新島襄と新島八重の墓の行き方(1)、電車、バス、車でのアクセス編

NHKの大河ドラマとして新しく放送が開始されている「八重の桜」。放送開始から1ヶ月半が経ちますが視聴率も好調のようですね。まだ放送が開始されたばかりですが注目度や評判も高く、これからも大河ドラマの放送が楽しみです。
ご存知のとおり、八重の桜は綾瀬はるかが演じる新島八重の生涯を描いた大河ドラマです。新島八重は同志社大学の創立者である新島襄の妻となる人物です。同志社大学の創立者が新島襄であることは有名ですが、その妻となる新島八重はどんな人物なのか、存在すら知りませんでした。大河ドラマも放送が開始されたばかり、これから長く付き合っていく主人公の新島八重のことをインターネットで調べていると、京都の東(左京区)の永観堂、南禅寺の近くに新島八重のお墓があることを知り、墓所を訪ねてみました。NHK大河ドラマ「八重の桜」の放送回数を重ねるに連れ、八重の墓所を訊ねたいという方も多いのではないでしょうか。墓所までの行き方をご案内したいと思います。

(写真は同志社共同墓地、中央は新島襄の墓石、その左が新島八重の墓石)
【墓所の場所】
住所:京都市左京区鹿ヶ谷若王子山町 京都市営若王子墓地内 同志社墓地
場所としては、永観堂、南禅寺の東側の山の中です。哲学の道の南側の始発点(終着点)のそばにある熊野若王子神社(くまの にゃくおうじ じんじゃ)の脇に山道の登り口があります。墓所までは登り口より徒歩で20分ほどです。山道の様子はその2で写真付きで案内しています。
熊野若王子神社までは京都主要各駅からバスで10分~30分、バス停から登り口までは徒歩で7~8分で、そこから山道を20分ほど歩きます。詳しい行き方は下のアクセス方法の欄に記載しています。

【墓所に行く前に知っておきたいこと】
(1)墓所は山の中にあります。登り口からは山道を大人の足で20分ほど登ります。革靴などでも登れると思いますが、山道に適したスニーカーなど歩きやすい靴をお奨めします。
(2)子どもを2人連れていきました。1人は3歳半になろうとする小さな子どもですが、元気に1人で歩いて墓所までたどり着くことができました。
(3)冬の寒い日に登りましたが、子どもは登り途中に暑くなったようで、上着を脱いで体温調節しました。墓所に到着すると寒かったです。冬や夏に応じた寒暖差や発汗対策にも備えましょう。
(4)冬の山道は霜が融けてぬかるんでいる場所が一部ありました。気をつけないと靴がすごく汚れると思います。雨の日も足場が悪そうで注意です。
(5)新島八重の墓石がある同志社墓地は京都市営の若王子墓地の中の一角にあります。一般の方々のお墓が沢山ある共同墓地(霊園)の一角です。楽しむような雰囲気の場所ではありません。
(6)お店や人が常駐している建物はありません。お弁当を食べるような場所はありません。トイレは見当たりませんでした。

【山道登り口(熊野若王子神社)までのアクセス方法】
[電車での行き方]
①電車からバスに乗る
JR京都駅、阪急河原町駅、京阪三条駅、地下鉄東山駅のいずれかの駅で下車をして、京都市バス5番系統の岩倉操車場ゆきに乗り、「南禅寺・永観堂道」のバス停留所で下車してください。
京都市バス5番系統バスへは上記各駅から乗り継げます。各駅から「南禅寺・永観堂道」バス停までの乗車所要時間は、京都駅から34分、四条河原町駅から16分、京阪三条駅(三条京阪前)から9分、東山駅(東山三条)から7分です。
バスの運賃は各駅から全て220円です。
(JR京都駅からは100番系統・銀閣寺ゆきバスに乗り「東天王町」バス停下車でも熊野若王子神社へ徒歩で行けます。100番系統バスの乗車時間(京都駅―東天王町)は28分、運賃220円、バス停から登り口まで徒歩8分です。)

※京都市バスに乗り慣れていない方
京都市バス5番系統に乗車するときは整理券をとって、降車時に整理券と運賃を一緒に運賃箱に入れましょう。運賃箱のそばには両替機もありますが、両替と支払は別々に行うタイプの機械です。

②バス停から山道登り口(熊野若王子神社)までの徒歩
「南禅寺・永観堂道」のバス停を下車すると、周辺地図があり熊野若王子神社、新島襄・八重の墓地が地図に載っているので行き方をチェックすると分かり易いです。

