豊中市のふれあい緑地を満喫してきました。駐車場とトイレのことも

秋の3連休、どこか大きな公園にお弁当をもって遊びに行こうということになり、豊中市にあるふれあい緑地に行ってきました。

服部ビオパーク

このふれあい緑地は、伊丹空港に着陸する飛行機の航路の真下で、公園の上を着陸態勢に入っている大きな飛行機が飛ぶのも一つの魅力です。ふれあい緑地のことを飛行機が飛んでくる公園と子ども達に説明すると「あそこの公園か」と理解してくれます。ふれあい緑地は豊中の方に用事があったときに何度か寄ったことがあって子どもたちも大好きな公園です。駐車場も完備されて行きやすく、公園のそばにはコンビニもあります。ちょっと難点もあり、駐車場やトイレのことなどは最後に書きたいと思います。

ふれあい緑地の中にある服部ビオパークには楽しい遊具が揃っていて、特にすべり台が魅力的です。すべり台はいくつかありますが、中でも大きなすべり台が2つあります。距離の長いすべり台と幅が広くてみんなで滑れるすべり台。子どもたちは飽きずに何度も滑っています。

服部ビオパークには他にも楽しい遊具があって、うちの子供もは吊り輪のうんていが大好きみたいで、マメが出来るくらい頑張っていました。ブランコと鉄棒は見当たらなかったような気がします。1歳から2歳ぐらいの子どもが遊べる遊具もあり、砂場もあります。

ふれあい緑地は、道路を隔てていくつかのエリアに分かれていて、遊具のある公園も服部ビオパーク以外に1箇所あったり、そのほかに、遊具のない広い野原のような公園もあります。今回はそこで持参したピクニック用の小さなテーブルでお弁当を食べて、バドミントンやフリスビー、長なわとびをして遊びました。自転車の練習をしている子もいたり、少し丘になっているようなところがあったので、家にあるストライダーを持ってきても、ここの公園だったら安全に遊べると思いました。

野原の公園エリアで遊んだあとは、子どもたちが服部ビオパークの遊具で遊びたいと言い出したので、遊具の公園に移って長い間遊びました。朝から一日遊んで、最後はコンビニでアイスクリームを買って、公園で食べて帰りました。豊中のふれあい緑地で一日楽しく遊びました。子どもたちも大満足のようでした。

最後にふれあい緑地の情報を少し、豊中市が飛行機の着陸航路で居住区にできないエリアを緑地公園に整備した公園で、遊具エリア(服部ビオパークほか)プールやテニスコート、野球場もあります。ふれあい緑地には駐車場もあって、最初の30分は無料、その後、30分ごとに100円です。一つ、難点としては子どもたちが遊ぶ遊具のそばにトイレがないことです。公園内にはテニスコート横の建物にきれいなトイレがあるし、他にもいくつかトイレがあるようですが、もうちょっと増やしてほしいという感じです。コンビニはセブンイレブンが近くにあるので、ちょっとした買い物に便利です。

(上の写真は駐車料金、最初30分は無料、その後30分ごとに100円と書いています。)

また、天気の良い日にふれあい緑地に遊びに行こうと思います。

豊中市のふれあい緑地のホームページ