NHK韓国ドラマ、王女の男の次は太陽を抱く月、2013年放送予定

<追加情報です>

太陽を抱く月は、2013年5月現在、NHKのBSプレミアムの毎週日曜の夜9時で放送中です。太陽を抱く月の次回作のドラマの話題はこちら「太陽を抱く月の次は」をご覧ください。

<追加情報、おわり>

韓国時代劇ドラマにはまっているマットです。ただいまNHKのBSプレミアムで放送されている韓国時代劇ドラマ「王女の男」(日曜、夜9時から)を毎週楽しみに見ています。しかし、その王女の男の放送も終盤となり、最終回まで残り僅かとなっています。

王女の男のドラマ放送が始まったころは、これまで放送されていたイサンやトンイと比較してやや恋愛色が強かったので、王女の男を見始めたころは何となく違和感があったのですが、ドラマを見て行くうちに、権力争い、復習、恋愛が混じり合った今までにないドラマ展開にいつの間にか惹かれ、毎日、日曜の夜のNHKの韓国時代劇ドラマの時間を楽しみにするようになっていました。

そんな王女の男が終わりに差し掛かろうとしている今、最終回までの展開も気になるところですが、それと合わせて王女の男の次のドラマが何になるのか気になっています。2013年はどんなドラマが放送されるのでしょうか。

これまでのNHK韓国時代劇ドラマの枠では、最終回が近付くにつれ、次に放送されるドラマの予告があったので、そろそろ次のドラマの予告があってもいいころと思いつつ、NHKの海外ドラマのホームページを見ても特に次回のドラマに触れられておらず、、もしかすると、もうNHKのBSプレミアムの韓国時代劇の枠もネタ切れ、日曜日の夜9時の放送枠がなくなってしまうのでは?という心配もしていました。

しかし、最近になって次回のドラマ情報を発見しました。NHKのホームページで2013年1月から今までと同じ日曜日の夜9時から新しい韓国時代劇ドラマが始まるそうです。

そのタイトルは「太陽を抱く月」。キャストはハン・ガイン、キム・スヒョン、チョン・イルほかと書かれています。キャストの名前を聞いてもよくわかならい。キャストの顔を見たらわかるかも。

NHKのホームページ情報によると、次回より始まる太陽を抱く月は、朝鮮王朝時代の架空の王と記憶を失った巫女(みこ)の愛を描いたファンタジーロマンス時代劇と書かれています。これまで放送された王女の男などは実在していた歴代王を絡めたストーリーなので、架空の王というのは個人的に少し残念ですが、太陽を抱く月というのは韓国で100万部以上のベストセラーとなった小説をドラマ化しているようです。それなりに支持されたストーリーということでしょう。

インターネットで太陽を抱く月の視聴率を検索したところ、韓国で放送されたときの視聴率はかなり高かったようです。こちらのホームページ情報では太陽を抱く月の第11回放送分(全20回)の韓国国内の視聴率は30%後半から40%を獲得しているという話です。日本国内と視聴率の数字とは単純に比較できないのでしょうが、韓国でも高い視聴率を獲得していて話題になっているようです。太陽を抱く月の視聴率について

NHKのホームページでは太陽を抱く月のサイトがプレサイトでまだ準備中となっていますが、ドラマは全20回で、2013年1月から放送です。放送日が決まり次第発表という記載です。

NHKホームページ、太陽を抱く月

とにかく、王女の男の次も韓国時代劇が見られるということで安心です。2013年1月からも太陽を抱く月に夢中になれるといいですね。

 

 

武庫之荘のPIA(ピーアイエー)さんにテナント事務所を仲介してもらいました。

武庫之荘でテナント事務所を探すことになったときのことです。支店の事務所を移動することになり、まずはテナントの物件探しです。いまはインターネットで間取りや家賃を検索できるサイトがいくつかあるので、数日間、いろんなテナントサイトをネットで見ていたのですがあまり良い物件は探せませんでした。

次は自分の足を使っての物件探しです。武庫之荘駅周辺などを自分でまわり、良さそうな物件がないか探し回りました。1件だけ、武庫之荘駅からはやや離れていたのですが、ここに入りたいと思う雑居ビルがあり、ビルの表に管理会社の連絡先があったので電話してみました。残念ながら空いているテナントはありませんでした。

