塚口のカツ男爵のことをテレビで髭男爵が話してたときのこと

尼崎(塚口)と大阪(塚本)にある「カツ男爵」と、お笑い芸人の髭男爵の関係について、山田ルイ53世さん本人がテレビで語りました。そのことについて。


※最初は前置き、串カツ屋さんだけの話に興味がある人は、下の線までスルーしてください。

ワイドナショーを観ていたら、デーモン小暮改め、デーモン閣下さんの肖像権についての話題がありました。

NHKのEテレ番組が高杉晋作を「破天荒シンガー、高杉晋作」とした表したデザインがデーモン閣下を模してた(デーモン閣下そのままだった)ということで、デーモン閣下さんご本人が公式ブログを通じて激怒しているらしい。

デーモン閣下ご本人にとっては重大なことかと思うし、NHKの姿勢を改めさせたい、ということなんでしょうけど。

どうでも良い話ですね。法律違反や賠償問題になり得るような事件性はないですし、テレビを観ている人間からするとルール違反やマナー違反とも思えないです。

デーモン閣下さんが、ただすねてるとしか見えない話で、

「肖像権の使い方を考えましょう」という世の中への投げかけであれば、ブログで語って発信するのは判るのですが、ただNHKに怒っている、それだけだったら、

「デーモン閣下さん、直接、NHKに言ってください。」

という程度の話題でした。

前置きはそれまでで、


ここからが本題です。

その肖像権の話が終わりかけた頃合いで、番組出演していたお笑い芸人「髭男爵」の山田ルイ53世さんが、自分も肖像権の話ありますという感じで、しゃべりだしたときの話の内容です。

山田ルイ53世さんが「大阪か、尼崎かの方で~」でと話だすと、

尼崎出身である松本さんがのり出し、東野さんも「尼崎の話なら松本さんとも無関係じゃないぞ」と尼崎の話に注目される中、山田ルイ53世さんの話がつづく、

「尼崎にある串カツ屋の看板で、ブタがモーニングスーツにシルクハットを被って、ワインをもって乾杯している、自分を模したようなデザインを使っている店がある」

 

それをテレビで見ていた私は、「それって塚口にあるカツ男爵やん」とすぐに判りました。しかも、その串カツ屋にかなり最近に食べに行ったこともある。なので、デーモン閣下さんの話より食いつきました。

 

店の話に戻ると、

ブタがシルクハット被って、ワインで乾杯している絵もそうだし、お店の名前も髭男爵をもじった「カツ男爵」という店名で、完全にパクッている。

髭男爵の山田ルイ53世さんの話によれば、
「自分のラジオ番組に、そのお店の人から、関西の方でこんなお店やっているんですけど、いいですか?と投稿があった」とのこと。

(デーモン閣下さんの話題と比べて)自分の串カツ屋の件は、肖像権だけではなく、店の名前も完全にパクッてるし、パクられてる。しかも、デーモン閣下さんのNHKの案件は、肖像権で金儲けをしてないので法律的にセーフという専門家のコメントがあったけど、あの串カツ屋は、完全にビジネスで肖像権と標章を使って金儲けをしている。

デーモン閣下さんよりオレの案件の方が質悪いでしょ。と言わんばかりのコメント。

 

そのカツ男爵という串カツ屋を知っている自分は、「完全にアウトだね~」と納得。

ラジオ番組にカツ男爵のお店の人からお伺いの投稿があって、山田ルイ53世さんは「ok」したと話していました。

テレビを観ていた自分は、「そうなんだ、ということはあの店、髭男爵、公認?」
正式な手続きではないかもしれないけど、完全に無断でやっていた訳ではないんだと驚き。

デーモン閣下さん、芸能人としての肖像権も重要だけど、芸能人としてのイメージのことを思うと、NGならブログで言わず、直接NHKに言った方が賢明ではなかったのかとも思う。

 

<お店情報>
尼崎・塚口の串カツ屋「カツ男爵」

阪急神戸線「塚口駅」南口から徒歩数分
https://r.gnavi.co.jp/43xtes4r0000/

【お店に行った感想】
串カツ美味しい、高くない、安い。野菜の串カツは100円。

ドリンクは400円前後。ワインなどもあり。

串カツ屋さんにしては、串カツ以外のメニューも充実していると思う。

店員さんは若めの方が多く、店内も洋風居酒屋的な雰囲気で、気軽に入りやすいお店です。

宴会もできるようですが、少人数が合うように思います。長居をするより軽く食べたいというときに良いのではないでしょうか。

でも、行ったときは、予約をして来店しているお客さんも多かったです。

高級でもなく、おじさんが集う大衆的な店でもなく、カジュアルなお店。

 

