武庫之荘の床屋、シーム.BBに行きました。料金、営業時間など

武庫之荘にある床屋さんに行きました。行っています。床屋なので男性客が多い店ですが、女性のお客さんが来店しているのも何度か見かけたことがある床屋さんです。なので男性にはもちろん、女性にもお奨めの床屋さんです。

お店はseem.B.B.(シームbb)という名前の床屋さんです。

場所は武庫之荘駅から東に向かって道意線に出て、道意線沿いを少し北に行くとseem.BBのお店があります。富松町食堂の真向かいです。住所は、尼崎市武庫之荘東2-25-26 グラディ武庫之荘102 駐車場もあります。駐車場はお店より約20m北に行った所の駐車場内にに2台確保されています。駐車スペースにはseem.bbという立て札があります。

seem.BBはオープン当初にチラシが入っていたのがきっかけで行きました。当時、勤めていた会社のそばでカット料金が良心的な価格設定というのに惹かれました。

その料金ですが、カット料金はシャンプーと髭剃り込みで2400円です。カットだけだと1600円、シャンプー400円、髭剃り400円です。シャンぷーか髭剃りかどちらかだけを頼むと2000円です。いずれも税込価格です。チラシをもらってきたので料金メニューを掲載しておきます。

【料金メニュー】

[MENS/男性]

カット(シェービング・シャンプー含む)

大人 2400円

中高生 1900円

60歳以上 2000円

カットのみはいずれも1600円(シャンプーまたはシェービングは400円)

 

[WOMENS/女性]

カット(シャンプー、ブロー含む) 2400円

シェービング 2100円

 

[子どもカット]

小学生 1000円

小学生未満 900円

シャンプーはプラス200円

 

[パーマ(カット込み)]

パーマ 5500円~

縮毛矯正 9500円~

 

[カラー(カット込み)]

グレー 4500円~

ファッション 5500円~

 

[その他]

トリートメント 1500円~

ヘッドエステ 1500円~

以上のような料金体系です。※料金は2012年現在です。正確な料金はお店に直接問合せてください。

カット料金はお安い割には、普通の床屋さんと変わらないサービス、技術です。手抜きがあるということは一切ありません。最後の髪型のセットまでしっかりしてくれます。

カットする際は髪型について相談にのってくれたり、要望も聞いてくれます。たぶん、理想のカットモデルの写真などがあれば、持って行けば対応してくれると思います。お店にも確かヘアカタログがあったと思います。

それから、予約もできますし(予約優先です)、予約の際にカットしてくれる方の指名もできます。いつも同じ方が髪を切ってくれるので、任せて安心です。指名料などはありません。

カット以外にも、パーマやカラーなどもしてくれますよ。頼んだことがないので料金は不明です。詳しくはお問合せください。カット料金からするとそんなに高くはないのでしょうね。

そして、seembbの定休日は床屋さんにしては珍しく木曜日です。なので、月曜も営業している床屋です。

来店する客層ですが、小さなお子さんから若者、年配の方もいらっしゃいます。店内も小奇麗で女性のお客さんもいるし、皆さんに愛されているという感じです。曜日や時間帯によってお客さんの層もちがうのかもしれません。

シーム.bbの営業時間ですが、

平日は朝10時から夜8時まで。

土日祝は朝9時~夜7時まで。

パーマ・カラーの受付は閉店時間の1時間前です。

今回は武庫之荘にある床屋さんシームbbのご紹介でした。興味のある方は一度行ってみてください。最後にお店の連絡先をのせておきます。電話番号:06-6438-8367です。

マットでした。

 

カップラーメン、カップヌードルのお湯の量は280mlです

こんにちはマットです。11月も半ばを過ぎいよいよ冬本番です。

先日、私は武庫川の河川敷のコスモス畑を観に行ってきました。何年前からか、この季節には武庫川のコスモス畑に行くのが恒例行事となり、秋の楽しみの1つです。初めてコスモス畑に行ったときは河川敷一面がコスモスに覆われ、その美しさにけっこうな感動を覚えました。それから毎年、想像はついているんですが行く度に感動しています。武庫川のコスモス畑はボランティアの人たちが種植えから管理までしていただいてるんですね。最近はそんな感謝も覚え、募金箱に僅かながらの寄付をさせてもらっています。

コスモス畑が見られる時期になると臨時の駐車場が出来て、協力金という名の駐車場代が300円ほど徴収されますが、あのコスモス畑の美しさやボランティアで準備や管理をしていただいていることを思うと300円なんて安いものですね。

コスモス畑に行くときに楽しみの1つがお弁当です。この季節なので寒かったり、暖かかったり、日向だと暑かったり、日に当たってないと寒かったり、いろいろなのですが、レジャーシートを敷いて毎回お弁当を食べます。最近は外で使える折り畳み式のテーブルも重宝しています。

そのお弁当の中でも楽しみにしているのがカップラーメンです。わたくしマットは外で食べるカップラーメンが大好きです。いつもカップヌードル風(かやくの袋などを破る必要のないやつ)のお湯を注ぐだけで食べられるカップラーメンを用意して、ステンレスの魔法瓶タイプの水筒にお湯を入れて持っていきます。

コスモス畑だけではなく、春先や秋のお弁当を持っていく行楽にはけっこうカップラーメンを持参します。外で食べるカップラーメンは美味しいし、周りの人たちが「いいなぁ」とか「美味しそう」というふうに見ているのもなんだか心地が良いものです。もしかしたら、冷たい視線を送られているのかもしれませんが...。

お湯を持参してカップラーメンを外で食べるようになった当初、困ったのはお湯の量です。例えば、カップヌードルを3個食べるというとき、いったいどれだけの量のお湯を用意すれば良いのか、非常に悩んだものです。

保温が効くステンレスタイプの水筒は大きいやつで内容量がだいたい1リットル前後のものが多いです。お湯を外にもっていくときはお湯が冷めないように熱々のお湯を水筒に隙間ができないようにたっぷり入れるのがポイントです。1リットルほどのお湯で果たして3人分のカップヌードルのお湯は足りるのでしょうか。

今回、コスモス畑に行くためにカップラーメンを調達していると、当初、悩んでいたお湯の量の悩みをふっ飛ばすくらいのカップラーメンに出会いました!それは、カップラーメンの蓋のところにお湯の目安量が大きく印字されているカップラーメンです。まるで私の悩みを知っていたかのようです。というかもう少し早くこのラーメンに出会いたかった。お湯の量は280mlということで、1リットルのお湯をもっていけば、3つのラーメンを食べることができます。

このラーメンはイオングループのPBブランドのカップラーメンで、見た目と味は日清のカップヌードルと大差ありません。日清さんがつくっているんですかねぇ~。いつも買うところでは1個88円です。味はノーマルに、シーフード、カレーがあります。どれも美味しいです。

カップヌードルとカップの大きさもほとんど変わらないので、たぶん日清のカップヌードルも280mlで足りるのではないでしょうか。ただ、最近は麺の量がすくないスープヌードルとかも出ていてスープヌードルだとお湯はもう少し必要なのかな?

とにかくこのラーメンの蓋に表示されているお湯の目安量に感激しました。

武庫川のコスモス畑、お奨めです。カップラーメンを食べるのもお奨めです。

参考リンク

日清カップヌードルの公式サイトでお湯の量について述べられています。