山道の登り口である熊野若王子神社までは徒歩で7分です。
道順は、乗って来たバスの進行方向に向かって進み、最初の四つ角を(東に)右折します。ここの四つ角には新島襄・新島八重の墓の方向を示す標識があります。


(京都駅から100番系統バスに乗った場合、「東天王町」で下車して、停留所そばの交差点を南下すると標識のある四つ角があり、(東に)左折します)

四つ角を曲がったら、後は真っすぐ緩やかな坂道を登っていくと付きあたりに熊野若王子神社があり、山道登り口に到着します。熊野若王子神社は哲学の道の始点にあたります。

 

上:ここを登ると熊野若王子神社、その奥に山道登り口があります。

熊野若王子神社(登り口)から新島襄・八重の墓所までの道順を行き方(2)で写真付きで紹介しています。そちらをご覧ください。
[車での行き方]
カーナビで熊野若王子神社と設定できれば到着すると思います。ただ、%E

鼻腔が狭い鼻詰まり改善のレーザー手術を受けました。尼崎から大阪の耳鼻科へ

昔から鼻づまりの傾向がありました。普段はあまり気にならず風邪をひいたときなどはそれが顕著に出て、風邪は治っても鼻づまりだけが長引き、鼻声で過ごす苦しい時間がとても嫌でした。

いつものように風邪の後に鼻づまりが長引いたので尼崎市内の耳鼻科に行って診てもらいました。鼻の中をスコープで見てくれましたが、普通の人より鼻腔(鼻の通り)が狭いから少しの腫れでも鼻づまりがすぐに起きると言われました。加えて、「鼻腔が狭いのはレーザー手術でも治療できるんだけどね」と、レーザー治療を奨められるわけではなく、耳鼻科の先生が独り言のように言っていました。そこの耳鼻科では手術は行っておらず、レーザー手術を希望すると他の病院を紹介してくれるのだと思います。

そのときはレーザー手術で鼻詰まりが改善するなんて考えもしなかったことなので、すぐにお願いすることは無かったのですが、その後、何度か風邪を引き、鼻づまり、鼻声の症状が発生する度にレーザー治療のことを思い出し、レーザー治療で鼻腔の狭いのが改善されるなら手術を受けたいと思うようになりました。

いつも診てもらっている尼崎の耳鼻科の先生のところに行って、レーザー手術を行ってくれる病院を紹介してもらっても良いのですが、紹介されるために耳鼻科に行くというひと手間が嫌で、インターネットで鼻腔のレーザー手術をしてくれる病院を自分で探しました。

【病院探し】

地元の尼崎ではアレルギー性鼻炎のレーザー治療、花粉症などの治療としてレーザー手術をしてくれる耳鼻科はありましたが、鼻腔が狭いのを改善するレーザー手術をしてくれる病院はネット上では見つかりませんでした。尼崎の近隣の西宮、伊丹でも探しましたが同じく見つかりませんでした。

神戸、大阪に広げて検索すると、大阪に鼻腔を広げるためのレーザー手術をしている病院がありました。大阪といっても尼崎からはやや遠い場所の病院でしたが、手術の説明がネットにあったのと、日帰りで手術をしてくれるようで、メールでの問い合わせにも対応してもらえ、手術内容や費用などを教えてくれたので、そちらの病院でレーザー手術をしてもらおうと思い病院に行きました。

【初診の内容、手術の選択、料金】

病院に初めて行く前に電話をして、事前にメールで問い合わせをしたことを添えて、鼻腔が狭く、鼻づまりを改善するレーザー手術を受けたいことを伝えました。回答としては、いつでも良いので初診を受けてください、とのことでした。

そして、初めてその大阪の耳鼻科に行きました。鼻の中を動画で撮影され、レントゲン、CTスキャンも受けました。そして、その動画や写真などで自分の鼻の中の通りについて説明してくれました。結果として、鼻腔が狭いうえ、鼻の奥の骨も湾曲していて、それも鼻の通りを狭くしている原因とのことでした。ただ、鼻の骨が湾曲しているのは珍しくなく、普通の人でも多少の湾曲があるようです。先生からは、鼻腔の通りを良くして鼻詰まりを改善するレーザー手術と、鼻の奥の湾曲した骨を治療する手術と2つ提案されました。鼻の骨の湾曲を治療する手術では、同時にレーザーで焼く手術もしてくれるとのことでした。