吉本興業と有名製薬会社は親戚か?わろてんかの疑問を調べる

NHKの朝の連続ドラマ小説「わろてんか」を楽しみに観ています。

見ている中で1つ疑問がわきました。

ドラマの設定は吉本興業を立ち上げた女性「吉本せい」の生涯を描いたドラマですが、その吉本せいの実家が気になりました。

朝ドラの主人公のてんの実家は、京都の薬屋さんでした。
大きな薬問屋という設定で、てんも父親の仕事の関係で薬業界の結婚相手を決められそうになることもありました。

結局は結婚相手と現在の吉本興行となる寄席(演芸場)を立ち上げて大きくしているところですが、ドラマ中で、実家の薬卸は妹が婿をとって引き継いでいます。

 

それに関連した疑問です。

ドラマの中で主人公・てん(吉本せい)の妹が、
「こんど大阪で薬を製造することになった」という会話をしていました。

ドラマの中の話ですが、てんには亡くなった兄がいて、兄の夢が薬をつくること、今でいう製薬メーカーになることが夢でした。

その夢は果たされず病気で亡くなるわけですが、
てんの妹がその製薬メーカーになる夢を果たそうとしているところです。

疑問は、「吉本せいの実家は、大阪の製薬メーカーなの?」

「ということは、吉本興業と大阪の製薬メーカーは親戚?」

 

大阪には、大きな製薬メーカーが、いくつかあります。

知っているだけで、武田薬品工業、田辺製薬(田辺三菱製薬)、塩野義製薬、フジサワ薬品(アステラス製薬)などなど、思いつくだけでもこれだけ大きな製薬メーカーがあります。

たぶん他にも有名な製薬会社が大阪にはあります。

もともと大阪は商業の町で、薬問屋も集まっていた関係で製薬会社が多いのかと思います。

 

ドラマでは、てんの実家も製薬を事業としていくようで、

「もしかして、吉本興業と大阪の大きな製薬会社は親戚筋かな」という疑問をもったわけです。

吉本興業も大きな立派な会社ですが、
お笑いという商売柄、関西では「よしもと」「よしもと」と気軽に呼ばれて、大企業のような感覚を持つ人は少ないと思います。

一方、製薬会社は、吉本興業とは真逆の存在で、お堅い商売をしている会社です。

 

そのお堅い製薬会社と、真逆の吉本興業が親戚関係というのが事実なら、関西では大きなニュースです。

関西人なら誰しも、びっくりするでしょうし、朝ドラを観ている人であれば、同じような期待をしている人も少なくないはずです。

 

その疑問というか、吉本せいの実家が超有名企業であってほしいという期待は、簡単に打ち消えました。

 

ウキペディアさんによると、吉本せいは兵庫県明石市の米穀商の娘として生まれたそうです。

京都でもないし、薬屋でもありません。

がっかりです。

全ての事実を確認したわけではないのですが、恐らくドラマの設定ということですね。

ドラマの設定で、実家を薬卸にしたのは理由があるかもしれません。

また、情報があれば更新したいと思います。

会議・研修用の小型スピーカーマイク付きが使た。サンワサプライ製。

小型の会議用・研修用のマイクスピーカーを使った感想

朝のミーティングのために会場にはいると、いつもはマイクやスピーカーがない会議室に小型のマイクスピーカーが用意されていました。
どうやら、研修講師など、前で話す人によっては、後ろの方に座っている人が聞き取りにくいとのこと。

どうやら今日、外部から来られる講師の人の声が聞き取りにくいらしい。
過去に何度か来ている人で、話の中身は良い人らしいが、声がどうも小さいということで、小型のマイクスピーカーを購入したそうだ。

マイクのテストが始まる。
「あー、あー、マイクテスト、マイクテスト」

なかなかクリアな良い音だ。

見た目は、小型の簡易スピーカーのように見えるけど、しっかりとした音で後ろの方まで十分ききとれそうな透き通ったクリアな音声。

私は、スピーカー近くの一番前に座っていたけど、うるさくも感じない。

近くでも聞き取れるし、後ろでも聞き取れるマイクスピーカー、なかなか良い製品。

見た目が小さくて頼りないので、音が割れて聞き取りにくいよういなイメージがあったけど、良い意味で期待を裏切る高性能。

これは、他でも使えると思ってミーティングが終了したところで、小型スピーカーを物色。

サンワサプライのアンプ内蔵マイク付きスピーカー。

サンワサプライって、確か電気関連の機器を作っているメーカーだったような。
この前、ヨドバシカメラで延長コードを探してたら、サンワサプライの延長コードがあったように覚えてる。
PC関連の機器もつくっていたような。
よくアマゾンで買い物をしていると目にすると思う。

実際にこの小型スピーカーも、よい製品だと思ってみたらサンワサプライだったので、良いものを作っている会社なんだと好印象。

会議室は20名が余裕をもって座れるぐらいの大きさの部屋だけど、問題なく十分にマイクの声が届くスピーカーだ。

もう一つ、この倍以上の人数、40人から50人ぐらいが入る会場があるけど、そこでも十分に使えそう。

小型なので、持ち運びも簡単だし、重さも超軽いとは思わないが、重いわけでもない。

見た目と期待通りの重さ。

会議はもちろん、研修などに活躍してくれそうです。

マイク付きですが、マイクとスピーカーはコードで結ばれているので、コードは短過ぎず十分な長さがあるけど、マイクをもって右往左往するような使い方には向いていないですね。

