吉本興業と有名製薬会社は親戚か?わろてんかの疑問を調べる

NHKの朝の連続ドラマ小説「わろてんか」を楽しみに観ています。

見ている中で1つ疑問がわきました。

ドラマの設定は吉本興業を立ち上げた女性「吉本せい」の生涯を描いたドラマですが、その吉本せいの実家が気になりました。

朝ドラの主人公のてんの実家は、京都の薬屋さんでした。
大きな薬問屋という設定で、てんも父親の仕事の関係で薬業界の結婚相手を決められそうになることもありました。

結局は結婚相手と現在の吉本興行となる寄席(演芸場)を立ち上げて大きくしているところですが、ドラマ中で、実家の薬卸は妹が婿をとって引き継いでいます。

 

それに関連した疑問です。

ドラマの中で主人公・てん(吉本せい)の妹が、
「こんど大阪で薬を製造することになった」という会話をしていました。

ドラマの中の話ですが、てんには亡くなった兄がいて、兄の夢が薬をつくること、今でいう製薬メーカーになることが夢でした。

その夢は果たされず病気で亡くなるわけですが、
てんの妹がその製薬メーカーになる夢を果たそうとしているところです。

疑問は、「吉本せいの実家は、大阪の製薬メーカーなの?」

「ということは、吉本興業と大阪の製薬メーカーは親戚?」

 

大阪には、大きな製薬メーカーが、いくつかあります。

知っているだけで、武田薬品工業、田辺製薬(田辺三菱製薬)、塩野義製薬、フジサワ薬品(アステラス製薬)などなど、思いつくだけでもこれだけ大きな製薬メーカーがあります。

たぶん他にも有名な製薬会社が大阪にはあります。

もともと大阪は商業の町で、薬問屋も集まっていた関係で製薬会社が多いのかと思います。

 

ドラマでは、てんの実家も製薬を事業としていくようで、

「もしかして、吉本興業と大阪の大きな製薬会社は親戚筋かな」という疑問をもったわけです。

吉本興業も大きな立派な会社ですが、
お笑いという商売柄、関西では「よしもと」「よしもと」と気軽に呼ばれて、大企業のような感覚を持つ人は少ないと思います。

一方、製薬会社は、吉本興業とは真逆の存在で、お堅い商売をしている会社です。

 

そのお堅い製薬会社と、真逆の吉本興業が親戚関係というのが事実なら、関西では大きなニュースです。

関西人なら誰しも、びっくりするでしょうし、朝ドラを観ている人であれば、同じような期待をしている人も少なくないはずです。

 

その疑問というか、吉本せいの実家が超有名企業であってほしいという期待は、簡単に打ち消えました。

 

ウキペディアさんによると、吉本せいは兵庫県明石市の米穀商の娘として生まれたそうです。

京都でもないし、薬屋でもありません。

がっかりです。

全ての事実を確認したわけではないのですが、恐らくドラマの設定ということですね。

ドラマの設定で、実家を薬卸にしたのは理由があるかもしれません。

また、情報があれば更新したいと思います。

俵万智さんがレイザーラモンRGさんをべた褒めした話

俵万智さんがテレビに出演していました。日本テレビ系列で放送された「ジョブチューン職業のヒミツぶっつけちゃいます」という番組です。

俵万智さんといえば出版した「サラダ記念日」という本が爆発的に売れて有名になった詩人ということは知っていました。もう何十年も前のことだと思います。むかし懐かしい話なのですが、出演されていた俵万智さんはまだまだ若い感じでした。

本の「サラダ記念日」のタイトルにもなった詩が

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

というのはあまりにも有名です。このサラダ記念日という本は280万部も売れるベストセラーになったそうです。

そんな俵万智さんは現代歌人として中学校か高校の国語の教科書にも出ているらしいです。サラダ記念日という本は詩集かと思ったら和歌の本なんですね。詩と和歌、短歌などの違いはあまりわかっていませんが。

国語の教科書には、有名歌人である正岡子規や石川啄木、松尾芭蕉、斉藤茂吉などと一緒に並んで俵万智さんの歌も掲載されているそうで、現代の中学生や高校生からは、俵万智さんという人が歌人であることは認知されているようですが、合わせてすでに死んだ昔の歌人としても認知されているとのこと。そのため、俵万智さんが生きていることを知るとびっくりするらしい。