どちらも日帰りの手術が可能ですが、手術料金は、レーザー手術だけなら約1万円、骨の手術をすると約3万5千円とのことでした。

せっかくなので骨の湾曲を改善して鼻の狭さを根本的に治してもらいたいと思い、骨をいじる手術をお願いしました。先生の診療が終わったあと、手術のための血液検査と看護師の方から手術の説明がありました。

【手術の予約】

まず手術の日どりを決めましたが、予約できる日にちは最短で6ヶ月以上も先でした。それから、手術は日帰りですが、手術をするための事前の検査や説明のために、手術日の前に2回ほど病院に通わないといけないようで、その日程も決めました。ただ、自分としては手術をやる気満々になっているのに半年以上も待たないといけないのは少しがっかりでした。 

「レーザー手術だけであれば、もう少し早くできるか」看護師の方に尋ねたら、1ヶ月先の予約が可能で、レーザーで焼く手術は、その当日の時間に来てもらえば、その場で手術をしてくれるとのことでした。

また、レーザーで焼く手術をして、鼻の通りの具合をみてから鼻の骨の手術をするか、キャンセルしてもらっても大丈夫とのことでしたので、まずはレーザー手術をしてもらうことにしました。その日は、1ヶ月先のレーザーの手術と半年先の骨の手術を予約をして終了しました。

その日の診療代は、約1万円でした。初診料、動画撮影、レントゲン、CT、血液検査などの代金です。

【鼻腔のレーザー手術、当日の流れ、料金】

手術は平日の午前中の予約でした。予約時間の15分前ぐらいに耳鼻科に到着。診察の順番を待って自分の番になりました。いつもの診療台に座り鼻の様子を先生に診てもらい、鼻の中に医療器具をぐいぐい入れられました。今まで触られたことのない部分をぐいぐいいじられました。麻酔薬を湿らせた脱脂綿を鼻の奥に入れられていたようです。その日を振返ってもこれが一番辛かったです。

その後、奥の診療ベッドに横にされて20分ぐらい待っていたでしょうか。ついにレーザー手術の始まりです。両方の鼻をレーザーで焼いてもらいました。もっと焦げた臭いがするのかと思っていましたが、想像ほどではありませんでした。焼いている間、ときどき「パチッ」と弾けるような大きな音がしてびっくりしましたが、手術自体は10分ぐらいでしょうか無事に終了。その後、何分かベッドに横たわったまま安静にさせられ、最後に先生の説明を聞いて終了でした。病院にいた時間は1時間ちょっとでした。手術代金は約1万円でした。

【手術後の注意事項】

手術当日は絶対安静です。鼻水を抑える薬と痛み止め、炎症止めの薬をもらい帰りました。

してはいけないこと、鼻をかむこと、鼻水はふくしかありません。薬が効いているせいかそれほど鼻水は気になりませんでした。運動やアルコール、たばこも禁止です。お風呂は血行がよくなるような熱い風呂はダメですが、シャワーは可能です。

その日は、抜歯をしたときのような顔の中心が重だるい感じでしたが、痛みは特にありませんでした。熱や出血がある場合もあるようですが、それはありませんでした。

【手術後の通院】

レーザー手術後、翌日に診療を受けて鼻の状態をチェック、その後1ヶ月間は毎週診療を受けました。その後さらに1ヶ月は、2週に一度診療を受ける必要があります。

尼崎からはやや遠いので通院はけっこうしんどいです。ただ、患者さんは全国から来ているようで尼崎は近い部類のようです。院内の張り紙では、大阪府外からでは尼崎のある兵庫県からの来院患者が一番多く、その他、京都、滋賀、奈良などの近畿圏からはもちろん、関東、新潟、九州、沖縄からも来ているというデータが示されていました。

【手術後の具合、効果】

現在、鼻の調子は好調です。手術後に風を引いていないので長引く鼻詰まりが改善されたか分かりませんが、普段の生活でも鼻の通りが良くなっているのが分かります。手術を受けて良かったです。

鼻の骨の手術ですが、レーザー手術の効果は長続きしないとも聞いたりするので、この際、鼻の骨の手術もしたいと思っています。

老衰でも自宅で亡くなると警察が死亡解剖する

今回は私の義理の母と祖母の話です。

私の義理の祖母は100歳近い高齢で寝たきりでなのですが、自宅で義理の母が介護をしています。母にとっては自分の親を介護しているのですが、祖母は身体は丈夫ですが認知的な部分では自分の子どもが介護してくれていることをあまり分かっていないようです。そんな状態なので孫に対する認識は全くありません。 