そんな人には、長いコードが付いたマイクを用意しないといけないかも。

それにしても、良い製品だったので、ここで紹介しました。
検討している人にはおすすめします。

尼崎・塚口の大型コインランドリーに行ってきた、料金など。

尼崎・塚口にある24時間営業の大型コインランドリーにいってきました。
初めて行ってきたのですが、なかなか良いところだったので、洗濯機のサイズや使い方などを紹介します。
サングループ東塚口店
新しい年まで数日と迫ったある朝、シーツや毛布などを洗濯したいと思いたちました。
しかし、シーツなどの寝具となるとかなりの量です。家の洗濯機を何度も回したり、シーツや毛布をいっぺんに洗っても、それだけの量の洗濯物を干す場所もありません。

そこでコインランドリーで洗濯して乾燥まですませよう考え、尼崎の塚口にある大型コインランドリーに行くことにしました。

洗う量は、
・ダブルサイズの掛け布団シーツ:1枚
・ダブルサイズのベッドシーツ:1枚
・シングルサイズの掛け布団シーツ:1枚
・シングルサイズのベッドシーツ:1枚
・シングルサイズのベッドパッド:1枚
・シングル毛布4枚


行ってきたコインランドリーは、
「大型コインランドリー」(サングループ東塚口店)です。

住所は、〒661-0011 兵庫県尼崎市東塚口町2-4-49

24時間営業

駐車場は8台~10台ぐらいのスペースがあります。


大型コインランドリー

洗濯機の大きさと料金、洗える目安は、次の4種類です。
10kg型(500円)毛布2枚
16kg型(700円)毛布4枚
23kg型(1000円)毛布6枚
32kg型(1500円)毛布8枚

※洗剤と柔軟剤の投入は不要です。なので洗剤付きの料金です。
両替機があるので1000円札は両替できます。

こちらは大型コインランドリー店なので10kg、16kg型は2台ずつぐらいで、23kg型と32kg型がメインで数台設置されています。

ちなみに、私が洗濯したシーツ4枚、毛布4枚、ベッドパッド1枚は、23kg型の洗濯機で全て洗いました。

洗濯の時間は約40分ほどでした。

私が訪問したときに、たまたまなのか、常駐なのかわかりませんが、お店の人がいて、このサイズでいいよと、教えてくれました。

 

そして、上の洗濯機とは別に2種類の乾燥機があります。
13.5kg型 10分:100円
22.5kg型 7分:100円

乾燥機は100円を投入した枚数だけ稼働します。
私は、22.5kg型の乾燥機で100円を5枚投入して35分で完全に乾燥しました。

お店の人が私の洗濯物の量をみて、500円で足りるよ、と教えてくれました。
乾燥が足りなかったら、100円玉を追加投入すれば良いのだと思います。
100円玉が足りない場合は両替機があります。

布団もOKの大型乾燥機

今回、こちらの尼崎市の塚口にある大型コインランドリーに初めて行きましたが、寝具などの大物や、梅雨時期などの雨の日が続いて大量に洗濯物がたまった時などは重宝しますね。

ちなみに、布団も洗えるようで、次のものはOKのようです。
羽布団
洋布団
こたつ布団
カーテン
カーペット
(ただし、綿100%の布団はNG、シルク製品もNGで洗えません)

洗濯や乾燥を待ち時間はベンチや自動販売機があるので、時間をつぶせる人は、その場で終わる時間まで待機できます。

今後も使っていきたい大型コインランドリーでした。

塚口の武蔵坊の宴会メニュー、鍋や会席があります。

忘年会、新年会の宴会の季節です。
年明けに新年会を兼ねて集まろうということになり、幹事ではないのですが、良い店がないかなと探していました。

 

場所は、尼崎市内。
できれば阪急の武庫之荘駅を中心に、塚口か伊丹の辺で。

 

参加者の人数は10名ちょっと。
お酒より食事メインで。

 

ホテルやファミレスなど、思いつくところに電話したのですが、どこも結構いっぱいでした。

 

ただ、尼崎周辺の情報を探っている中で、この店、いいなというところがあったのでご紹介します。

 

それは、塚口の「武蔵坊」という蕎麦屋さんです。
ピッコロシアターの隣にあります。

お店の名前は「そば処 武蔵坊」となっていますが、ファミレスぐらいの大きさのお店で、そば以外にも、うどん、定食やどんぶり、居酒屋的な一品メニューもあります。

お昼はランチもやっています。

 