やっぱり不動産屋さんに直接行って探さないといけないかなと思い始め、どこの不動産屋さんに頼むかということに。過去の経験からですが、不動産屋さんの中には希望の物件とは全然違う店側の都合の良い物件を押し付けるという感じのところもあります。なので不動産屋に仲介してもらうときはやや慎重になってしまいます。

どこの不動産屋さんにしようかと思っていたとき、住宅のチラシですが、わかりやすい丁寧な感じのものがあってそこのお店に電話をしてみました。電話の感じはとても良かったのですが、そこのお店は販売専門だそうで、武庫之荘近くの賃貸物件の仲介をしている不動産屋さんを紹介してくれました。紹介だったら悪いようにはしないだろうと思い、紹介された不動産屋さんに訪問しました。そこは住宅賃貸をメイン扱う仲介業者さんで、テナント物件を資料いくつか紹介してくれたものの希望に沿うものはありませんでした。「少し前なら良いテナントがいくつかあったんだけど」と言っていましたが、出たら連絡をくれるということで引き上げ。

そういえば、武庫之荘に店舗やテナント事務所向けの不動産会社があったのを思い出し、電話のうえ訪問しました。お店は武庫之荘の北側にあるPIA(ピーアイエー)さんです。PIAさんのお店にいったら資料のFAXを送るところだったのにと言われましたが、こっちも直接訪問して真剣に探しているということをお店の人に知ってもらった方が良いという思いで。(PIAさんの情報は最後に)

お店に行って正解、テーブルの上にあるパソコンからいろいろな物件を検索してくれて紹介してくれました。そのデータベースにはカラーの写真もあって、写真の雰囲気などはFAX資料では伝わらないので訪問して良かったと思いました。

その中の1つに希望に近い物件があり、早速、物件を見に行くことにしました。物件の現物も希望に近く、周辺環境も良かったので、だいぶ惹かれました。ただ、細かなところで気になるところがあり、案内してくれた担当の方に相談すると、物件オーナーに相談してくれるとのこと、他にも、色々とアドバイスやチェックポイントを教えてくれました。後で検討するために物件の写真撮影をして帰りました。

後から不動産屋の方に相談した件について、オーナーの回答の連絡があり、条件面を明確にしてくれたので、契約する意向を伝え、後は段取りよく契約を進めることができました。

良い物件に出会ったのも良かったのですが、何より不動産屋さんが親切で、いろいろこちらの立場に立って案内や契約を進めてくれたのが想像以上に良かったです。そういう意味で良い不動産屋さんに出会えたことに尽きる物件探しでした。

PIA(ピーアイエー)さんは、事業用不動産専門の会社です。店舗、事務所、倉庫、工場などの物件を中心に扱っていて、店舗の内装や外装の工事施工もしてくれます。PIAのホームページ

 

 

豊中市のふれあい緑地を満喫してきました。駐車場とトイレのことも

秋の3連休、どこか大きな公園にお弁当をもって遊びに行こうということになり、豊中市にあるふれあい緑地に行ってきました。

服部ビオパーク

このふれあい緑地は、伊丹空港に着陸する飛行機の航路の真下で、公園の上を着陸態勢に入っている大きな飛行機が飛ぶのも一つの魅力です。ふれあい緑地のことを飛行機が飛んでくる公園と子ども達に説明すると「あそこの公園か」と理解してくれます。ふれあい緑地は豊中の方に用事があったときに何度か寄ったことがあって子どもたちも大好きな公園です。駐車場も完備されて行きやすく、公園のそばにはコンビニもあります。ちょっと難点もあり、駐車場やトイレのことなどは最後に書きたいと思います。

ふれあい緑地の中にある服部ビオパークには楽しい遊具が揃っていて、特にすべり台が魅力的です。すべり台はいくつかありますが、中でも大きなすべり台が2つあります。距離の長いすべり台と幅が広くてみんなで滑れるすべり台。子どもたちは飽きずに何度も滑っています。

服部ビオパークには他にも楽しい遊具があって、うちの子供もは吊り輪のうんていが大好きみたいで、マメが出来るくらい頑張っていました。ブランコと鉄棒は見当たらなかったような気がします。1歳から2歳ぐらいの子どもが遊べる遊具もあり、砂場もあります。

