルとカップの大きさもほとんど変わらないので、たぶん日清のカップヌードルも280mlで足りるのではないでしょうか。ただ、最近は麺の量がすくないスープヌードルとかも出ていてスープヌードルだとお湯はもう少し必要なのかな?

とにかくこのラーメンの蓋に表示されているお湯の目安量に感激しました。

武庫川のコスモス畑、お奨めです。カップラーメンを食べるのもお奨めです。

参考リンク

日清カップヌードルの公式サイトでお湯の量について述べられています。