宴会用のメニューをもらってきたので、ご紹介します。

武蔵坊の宴会メニュー

<宴会用メニューのご紹介>

【なべコース】
うどんすき鍋コース 3400円
ちゃんこ鍋コース 3400円
豆乳鍋コース(冬季限定) 3400円
かにすきコース(冬季限定) 4900円

鍋コースは、次の①または②を選べます。
①前菜3種盛り、刺身盛合せ、デザート
②前菜3種盛り、茶わん蒸し、天ぷら盛合せ、デザート

【会席膳コース】 2100円
・会席膳(刺身、天ぷら、野菜炊合せ、おにぎり、デザート)
・ミニそば
・茶碗蒸し

【武蔵坊会席コース】 2950円
・前菜3種盛合せ
・刺身盛合せ
・季節の炊合せ
・茶碗蒸し
・ミニそば
・天ぷら盛合せ
・寿司、漬物、赤だし
・デザート

【特別会席コース】 3700円
・前菜3種盛合せ
・刺身盛合せ
・季節の炊合せ
・茶碗蒸し
・季節の一人鍋
・ミニざるそば
・天ぷら盛合せ
・寿司、漬物、赤だし
・デザート

【オードブル】 5300円~
オードブル盛合せ(4~6名様)

 

 

たまたま塚口で昼食を取ることがあったので、ランチに武蔵坊に行ってきました。
写真は撮ってこなかったのですが、和風の昔造りの建物でなかなか趣のあるお店です。

昔ながらの蕎麦屋さんがファミレスぐらい大きくなったという感じです。

テーブル席が中心ですが、奥には座敷もあって、テーブル席でも座敷でも宴会が出来そうです。

メニューを見ていると食べたいものがあって迷ってしまいます。
昼食だったので、ランチメニューを頼みました。天とじ定食。
他にもお寿司の定食や、とんかつ定食、鉄火丼定食などなど。

定食は800円から1000円前後です。
安い感じではありませんが、適正なお値段だと思います。

武蔵坊でランチを食べてきたという話を家でしたら、家族も行きたいと言い出して、間を開けずに週末にランチを食べてきました。

週末の武蔵坊はかなり混んでいました。満席です。
入り口で、「待ち時間、かなりかかります。食事が出るのも時間がかかっています」とのお店の人の断り。

時間には余裕があったので待ちました。

 

今度はコロッケ定食を食べました。美味しかったです。

新幹線グリーン車のフットレスト、足置きの裏表、使い方について

この足置き、必要でしょうか?

新幹線のグリーン車のフットレストの件です。

 

新幹線のグリーン車に乗ると足置きが付いていますよね。

これフットレストと言うらしいです。

新幹線のグリーン車にはあまり乗りなれていないので、このフットレストと言う足置きの使い方がいまいちわかりません。

足置きがない方が足元のスペースを広く使えるから、フットレストが邪魔と思うこともあります。

新幹線では鞄を足元に置いている人も多いと思います。

グリーン車の座席周りにフットレストがあると、鞄を置くスペースが限られています。

グリーン車の足置き、いりますか?

どうなんでしょう。

でも、グリーン車にフットレストが設置されているということは、それなりの足置きへのニーズがあるんでしょうね。

 

文句を言わず、せっかく足置きがあるんだから、あるものは有難く使いましょう。

そういえば、グリーン車じゃない新幹線の普通車に乗っているとき、よく靴を脱いでリラックスしている自分がいるのを思い出しました。

新幹線で靴を脱ぎたくなるのは確かです。

やっぱりグリーン車って気が利く、よく出来ている。おしぼりも配られるし。

 

さて、いざフットレストを使おうと思ったところ、1つの疑問が浮上。

このフットレスト、靴のまま足を乗せるのか、それとも、靴を脱いで使うのか、

どっちなのでしょうか。

フットレストをよく見ると、折り畳み式になっていて、表面と裏面があり、

足を置く部分の生地の色も違います。

足置きには裏表があったのです。

フットレストの裏表があって、恐らく靴をはいたまま乗せる面と、

靴を脱いで足を置く面と、使い分けるようになっているのと推測しました。

でも、フットレストの裏表、どっちの面が靴用で、どっちの面が靴を脱ぐ用なのか。

 

グリーン車の足元には、「フットレストの使い方」という案内が張られているが、

足置きの裏表に関する説明はありません。

 

足置きの裏表、靴を脱ぐ方と、脱がない方って重要な事案なのに。

なぜ、使い方にその説明がないの?

