【ジェネリック問題】先発医薬品と後発医薬品、選択基準と選び方

大きなタイトルをつけましたがジェネリック医薬品について疑問に感じていることがあります。

先日、体調不良で病院にかかり、処方箋を武庫之荘の薬局にもっていったところ、薬局で「ジェネリック医薬品にできますが希望されますか?」と質問されました。ジェネリック医薬品とは既にご存知の方も多いと思いますが、医薬品を先行して開発した製薬会社ではなく、該当する医薬品の特許期間が切れた後に同等の効能・効果をもつ医薬品として真似て製造した後発医薬品です。後発医薬品つまりジェネリック医薬品ですが、ジェネリック医薬品は特許切れの医薬品を製造しているので先発医薬品に比べて開発費用を抑えて製造できることから、医薬品を服用する私たち消費者にも安い価格で提供されます。

先発医薬品と同等の効能・効果をもつ医薬品を安く手に入れられることは患者である私たちも支出である医療費を抑えることができ経済的なメリットがあります。薬局でジェネリック医薬品を選択できるなら是非、そうしたいと思うところです。

ジェネリック医薬品を選択する他のメリットとして、私たちは医療保険で薬を購入しているため、先発医薬品より安いジェネリック医薬品を選択することで薬代の一部を負担してくれている国や地方自治体の医療財源の支出を抑えることにもつながります。国や地方自治体の医療財源を賄っているのは保健費用を支払っている私たち国民・市民なので、これを税金というのでしょうか、いわゆる公的資金の節約につながるということです。医療財源については、近年の高齢者の増加に伴う国の医療費支出の増加、景気悪化による医療財源の収入減少が進み、医療財源の確保及び保険制度の運営も難しくなっているようで、医療財源及び医療保険制度を維持するためにも、私たちがジェネリック医薬品を選択して財源負担を軽減させるということは世の中のためにもなるようです。国や地方自治体もジェネリック医薬品を選択することを望んでいるようで、私が薬を処方してもらった武庫之荘の薬局にもジェネリック医薬品の選択を促す兵庫県が発行しているリーフレットが置いてありました。

しかしながら、ジェネリック医薬品を選択することに対する問題、つまりデメリットもあるようです。

1つは、後発医薬品であるジェネリック医薬品は、効能・効果があるとされる先発医薬品と同じ成分を使っていても、その薬を服用したときの体内での成分の溶け方や効き目の速さは全く同じではないということです。ジェネリック医薬品が先発医薬品と完全に同じ薬であるとは言えないようです。

同じ材料、同じ調理器具で同じ料理を作っても調理する人が違うと味が違うというみたいなことでしょうか。例えがあっているかは分かりませんが、お店で言えば少し高いお金を払っても美味しいお店の料理を食べたいという人は多いでしょう。

家電製品の業界では、積極的に開発した先発メーカーに対して、後発メーカーが追随して、先発メーカーより後発メーカーの製品がマーケットで支持され、市場シェアを上回るということはよくあることです。家電製品の場合はいくら性能や機能が良くても、価格やデザイン、ブランドということが消費を左右するのでこんなことがよくあります。

ジェネリック医薬品に関するもう1つの問題というか疑問に思っていることがあります。

ジェネリック医薬品を安く購入できるのは先発医薬品メーカーが開発費を投じて新薬を開発したおかげです。この世の医療技術が進み、病気を患ったり、怪我を負ったとき、私たちは医薬品の投与を受け、病気や怪我を克服することができています。これらは全て医療の研究や開発技術のお陰です。医薬品でいうと新薬メーカーのお陰です。また世界にはまだ治療薬の開発がされていない病気があり、新薬の開発を待ち望んでいる方も多くいます。

私たちが医療や医薬品のさらなる研究や開発を望むなら、新薬メーカーを支持するべきなのではないでしょうか。新薬を開発しても開発費用がかかるばかりで、ジェネリック医薬品を製造している方が儲かるということになれば、新薬の開発は後退し、待ち望んでた新薬開発のスピードは失速するかもしれません。世の中の人の多くがジェネリック医薬品を選択するとこのようなことにはならないでしょうか、少し心配です。

先発医薬品メーカーは、研究開発費の投資する分、新薬を発売すれば特許が切れるまでの間は莫大の利益を得ることができるのでそんなことを心配する必要もないのかもしれません。

また、ジェネリック医薬品の製造と販売は競争が激しくジェネリック医薬品だけで儲けるのも難しくなってくるといった話もあります。

 結局のところ、ジェネリック医薬品と先発医薬品、どちらを選ぶべきなのでしょうか。

本当は先発医薬品を選びたいけれど、治療が長引くなど医療費負担が大きくなり経済的な理由で仕方なくジェネリック医薬品を選んでいる人もいるでしょうし、ジェネリック医薬品を選びたいけど、医師が処方箋で先発医薬品を指定しているために先発医薬品を選択している人もいるでしょう。

医薬品が私たちに提供されるまでには、医師や製薬会社、薬品販売会社など色々な人たちが存在し、医療費を負担する国や地方自治体、それぞれの立場が絡み合っています。

ジェネリック医薬品に関する問題や疑問は解決されていません。ただ、ありきたりですが薬に頼らない健康な生活を送ることが、問題に悩まされない一番の方法というのは明白です。