昔は自宅で介護しながら定期的に近所の老人ホームのショートステイ(一時入居)を利用している時期もあったのですが、老人介護施設に預けると体の調子が悪くなって帰ってくるというのが理由で、ここ数年は母が自宅で一人で介護をしています。母は旅行が好きな人で、昔は海外旅行などもしていたし、近年では近場の温泉宿泊旅行などお友達と出かけることもよくありましたが、老人ホームにお世話にならず完全に自宅で介護をするようになり、泊まりの旅行は一切行かなくなりました。

祖母は寝たきりですが、患っている大きな病気などはなく訪問医療も受けず、定期的に訪問してもらえるお風呂のサービスを利用しているだけです。最近は介護サービスが充実しているので、何らかのサービスをもっと受けて、介護をしている母は自分の負担を軽減すればと思うのですが、他人が自宅に出入りすること自体が余計な負担と感じるようで、お風呂の介護サービスを受けているだけです。

 そんな母は、この先も介護施設に預けることや入院させることは一切考えてないらしく、自分が最後まで面倒を看る覚悟をしているようです。最近では、介護をしていう方が鬱になるという話も聞きますが、母はとてもバイタリティがある人であまり弱さをみせません。ストレスが溜まらないのかと心配にもなりますが、母は母で、近所のサークルに参加したり、出かけたり、一応気晴らしはしているようです。

先日、母との会話の中で、自宅で亡くなると警察を呼んで、警察が遺体を死亡解剖して死因などを特定するという話を聞きました。私も初めて知りました。仮に寿命や老衰が原因で亡くなっても自宅で死亡した場合は警察を呼ばないといけないということです。もし訪問医療などを受けていて、かかりつけの医師がいる場合は、医者を呼んで死亡診断書を書いてもらえば警察が介入することはないようです。

 祖母の場合、訪問医療も受けていないので自宅で亡くなった場合は警察を呼ぶ必要があります。母は祖母を最後まで看取る覚悟をしているようですが、警察を呼んだり、遺体を死亡解剖しなければならないのは嫌がっています。なので、最後の最後は訪問医療でも良いのでお医者さんのお世話になって人生を最後を迎えられれば、祖母も母も幸せにお別れできるのではと思っています。

大阪中華学校の春節祭ポスター、開催日など(2019年の情報を更新)

2019年の大阪中華学校の春節祭の情報を更新します。

今年もこの季節がやってきました。楽しい春節祭がもうすぐ始まります。

美味しい屋台や、演武、それから、くじ引きを楽しみましょう。

今年はどんな食事や景品があるでしょうか。

 

今年の春節祭の開催日は、2019年2月10日(日)です。

 

詳細時間の情報は未確認ですが、

例年の開始時間は午前10時から、午後3時30分終了です。

わかり次第、更新したいと思います。

以下は、過去の情報とポスターです。

——————————————

2018年の春節祭情報を更新します。

大阪中華学校の春節祭のポスターをご紹介します。

2018年2月18日(日)の10時から開始、午後3時30分終了です。

皆さんお誘いあわせの上、ご来場ください。

アクセスは、このページの下でご案内しています。

——————————————

(ここから下は、過去の開催情報です。会場は同じです。お間違いなく)

大阪中華学校で開催される春節祭について、2013年開催のチラシをゲットしました。

別のブログでも春節祭の開催予定として案内していましたが、チラシを発見したことで開催日の確証を得ました。

2013年の大阪中華学校で開催される在阪華僑春節祭は、2月10日(日曜日)に開催されます。

在阪華僑春節祭2013

(この春節祭のチラシの画像の典拠は普東禅寺さんのページです)

【開催概要】

在阪華僑 第13回 春節祭

開催日:2013年2月10日(日) 雨天決行

時間:午前10時30分から午後3時30分

会場:大阪中華学校(大阪府大阪市浪速区敷津東1丁目8−13 )

会場地図

大きな地図で見る

アクセス:地下鉄・大国町駅より徒歩約2分(

会場に駐車場はありません。公共の交通機関を利用するか、車で行く場合は周辺のコインパーキングなどの駐車場を利用してください。

 

とても楽しそうな雰囲気の春節祭の案内チラシですね。2013年に第13回の開催ということは2001年から開催されているんですね。別のブログでも台湾の関係者の方が開催している春節祭と説明しましたが、チラシに台湾の国旗が飾られていますね。

いまから開催されるのが楽しみです。暖かいお天気になるといいですね。