 

フットレストの足置き面の裏表、調べました。

写真のとおりなのですが、

通常の状態、つまりフットレストが折りたたまれている状態の面が、靴の面です。

そして、折りたたまれているのを開いた状態が、靴を脱いで使う面です。

どちらが表か、裏かは、足置きの裏表はわかりませんが、そういうことです。

 

新幹線の足置き、裏表の面を間違わずに使いましょう。

自分や他の人が使い方や裏表の面を間違って使うと、次の人は嫌ですよね。

特に靴を脱いで足を置く面に、靴のまま足を置いていたら、次の人は嫌です。

周りのことを考えてグリーン車のフットレストを気持ちよく使いましょう。

入荷待ち、在庫品薄のsurface2を購入ゲットした方法

消費税増税も間近という理由をつけて、キーボード付きのタブレットをどうしても購入したくなり、近くの家電量販店へ。はじめはチラシにも出ていたASUSのキーボード付きタブレット(Office)が付いていて39000円ほどだったので、使用感とインターフェースなどの条件があえば購入しようと考えていました。

家電量販店の売り場へ行くと、ASUSの並びにマイクロソフトのsurfaceも39000円で売っていました。surface2は44000円でした。こちらもマイクロソフトだけあってofficeがインストールされています。surfaceが意外と安いんだということを初めてしりました。どうやら2013年に価格が下げられたようです。
マイクロソフトでこの価格ということに思いっきりsurfaceに気持ちが傾きました。タイプカバーのタイプも十分に使えそうです。売り場にはsurfaceのアクセサリーも売っていて、surface専用のプロジェクター接続ケーブルが売っていました。仕事でプロジェクターや大画面モニターに接続することがよくあるので、この接続ケーブルを見て心はsurfaceに決まりました。


売り場の店員さんを呼ぶと、タイプカバーは本体と別売りで12000円ほどするらしい。紛らわしい売り方だ。店頭の置き方だとどうみてもタイプが付いている売り方だ。それでもsurfaceが良いと思い、購入しようと思ったのですが、surfaceもsurface2も売切れで入荷待ちらしい。がっかりしたものの、衝動買いになるのは避けられたという安心もどこかにあり、店を退散。
自宅に戻って、気になったsurface情報を収集。マイクロソフトのsurfaceは世界的に売れていて、ネットショップも探しましたがどこもsurface、surface2ともに品薄というか売切れで、在庫がほとんど無いようでした。アマゾンでは在庫があったが、定価よりやや高めの価格でした。その日、別の用事で外出する機会があり、別の家電量販店に寄りましたが、そこも売切れで在庫がなく入荷待ち。店内できいたのは正規の店員ではなくネットのプロバイダ会社の応援定員らしい人で、「3日ぐらいで入荷する」とか言っていましたが、ネットの契約が欲しさに適当に答えているとしか思えなかったので相手にしませんでした。

surfaceよりsurface2を購入しようと、 Surface2について調べる中で、どうやらマイクロソフトの正規ネットショップでは、在庫がないときは商品をカートに入れても在庫切れという表示が出るらしいのですが、タイミングが合えばときどき、カートに入れるボタンをクリックすると、本当にカートに商品が入って購入できるという話を知りました。慢性的な品薄のため不定期で、しかもわずかながら在庫が入るらしいのです。
それを知ってから、早速、マイクロソフトの正規のネットショップをちょくちょく見に行って、見に行く度にカートに入れるボタンをクリック。しかしずうっと在庫切れ表示が続きました。何日間かは、これを続けようと思い2日目も継続、2日目も午前中からマイクロソフトのストアに行き、ちょこちょこ見ていたところ、なんと2日目のその日の夕方に、いつもの在庫切れの表示ではなく、カートに商品が入り、購入ページに進むことができました。

購入ページで住所やカード情報などを入れている間に、他の人に購入され在庫が無くなるのでは思い、急いで入力し、購入決済が完了しました。購入して2日後にsurface2が届きました。

売切れ続出で品薄のsurface2が思っていたより簡単に購入ゲットできてラッキーでした。

 

高槻しいたけセンターに行ってきました。椎茸とBBQの写真。

先日、家族で高槻の山奥にある高槻しいたけセンターに行ってきました。 高槻しいたけセンターに行くことになるまでは、やや長い道のりでした。秋の行楽シーズンとなり、子どもを連れて家族でどこかに出かけたいけど、良いところないかなと考えていました。大阪、兵庫をはじめ関西の行楽地を考えてみましたが、行ってみたいと思うほどのところがなく、恒例の伊勢神宮も考えたのですが、関西からやや距離があるし、式年遷宮もあったことから混雑しているのではと思い、伊勢神宮は思いとどまりました。 そんな中、秋なので何かフルーツ狩りが良いかなと思って、関西のフルーツ狩りができるところを調べてみましたが、梨やぶどうなどのフルーツ狩りのシーズンはほぼ終わっているようで、関西の行楽地をめぐる迷路にはまってしまっていました。

そんなとき、昔、猪名川方面に行ったときに、しいたけ狩りという看板が出ていたのを見て、行ってみたいと思ったことを思い出しました。早速、猪名川のしいたけ狩りをネットで調べてみました。猪名川のしいたけ狩りは、椎茸をとったその後にバーベキューができるという案内があり、やはり楽しそうでしいたけ狩りに惹かれていきました。

猪名川だけではなく、関西には他にもしいたけ狩りができるところがあるのではと思い、大阪、兵庫など関西のしいたけ狩り情報を調べると、関西にはいくつかしいたけ狩りができるところが見つかりました。