ふれあい緑地は、道路を隔てていくつかのエリアに分かれていて、遊具のある公園も服部ビオパーク以外に1箇所あったり、そのほかに、遊具のない広い野原のような公園もあります。今回はそこで持参したピクニック用の小さなテーブルでお弁当を食べて、バドミントンやフリスビー、長なわとびをして遊びました。自転車の練習をしている子もいたり、少し丘になっているようなところがあったので、家にあるストライダーを持ってきても、ここの公園だったら安全に遊べると思いました。

野原の公園エリアで遊んだあとは、子どもたちが服部ビオパークの遊具で遊びたいと言い出したので、遊具の公園に移って長い間遊びました。朝から一日遊んで、最後はコンビニでアイスクリームを買って、公園で食べて帰りました。豊中のふれあい緑地で一日楽しく遊びました。子どもたちも大満足のようでした。

最後にふれあい緑地の情報を少し、豊中市が飛行機の着陸航路で居住区にできないエリアを緑地公園に整備した公園で、遊具エリア(服部ビオパークほか)プールやテニスコート、野球場もあります。ふれあい緑地には駐車場もあって、最初の30分は無料、その後、30分ごとに100円です。一つ、難点としては子どもたちが遊ぶ遊具のそばにトイレがないことです。公園内にはテニスコート横の建物にきれいなトイレがあるし、他にもいくつかトイレがあるようですが、もうちょっと増やしてほしいという感じです。コンビニはセブンイレブンが近くにあるので、ちょっとした買い物に便利です。

(上の写真は駐車料金、最初30分は無料、その後30分ごとに100円と書いています。)

また、天気の良い日にふれあい緑地に遊びに行こうと思います。

豊中市のふれあい緑地のホームページ

くもんに通うのは良いことなのか、通っている実体験から

子どもは幼稚園の年中にあがったときからくもんに通い始めました。国語と算数を続けて1年半が経ちます。親である自分たちもくもんをしたことがなかったのですが、子どもが幼稚園の年中になったらくもんに行かせようと決めていました。特別に大きな目標があったわけではないですが、小さい子どもの内に勉強する習慣がつけばという思いがありました。

週のうちに2回、くもんの教室に行く日があり、くもんの教室では2時間ほど勉強してきます。勉強と言っても授業があるわけではなく教室でもプリントをしているようです。初めてするプリントなどは先生が教えてくれて、あとはひたすらそのプリントをします。その日の目標のプリントが出来て、時間があまっていると全体レッスンという歌や言葉遊びの時間に参加しますが、プリントが終わっていないと、そのレッスンには参加できません。初めてのプリントのときや難しいプリントのときは時間がかかってレッスンに参加できないようです。

子どもはレッスンの時間が楽しいようです。プリントをしているよりレッスンが楽しい、もしくは、プリントが早く終わった達成感ということがあると思うのですが、くもんの教室が終わると「今日はレッスンに出られた!」と嬉しそうに話してくれます。迎えにいくと泣きながらプリントをしているときも時々あります。

このレッスンですが、公文の教室によって実施している教室と、していない教室がたぶんあると思います。わたしも公文の教室でそんな全体レッスンみたいなのがあるとは通うまで知りませんでした。

特に算数をしている様子をみていると、1年半通って、どれくらい勉強ができるようになったか分かりやすいのですが、初めは数になれるプリントから始まって、足し算、引き算、掛け算、割り算と進み、今では分数の足し算をしています。国語の方はどれくらい進んでいるのかよくわかりませんが、この前、小学1年生で習う主な漢字というのがあったので、子どもにみせたら、ほとんど読めていました(書けるかはわかりません)。

予想以上に進度が速くてびっくりしています。子どももよくやっているなぁと感心します。公文に通い始めてわかったことが色々あります。まず、公文は公文でも、どこのくもんの教室に通うかによって方針や力の入れ具合が違い、子どもの勉強の進度なども違ってくるということです。

別のくもんの教室に通っている同じぐらいの年齢の子の話を聞くと、よくわかりました。うちの子が通う教室は進度を重視しているようで、けっこうハイペースで進ませるのが特徴のようです。別の教室では、じっくり進ませるといった方針のところもあるようです。

ときどき公文が発行しているレターをもって帰ってきますが、そこには学年別の全国の上位進度者のベスト20が載っています。当然、うちの子供はベスト20なんかに入っていません。ときどき認定証というのをもらってきて、全国何位と県内何位というのを教えてくれます。その全国ベスト20には、うちの子供が通う教室の生徒が何人か入っています。