テレビに出演していた俵万智さんが言っていましたが、俵さんはツイッターをしているそうで、若者から「存命ナウ?」とつぶやかれ、「存命なう!」と返したと話していました。

そのテレビの中で、言葉のプロとして俵さんが選ぶ言葉の素晴らしい(共感する)アーティストとして3名の有名人を上げていました。

その3位が桑田佳祐さん、俵万智さんは桑田さんの歌詞の中の「胸さわぎの腰つき」など言葉から想像させるその表現力が良いと言っていました。

第2位は、中島みゆきさん、解説は特に覚えていません。

そして、堂々の第1位は、レイザーラモンRGさん、スタジオも騒然。俵万智さんは、レイザーラモンRGさんの「あるある」ネタの表現力がすごいと言っていました。例えば「歌舞伎の師匠は、自分の弟子を鏡越しに怒りがち」(なんとなくこんな感じでした)など、誰もが見過ごすようなことを「あるある」とさせるところが良いらしいのです。俵さんはレイザーラモンRGさんのことを、道端の小石にひとつずつ名前をつける作業をしていると解説していました。

俵さんとレイザーラモンRGさんはとある言葉のイベントで共演され面識あるようです。2人に面識があることにも、言葉のイベントがあることにもスタジオが驚いていました。

俵万智さんが、まだまだ若い感じなのにも驚きましたが、俵万智さんが教科書にも載るようなすごい人で、その俵さんがべた褒めしたレイザーラモンRGさんも、俵さんに解説されるとすごい人に感じてきました。偉人の言葉は重い、またまたテレビの影響ってすごいですね。

 

ところで、全く話が変わりますが、サラダ記念日と聞いて、作家の吉本ばななさん(現在名:よしもとばなな)を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。私も吉本ばななさんと俵万智さんが混同してわからなくなった1人です。

 

 

 

大阪中華学校の春節祭ポスター、開催日など(2019年の情報を更新)

2019年の大阪中華学校の春節祭の情報を更新します。

今年もこの季節がやってきました。楽しい春節祭がもうすぐ始まります。

美味しい屋台や、演武、それから、くじ引きを楽しみましょう。

今年はどんな食事や景品があるでしょうか。

 

今年の春節祭の開催日は、2019年2月10日(日)です。

 

詳細時間の情報は未確認ですが、

例年の開始時間は午前10時から、午後3時30分終了です。

わかり次第、更新したいと思います。

以下は、過去の情報とポスターです。

——————————————

2018年の春節祭情報を更新します。

大阪中華学校の春節祭のポスターをご紹介します。

2018年2月18日(日)の10時から開始、午後3時30分終了です。

皆さんお誘いあわせの上、ご来場ください。

アクセスは、このページの下でご案内しています。

——————————————

(ここから下は、過去の開催情報です。会場は同じです。お間違いなく)

大阪中華学校で開催される春節祭について、2013年開催のチラシをゲットしました。

別のブログでも春節祭の開催予定として案内していましたが、チラシを発見したことで開催日の確証を得ました。

2013年の大阪中華学校で開催される在阪華僑春節祭は、2月10日(日曜日)に開催されます。

在阪華僑春節祭2013

(この春節祭のチラシの画像の典拠は普東禅寺さんのページです)

【開催概要】

在阪華僑 第13回 春節祭

開催日:2013年2月10日(日) 雨天決行

時間:午前10時30分から午後3時30分

会場:大阪中華学校(大阪府大阪市浪速区敷津東1丁目8−13 )

会場地図

大きな地図で見る

アクセス:地下鉄・大国町駅より徒歩約2分(

会場に駐車場はありません。公共の交通機関を利用するか、車で行く場合は周辺のコインパーキングなどの駐車場を利用してください。

 

とても楽しそうな雰囲気の春節祭の案内チラシですね。2013年に第13回の開催ということは2001年から開催されているんですね。別のブログでも台湾の関係者の方が開催している春節祭と説明しましたが、チラシに台湾の国旗が飾られていますね。

いまから開催されるのが楽しみです。暖かいお天気になるといいですね。