その中から、アクセスのし易い場所、そして、しいたけ狩りの料金体系、その後のバーベキューの料金、近隣施設など、総合的な評価でトップになったのが大阪、高槻の山奥にある高槻しいたけセンターでした。

高槻しいたけセンターはその名のとおり高槻なので大阪中心街や阪神エリアからもアクセスがよく、高速道路を使えば、名神高速の茨城インターから車で約30分ほどでアクセスできる場所にあるので、関西であればどこからもアクセスし易い場所です。高槻しいたけセンターは、高槻森林観光センターの一画にあり、その他にも楽しめる施設があります。

メインのしいたけ狩りですが、高槻しいたけセンターは、入場無料です。そして、取った分だけを計量してお金を払うシステムです。しいたけを取らなければ無料で入れますね。その料金ですが、我家の家族がいったときは、100g250円でした。椎茸が100gが250円という値段が高いか安いかよくわからないですね。たぶんスーパーなんかで買うことを思えば高いのでしょうが、取った分だけ料金を払うというのは、理にかなって有難いシステムです。お金をかまわず沢山しいたけを取りたい人は取りたい分だけ、お金のことが気になる方は控えめに、誰もが公平に楽しめる料金体系です。楽しいので子どもたちはどんどん取りますが、取り過ぎ注意です。すぐに椎茸がカゴいっぱいになり、想像以上の料金を払うことになるかもしれません。

 

そして、取ったしいたけは新鮮なうちに食べたいものです。こちらの高槻しいたけセンターでは、しいたけセンターの隣にある高槻森林観光センターが運営していると思われる「ささゆりの里」というバーベキューレストランで、とった椎茸を持ち込んで炭火で焼いて食べることができます。自分でとった椎茸をすぐに炭火焼で食べられるなんて魅力的です。 こちらのささゆりの里のバーベキューレストランですが、椎茸を焼く専門のレストランではなく、バーベキューレストランなので、普通のレストランのように食事を注文する必要があります。お肉と野菜のバーベキューセットなら大人は2000円ぐらいです。焼肉屋さんのように単品で注文することもできます。バーベキューセットには椎茸が含まれておらず、椎茸は自分が持ち込んだ椎茸を炭火で焼きます。 ここで食べる椎茸は最高に美味しかったです。お肉より美味しかったのではないでしょうか。椎茸は新鮮で肉厚で正に椎茸ステーキといった感じです。内に持ってかえって焼いたり、鍋にしたりして食べたときも美味しかったですが。

 

レストランは、結構広いので、かなりの収容人数です。我家がいったときは、3連休のときだったので、家族連れやカップル、予約の団体客も入っていて混雑していましたが、外で待っている人はいなかったです。

しいたけ狩りを楽しんで、バーベキューレストランで椎茸を食べたあとは、こちらの高槻森林観光センターにある施設で遊んで帰れます。

アスレチックやクラフトセンター、温泉施設もあります。我家は子ども連れだったので、アスレチックをしに行きました。大人も子どもも入場料210円です。森林センターというだけあって、木々に囲まれた山を散策できたり、子どもはアスレチックを楽しめることができるのですが、食べ物の持込みが一切禁止です。気候の良いときはお弁当などを持ち込んでピクニック気分を味わうのに最高の場所ですが、食べ物の持込みが禁止なのでできません。

アスレチックの一画には、すごい大きなローラーすべり台があります。山の斜面を活かした設計で、かなりの高低差で、これまで関西をはじめとするいくつかのローラーすべり台を体験してきましたが、スリル面でいうと一番ではないでしょうか。お尻の下に敷くマットが用意されていて、それを使ってローラー滑り台をすべると、大人はかなりのスピードが出るので要注意です。孫に「おじいちゃん一緒に滑ろう」なんて言われて行ったら、スピードに注意して滑らないと本当に怪我をしてしまうのではないでしょうか。このローラーすべり台は試す価値ありですね。 常連と思われる家族連れは、ダンボールでつくったマイお尻敷きをもってきていました。マットより良いのでしょうか。

アスレチックを終わって、我家は高槻森林観光センターにある温泉施設でお風呂に入っていく予定をしていたのですが、やや疲れ気味で早く帰りたかったので温泉はパスして帰ってきました。

初めての椎茸狩りでしたが、とても満足して帰ってきました。しいたけの取り過ぎは注意です。 高槻しいたけセンターは年中営業しているようですが、寒い季節は椎茸の成長が遅く、しいたけ狩りも1人5個や10個といった制限が出るときもあるようです。取り過ぎないので良いですかね。

烏丸の500円激安ランチのお店の写真付きレポート

京都烏丸の激安ランチを食べてきました。先日、朝から烏丸に行く用事があったので、その日はランチも烏丸で食べようと、インターネットで烏丸界隈のランチ情報を検索。

さすが古都・京都の中心街であり、観光地であり、オフィス街でもある烏丸。いろいろ美味しそうなランチをしているお店がありました。どの店でランチを食べようかといろいろ迷いましたが、今回は1人ランチということもあって気軽に食べられるお店、ということで烏丸の激安ランチを食べてきました。

