外壁塗装の見積りを3社から比較。尼崎市で初めて外壁塗装をした話

外壁塗装の見積りを比較するまでの経緯

尼崎市で家を建てて10数年、ときどき外壁塗装会社の営業訪問が来ては、インターホン先で断っていましたが、来るたびにそろそろ我が家も外壁塗装をしないとと考えていました。

とある休日、たまたまヒマにしていたこともあって、近所で塗装工事をしているという塗装会社が飛び込みで営業に来て、見積りだけでもさせてもらえないかとインターホン先で言うので「見積りだけならどうぞ」となぜか、そのときは受け入れて、見積りをしてもらいました。

100万円を超える見積り料金、いきなり訪ねてきた塗装会社に「ではお願いします」とは言えず、これをきっかけに我が家の塗装会社探しが始まりました。

我家が探す塗装会社は地元の小さな塗装会社です。大きな塗装会社や営業に力を入れている塗装会社は、塗装料金が高いイメージがありました。

営業をしない塗装専門の小さな会社の方が、塗装技術さえあれば安い料金でできるはずです。


この辺の話は、過去のブログでも書いたので、ご興味があればお読みください。

尼崎で外壁塗装業者さんを探した話

外壁塗装会社は「大手」か「小規模」か考えました

選んだ塗装会社と、工事が終わるまでの話


ネットで見つけた塗装会社2社

ネットで地元の外壁塗装会社の中から、ここならという会社を2社ほど見つけました。

両社とも探す条件となっていた「それほど大きくない地元の塗装会社」という条件に当てはまる会社です。

1社は新聞の折り込みチラシなどで前から少し知っていた、いかにも地元で頑張っている元気そうな塗装会社(B社)で、もう1社は、今回、ネットで初めて知る会社でしたが、営業マンをもっていない(安そう)ということや、「防水」に力を入れていることなど、塗装や工事に関する説明が比較的わかりやすい会社(C社)という理由で選びました。

いずれも電話で見積りのお願いをしました。
すぐ来てくれるといったイメージをもっていましたが、1社は営業訪問が忙しいという理由、1社はホームページにも説明されていましたが、営業の専任がいなくて現場も掛け持ちでしているということで、両社とそれぞれ見積り訪問の日を調整しました。

合計3社から見積りをもらう

すでに飛び込みできた塗装会社(A社)の営業に見積りをしてもらっていたので、これで3社(A社、B社、C社)から見積りをしてもらうことになります。この3社から良い業者があれば選ぼうと決めていました。

A社(飛び込み営業できた大阪郊外の塗装会社)

B社(地元尼崎の小さな塗装会社、元気が良さそうな会社)

C社(地元尼崎の小さな塗装会社、営業が無く安そう、説明が丁寧な会社)

 

2社(地元のB社・C社)のうち、早い見積り日程が決まっていたのは、C社でした。

現場も掛け持ちで入っているという方が見積り訪問に来てくれました。現場に入っているとは感じさせないきれいな服装の方でした。

家の大きさを計測したり、ベランダの床の状態、2階から軒(屋根)の状態などを一通りチェックしていただき、軽い質疑応答等の打合せをして帰られました。後日、見積書をもって来てくれるとのことでした。

B社も同じく、見積りのために家の計測と状況をチェックしに来られ、改めて見積書をもってきてくれるということでした。

 

3社の見積り金額と内容、そして比較

そして、それぞれ見積書を持ってきてくれて、一通りの説明をしていただきました。

先に見積書を持ってこられたのはC社で、いろいろ細かく見積り明細の説明をしていただきました。印象は良かったです。

そして、見積り金額ですが、先に飛び込みできたA社から見積りをもらっていましたが、A社と比較すると、何十万もの差があってC社はかなり安いという印象を受けました。

C社の担当の方の説明も丁寧でわかりやすかったので、その場で金額が安いC社に決めても良いと思いましたが、まだ、B社からの見積りを見ていなかったので、一旦、検討するということで見積書を預かりました。(C社の方には、もう1社から見積りをもらうということも話していました。)

 

B社の担当の方からも見積りをもらいました。B社は地元の小さな塗装会社でしたが、担当の方から会社の説明を聞いていると、C社よりは少し規模(人数)が多くて、訪問されて来た方も営業専任で仕事をしているようでした。

見積書を見ると、まず見積料金がC社より高い金額でした。A社よりは安かったのですが、A社とC社の丁度中間あたりの金額で、安いC社と比較すると10万円単位での開きがありました。

B社の方も営業担当というだけあって、物腰柔らかで丁寧でした。施工内容についてはC社とほぼ変わらずという感じでした。

B社から見積りをもらったところでA社、B社、C社の3社の見積りが揃いました。
飛び込み営業のA社は選択外。B社とC社は似たような雰囲気の会社でしたが、料金を含めて全体的にC社が良い感じがしました。

 

3社の見積りの比較まとめ

最後にA社、B社、C社のそれぞれの感想や印象をまとめました。

【A社の感想】(大阪郊外の塗装会社で飛び込みで営業にきた)
・飛び込みで営業に来たということで、やや不信感がありつつ話が進む。
・いまだったら安くなるという本当か営業トークなのかはっきりしないところも、疑いが残る感があった。
・ただ、営業の方の印象は悪くなく、初めての見積りだったので、外壁塗装に関する知識などは勉強になった。
・見積り料金は結果的に他の2社と比較すると高い金額だったが、見積り内容や金額に悪い印象はなかった。
・悪い点としては、屋根塗装は不要という説明で見積り金額に入っていなかった。屋根塗装を見積りに含めるとかなり高額になったかもしれない。高額にならないために屋根塗装を省いたのか、これも疑問に残る
・金額や信用面でも契約せず良かった

【B社の感想】(地元尼崎の小さな元気そうな塗装会社)
・新聞の折り込みチラシで以前から知っていたので、親近感あり。
・営業の方の印象も塗装工事内容も特に悪い感じのところはなかった。
・結果的にC社と比較すると安い塗装料金ではなかった
・新聞の折り込みチラシや営業に力をいれて営業費用がかかっている印象
・営業の専任者がいたり、C社と比較するとやや大所帯の塗装会社、いろいろ費用がかかっている印象がありました。

【C社の感想】(地元の小さな、説明が丁寧な塗装会社)
・ホームページでの説明がいい意味で細かく、担当者も同じく丁寝な説明をしてくれた。
・塗装専門という感じで、話も現場に近い感覚がしてわかりやすかった。
・営業や事務スタッフも抱えていないようで、余計なコストをかけていない小さな塗装会社という探していた条件に合致していた
・結果的に、塗装の見積り料金も一番安い会社だった。
・ホームページも担当者も説明が丁寧だし、現場レベルの話が聞けて安心感があった。

 

外壁塗装の依頼

3社から見積りをとって、すぐにC社にお願いすることにしました。C社の担当の携帯電話に連絡を入れて、お願いすることを伝えました。

業者を最終的に選ぶにあたって、値段が安いという部分が一番大きかったと思います。

料金が安いということに対して、安くて大丈夫?という不安はありませんでした。想像を超える激安ではなく、これぐらいはかかるのではという予算の範囲でした。

また、業者を探す、選ぶにあたっての最初の条件、「地元の小さな塗装専門の会社」というのにピタリ合致したところを選んだと思います。

やはり塗装会社も営業担当者というのは必要なのでしょうが、それだけの営業費用や人件費がかかって、それが塗装料金に反映されているというのは見積りで感じました。

 

実際の外壁塗装について、また次の機会に書きたいと思います。

 

つづきを書きました。

選んだ塗装会社と、工事が終わるまでの話