くもんは何歳から始めるか、7年続けている【親の本音】

「くもんに通う親の本音」のコーナーです。

他にもくもんのことを書いているので興味があればご覧ください。

 

今回のテーマは「くもんは何歳から始めるか」です。

我が家の2人の子供はくもんに通っています。上の子供が通い始めて7年が経過しようとしています。

何歳から始めたかと言うと、

上の子は、5歳になる年の4月から(幼稚園の年中クラスから)、

下の子は、4歳から(幼稚園の年中になる半年前から)

それぞれ、幼児クラスから通い始めました。

くもんに通い始めた理由は、以前にも書きましたので、興味がある方はこちらから

 

【早い年齢から始めても良いと思う】

我が家の子供たちは、幼児クラスから通い始めたわけですが、

上の子は5歳になる年の4月から始めたのに対して、

下の子は、4歳の年の夏から始めて、上の子より半年以上早い年齢期から始めたことになります。

子供たち2人の年齢は3つ離れていて、下の子が始めた年(4歳になる年)には、上の子は既に2年以上、くもんに通っていました。

 

我が家では、上の子がくもんに通っている様子や体験を通して、下の子に対しては、早い年齢期からくもんを始めても良いと考えました。

 

それにはいくつか理由がありますが、我が家の考えとしては、くもんは幼児の早い歳から始めても良いと思います。

上の子も、もう少し早い時期から始めても良かったと思っています。

 

【くもんの表彰制度と年齢】

下の子が早い年齢から始めた大きな理由があります。

それは、くもんの表彰システムです。

ここで、そのシステムを紹介します。

テーブルマット工房

まずくもんの方針をご理解いただければと思いますが、

くもんの方針として、自分の歳や学年を超えて、どんどん上の年齢・学年の勉強を目指して進んでいこう、という方針があります。

教室ではそれを「進度」と呼んでいますが、簡単に言うと、実際の自分の年齢や学年より上の勉強に進んでいって、その進度が高ければ高いほど良いという考えです。

 

そして、くもんでは、その進度が高い子供を表彰する制度があります。

「高進度学習者賞」という制度です。

毎年、年度末の3月の時点で、自分の年齢や学年より3学年以上の進度に達している子どもが表彰され、オブジェをもらえます。

オブジェは手のひらサイズのガラス製のトロフィーのようなものです。

当時は、表彰する大きなイベントまでありました。そのイベント自体は無くなりましたが、当時は、夏になると、くもん主催の上位進度者のつどいが全国で開催され、オブジェをもらえるセレモニーがありました。

オブジェをもらった子供たちがステージにあがり、オブジェを高々と掲げ、日頃の頑張りを称賛される誇らしいイベントです。

今はオブジェをステージで掲げるイベント(上位進度者のつどい)はなくなりましたが、今でも教室でオブジェがもらえます。

 

この表彰制度のシステムが理由で、下の子が早く始めたところもあります。

上の子は、5歳になる4月から始めたのですが、1年間通った3月の段階では、上位進度者の基準をクリアしていませんでした。

この時点では、進度の基準をクリアしたとかしてないは、あまり意識していませんでした。というか進度の基準があるとかを知りませんでした。

しかし、その3月が過ぎて、その年の夏の上位進度者のつどいで、同じ教室の子どもたちが上位進度者のつどいで表彰され、オブジェをもらっているのを写真などで知り、とても寂しかったのです。

その時点、我が子は6歳の夏だったので、教室に通い始めて1年半が経っているときでした。

1年半の間、教室に欠かさず通って、家の中でも宿題のプリントを頑張っていたので、

「なぜ、こんなに頑張っているのに我が子は表彰されないの?」という悲しみがありました。

 

それまで、我が家ではこの表彰制度の情報が少なく、上位進度者のつどいやオブジェに対して関心が低かったのですが、それ以降、進度に対する関心が強まりました。

 

 【早い段階で表彰されたい、オブジェをもらいたい】

上の子がオブジェをもらえたのは、5歳の4月から通い始めて、2年後の3月に表彰の基準に達していて、実際にオブジェを手にしたのは、小学生にあがった7歳の夏の上位進度者のつどいのことでした。

そのとき、オブジェをもらえたのは、とても嬉しかったのですが、オブジェをもらえるまで、2年半、かなり時間がかかったという感触です。

 

そんなことがあったため、下の子のときには、4歳の年の半ばからくもんに通い始めれば、1年と半年後となる5歳の年度末の3月には上位進度の基準に達して、上の子より1年早い年齢でオブジェをもらえる計算がありました。

 

そんなこともあり、下の子は早い幼児期からくもんに通い始めました。

 

 【くもんを始める目的、始める年齢の決め方】

くもんを何歳から始めるかという問題ですが、それは各ご家庭で決めることで、何歳からでも良いと思います。

もし、何歳から始めるか、悩んでいらっしゃるようであれば、「なぜ、くもんを始めるのか」それを明確にした方が良いように思います。

我が家がもともとくもんを始めた理由は、「勉強に慣れるため、勉強の習慣をつけるため」でした。

理由については、こちらで詳しく書いています

なので、我が家のように勉強に慣れるためであれば、当然、早い段階で始めた方が、慣れも早いので、早い年齢から始めた方が良いと思います。

くもんにはベビークラスがあって、0歳児からでも始められるようですね。

ベビーくもんのことはよく知りませんが、我が家の目的や経験からすると、自ら鉛筆を握ってお絵描きができるような年齢であれば、教室に通い始めて良いように思います。

そんなに早い年齢からは、我が家でも体験していないので、あくまで想像ですが。

 

くもんを何歳から始めるかは、通う目的をはっきりさせましょう。

目的が明確になれば、自ずといつぐらいから始めるか、見えてくるのではないでしょうか。

テーブルマット工房

他にもくもんのことを書いているので興味があればご覧ください。

 

 

コメントは受け付けていません。