通っている教室の先生が早く上位に進度することを奨励しているということだと思います。そもそも公文そのものの方針が「自分の学年より3学年先に進む」ということを奨励しています。それは、公文で先に勉強することで、学校の勉強についていけないということを無くし、勉強に対する自信がつき、しっかり勉強できるようになるということらしいです。

毎年、公文が主催する「上位進度者のつどい」というのが全国各地で開催され、自分の学年より3学年以上進んでいる科目が1つでもある生徒が招待され、記念のオブジェをもらえて舞台に立てるというイベントがあります。うちの子供も2年目で初めて招待され、つどいに行ってきました。

公文は公文でも、きっと今の教室に通っていなかったら、3学年先には進めていなかったと思います。幼稚園のときから3学年先に進むということが良いことなのかどうか、正直、わからないこともあります。でも、教室でも家のテーブルでも泣きながらプリントをしたり、毎日毎日プリントをして、頑張っている姿を見てきたので、その努力の結果として、上位進度者のつどいでオブジェをもらえたのは本当に良かったと思います。子ども自身も頑張った努力が結果として表れてすごく喜んでいます。

くもんの生活は子どもも大変ですが、親も大変です。そのことに関しては、また書きたいと思います。

 

武庫之荘の床屋、シーム.BBに行きました。料金、営業時間など

武庫之荘にある床屋さんに行きました。行っています。床屋なので男性客が多い店ですが、女性のお客さんが来店しているのも何度か見かけたことがある床屋さんです。なので男性にはもちろん、女性にもお奨めの床屋さんです。

お店はseem.B.B.(シームbb)という名前の床屋さんです。

場所は武庫之荘駅から東に向かって道意線に出て、道意線沿いを少し北に行くとseem.BBのお店があります。富松町食堂の真向かいです。住所は、尼崎市武庫之荘東2-25-26 グラディ武庫之荘102 駐車場もあります。駐車場はお店より約20m北に行った所の駐車場内にに2台確保されています。駐車スペースにはseem.bbという立て札があります。

seem.BBはオープン当初にチラシが入っていたのがきっかけで行きました。当時、勤めていた会社のそばでカット料金が良心的な価格設定というのに惹かれました。

その料金ですが、カット料金はシャンプーと髭剃り込みで2400円です。カットだけだと1600円、シャンプー400円、髭剃り400円です。シャンぷーか髭剃りかどちらかだけを頼むと2000円です。いずれも税込価格です。チラシをもらってきたので料金メニューを掲載しておきます。

【料金メニュー】

[MENS/男性]

カット(シェービング・シャンプー含む)

大人 2400円

中高生 1900円

60歳以上 2000円

カットのみはいずれも1600円(シャンプーまたはシェービングは400円)

 

[WOMENS/女性]

カット(シャンプー、ブロー含む) 2400円

シェービング 2100円

 

[子どもカット]

小学生 1000円

小学生未満 900円

シャンプーはプラス200円

 

[パーマ(カット込み)]

パーマ 5500円~

縮毛矯正 9500円~

 

[カラー(カット込み)]

グレー 4500円~

ファッション 5500円~

 

[その他]

トリートメント 1500円~

ヘッドエステ 1500円~

以上のような料金体系です。※料金は2012年現在です。正確な料金はお店に直接問合せてください。

カット料金はお安い割には、普通の床屋さんと変わらないサービス、技術です。手抜きがあるということは一切ありません。最後の髪型のセットまでしっかりしてくれます。

カットする際は髪型について相談にのってくれたり、要望も聞いてくれます。たぶん、理想のカットモデルの写真などがあれば、持って行けば対応してくれると思います。お店にも確かヘアカタログがあったと思います。

それから、予約もできますし(予約優先です)、予約の際にカットしてくれる方の指名もできます。いつも同じ方が髪を切ってくれるので、任せて安心です。指名料などはありません。

カット以外にも、パーマやカラーなどもしてくれますよ。頼んだことがないので料金は不明です。詳しくはお問合せください。カット料金からするとそんなに高くはないのでしょうね。