お店の名前は「マエダダイナスティー」。このマエダダイナスティーは夜は居酒屋さんで、ランチは激安ランチを売りにされているお店のようです。

このマエダダイナスティーというお店の名前ですが、マエダは前田さんがオーナーでしょうか、ダイナスティーの意味は、王家とか王朝、名家という意味のようですが、日本語に訳すと前田王朝ということになります。そういえば店内の雰囲気も昔のオリエンタルなお屋敷を感じさせるようなところがあります。マエダダイナスティーという店名も納得。今回はランチタイムしか行っていませんが、夜の居酒屋タイムはおじさんたちだけでなく、若い女性も多く集まるお店に思えます。どっちかいうとおじさん達は集わず、若い人や女性の来客が多いお店かもしれません。

話をマエダダイナスティーの激安ランチに戻します。マエダダイナスティーは阪急烏丸駅から徒歩ですぐのところです。

阪急烏丸駅(四条烏丸の交差点)から烏丸通を北に進み、1つ目の筋の錦小路通りを四条方面に右折してすぐです。


大きな地図で見る

錦小路を四条方面に進むと左にランチタイムであれば、道端に激安ランチ500円の立て看板と建物2階に黄色いマエダダイナスティーの看板が見えます。

道端の立て看板には激安ランチの500円メニューが5種類ほど紹介されていました。この日は、ランチメニューは、

1.チーズ入りメンチカツ

2.鶏とキャベツと玉ねぎの味噌炒め

3.タイ風グリーンカレー

4.手作りパンのかにクリームコロッケバーガープレート

5.麻婆丼セット

いずれも激安の500円ランチです。しかも、ご飯と味噌汁はお替り無料だそうです。どれも魅力的なランチメニューでしかも激安の500円なので店に入る前から迷いました。最終的に鶏とキャベツの玉ねぎ味噌傷めとグリーンカレーの2つで迷いましたが、鶏とキャベツと心に決めてお店へ。

マエダダイナスティーは建物の2階です。目の前の階段を上がって入店すると、店内はやや照明を落とした激安ランチらしからぬ雰囲気。入店したのはお昼の11時半過ぎで、まだランチタイムの混雑はないと思って入りましたが、入ってすぐのカウンター席は満席で奥のテーブル席に案内されました。奥のテーブル席エリアは、通路を挟んで左側が2人掛けまたは4人掛けのテーブル席で、右側は座敷でした。

お客さんがちらほらいましたが、まだ充分に席が空いていました。お好きな席へどうぞと案内されましたが、今回は1人ランチなので2人席に着席して、決心していた鶏とキャベツと玉ねぎの味噌炒めを注文。

来店客の客層は、半分は烏丸のオフィスで働いているか、仕事で烏丸を訪れた感じのサラリーマンたち、あとの半分は普通の女性客や何で烏丸に訪れたか不明な人たちということで、客層は幅広い感じで、店内のテーブルの間には仕切りがされてていて誰でも1人でも2人でも落ち着く感じの店です。ただ落ち着く店内と言っても500円の激安ランチなので、お店の人のことを思うと、ささっと食べてすぐに出て行くのが良いのでしょうね。激安ランチは回転が命です。長居には向いていません。

出てきた鶏とキャベツと玉ねぎの味噌炒め、炒め物の横にはスパゲティーケチャップ和えが添えられ、小鉢の春雨、ご飯と味噌汁が付いてきました。

 

激安ランチなので味はどうかと思うと、とても美味しい!700円以上取っても良い味ではないでしょうか。これで、ご飯と味噌汁のお替り無料は激安というか破格ですね。烏丸で働いていたら毎日でも食べたい。

となりのテーブルの職業不明なおじさんはご飯とお味噌汁の両方をお替りしていました。しかもご飯は大盛り。となりのサラリーマンの若いお兄さんはご飯お替り半分だけという注文。皆さんいろんなお替り方法を心得ていらっしゃるようです。

食事をしていると店内はほぼ満席になっていました。ランチが500円だと当然ですね。長居は無用ということでご飯を食べて会計を済ませてお店をでました。別に並んで待っている人がいなかったので、回転は良いのでしょうね。是非、また来たいお店です。

ただ少し気になったのは、各テーブルに灰皿がおいてありました。ランチタイムも喫煙可能なのでしょうか。夜の居酒屋タイムは仕方ないにしても、ランチタイムで喫煙可となると敬遠する人が多いですよね。喫煙か禁煙かは確認をとっていないので不明です。ただ灰皿が置いてあっただけで、ランチを食べている間、店内でタバコを吸っている人は誰もいませんでした。

 

今回は烏丸の激安ランチのお店を紹介しました。烏丸で働いている人、烏丸に行く用事がある人は、是非、訪ねてみてください。激安だけではない、料理もほどほどに美味しいですし、店内の雰囲気も良いお店です。