そして、seembbの定休日は床屋さんにしては珍しく木曜日です。なので、月曜も営業している床屋です。

来店する客層ですが、小さなお子さんから若者、年配の方もいらっしゃいます。店内も小奇麗で女性のお客さんもいるし、皆さんに愛されているという感じです。曜日や時間帯によってお客さんの層もちがうのかもしれません。

シーム.bbの営業時間ですが、

平日は朝10時から夜8時まで。

土日祝は朝9時~夜7時まで。

パーマ・カラーの受付は閉店時間の1時間前です。

今回は武庫之荘にある床屋さんシームbbのご紹介でした。興味のある方は一度行ってみてください。最後にお店の連絡先をのせておきます。電話番号:06-6438-8367です。

マットでした。

 

アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかんの電池は単三2本。

もうすぐクリスマスですね。わたくしマット家でもクリスマスプレゼントをどうしようか考えているところです。今日は楽しいおもちゃの紹介です。

アンパンマン おしゃべりいっぱい ことばずかんというおもちゃをもらいました。我家の子供たちが2歳と5歳のときにもらったのですが、その当時から1年経った今でも好んでよく遊んでいます。特に3歳の子は大好きのようです。子どもが夢中になるだけあって、これがなかなか良く出来たおもちゃなのでご紹介します。

おもちゃは見開き式の本のようになっています。おもちゃの図鑑です。開くとタッチペンが入っていて、このタッチペンは電池(単三2本)式で、基本はアンパンマンの声でしゃべります。そのほかのドキンちゃんやバイキンマンなどの声も出てきます。

タッチペンから声や音楽が流れるので、ハードに使うと電池の減りはけっこう早いですね。電池の交換のタイミングもタッチペンから音声で教えてくれます。タッチペンからも子どもからも電池の交換の催促をされるわけです。楽しそうに遊んでいるのですぐに電池交換してあげますが。タッチペンの音量も図鑑に音量調節のページがあるので、そこで音量を大きくしたり小さくしたりできます。電池の減りも考えると出来るだけ音は小さくして遊んでほしいので、こっそり音量を小さくしても、すぐに気づかれます。

このことばずかんの遊び方ですが、いろんなシチュエーションのページがあって、そこに出てくる絵は文字をタッチペンで触れると、それに関する名前や、音、読み方がアンパンマンの声や音で出てくるのです。タッチペンのスイッチをオンにすると「ずかんをペンでタッチしてね」とアンパンマンが指示します。

それから各ページには、クイズがあります。例えば、乗り物のページの場合はクイズが3種類あって、1つのクイズは、「電車はどれかな?」というような乗り物当てクイズ。子どもはタッチペンで正解だと思う乗り物を指すと「正解!」とか「あれれ?ちがうよ電車はどれかな?」というようにアンパンマンの声で応えてくれます。

2つめは、「で」で始まる名前の乗り物はどれかな?(電車を指すと正解)というような最初の言葉から乗り物を当てるクイズ。

3つめは、音クイズ「ピーポーピーポー」という乗り物の音が鳴るので、その音の乗り物を指すと正解という感じです。

乗り物以外にも、動物園のページでは動物の鳴き声のクイズや楽器のページにも音当てクイズがあるし、その他にも、水族館のページ、家の中もの(テーブルや電化製品など)、スーパーの中、商店街(魚屋さんなど)、野菜、食べ物などのページがあります。

また言葉ずかんというタイトルのように、あいうえおの五十音、アルファベットのページもあり、それぞれタッチペンで音を聞きながら遊べます。

楽器のずかんのページはアンパンマンのキャラクターたちが色んな楽器を演奏している絵があります。それぞれの楽器の音がタッチペンから流れます。ピアノの鍵盤もついているのでドレミの音階も音で聴くことができます。

あいうえおの五十音とページとアルファベットのページもあります。五十音のページは文字を音で聴けるので、ことばの勉強もできるし、五十音、それぞれのアンパンマンのキャラクターが並んでいて、キャラクターの名前を覚えるのも楽しいみたいです。

子どもの記憶力というか、吸収力はすごいので何でも覚えてしまいますね。それに大好きなアンパンマンなので勉強しているというより、遊んでいるうちに自然といろいろな動物や物の名前、音などを理解していくみたいです。

「あんぱんまん おしゃべりいっぱい ことばずかん」のご紹介でした。

誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントにぴったりのおもちゃだと思います。アンパンマン好きのお子様にお奨めです。