烏丸には他にもランチの美味しそうなお店が沢山あったので、ちがう激安ランチも、激安じゃないランチもいろいろ挑戦してみたいです。烏丸って良い街ですね。

京都烏丸の美容室に行ってきました。

京都烏丸にある美容室に行ってきました。烏丸にある美容院に行き、烏丸という街と美容院について思うことを。

烏丸に行ってきました。京都の烏丸に住んでいる先輩が通っているお奨めの美容室で、その先輩が美容院のスタイリストさんを紹介してくれました。先輩は小さいころから烏丸に住んでいて、昔から地元の烏丸でいつもカットしているようなのですが、今回、紹介してくれた美容院のスタイリストさんと先輩は、そのスタイリストさんが前に勤めていた昔の美容院時代からの付き合いで、ずっとそのスタイリストさんにカットしてもらっているらしいのです。

美容院業界では、スタイリストさんがお店を移ったり、自分で独立して新しい美容室を開業したりするのはよくあることだと思うのですが、カットしてもらう方もスタイリストさんを追いかけて、通っている美容室を変えるというのはよくあることなのでしょうか。

そういえば、私も昔通っていた美容室で、担当してもらっていた女性のスタイリストさんが結婚してその美容室を辞めることになり、それと同時に私もその美容室に通わなくなったことがありました。仲間内でも、どこの美容室が良いとか悪いとかって話たりもしますが、もしかしたら美容室の良い悪いではなくて、担当してもらうスタイリストさんとの関係や相性がけっこう大切なのかもしれませんね。

でも、また私の体験談になってしまいますが、その後、美容室を転々としてから、気に入ったお店を見つけて通いだしたのですが、いつも指名してカットしてもらっていたスタイリストさんが隣駅のグループ店に異動になるということがありました。とても残念だったのですが、その時は私はそのままお店を変わらずにその美容院でカットしてもらい続けるということがありました。新しく担当していただいたスタイリストさんも上手くカットしてくれて何も問題なかったです。さっきと話が違いますね。

話は烏丸の美容室に戻りますが、初めて烏丸の美容院に行くことになり、私が烏丸みたいなおしゃれな街の美容院に行くなんてちょっとドキドキでした。

烏丸っておしゃれな街ですよね。私も幼少のころ京都の三条にときどき通っていたことがあって、四条河原町や烏丸近辺は親に連れられてよく歩いていたのを思い出します。

烏丸は四条河原町の西側一帯ですが、大通り沿いは大きなビルが立ち並んでいますが、路地に入ると、美容室をはじめ、おしゃれなお店や飲食店がたくさんあるし、昔ながらの京都の町並みが残っているところもあって、京都の風情を感じながら、買い物や美味しいごはんを楽しめる街です。昔から烏丸に住んでいるという先輩がうらやましい。

ただ、烏丸は人が多いですね。マンションもあって烏丸住民の方もいるでしょうし、そこにビジネスや商売の人、観光の人が入り混じって路地裏でも車がけっこう行き交って、やや落ち着かない感じのする場所もあったりします。

私は大人になって、仕事でも烏丸にはときどき来ることもあったのですが、まさか烏丸の美容室に行くことになるとは思いもしませんでした。私はいつも住宅街である地元のお店でカットしてもらっています。

紹介していただいた美容室は阪急烏丸駅から徒歩5分、京都市営地下鉄の烏丸御池から徒歩3分のアクセスの良い場所でした。私は阪急烏丸駅から行きましたが、烏丸通りを北上して、六角通りを東に入って、少し歩いた角にある美容室ですぐにわかりました。

美容室は飲食店などが入ったビルの2階にあり、階段をあがって美容室に入ると目の前に大きな空間が広がる開放的なお店で、お店の雰囲気はおしゃれ感がすぐに伝わりました。店内は、ウッディーな質感と観葉植物が多く置かれているせいか南国のリゾートホテルのような穏やかでリラックスできる落ち着きがありました。

約束の時間に美容室に行ったせいか、名前も告げませんでしたが、「お待ちしていました」という感じで自然に店内にあるソファーに案内してくれたのも、とても気持ちが良かったです。

スタイリストさんは男性の方が多く、最初に応対していただいた方も男性スタイリストの方でしたが、男性や女性といった性別を感じさせない自然な雰囲気の方で話口調もとても好感のもてる方でした。

初めて烏丸の美容室に入るので、実は少し緊張しているところもあったのですが、美容室の方の応対がすごく自然な丁寧さだったので、お店に入ってすぐに緊張していたことも忘れて落ち着いている自分が居ました。

これが烏丸の美容室でしょうか、さすがに違いますね。烏丸という街は美容室の競争も激しいそうで、ここのお店がある通り近辺だけでも、10店ほど美容室があるそうです。石を投げたら美容室に当たるみたいです。それだけ競争の激しいところなので、技術やメニューは当然として、お店の雰囲気や応対なんかも手を抜かずしっかりされているんでしょうね。

烏丸にある他の美容室のことを知らないので、ここのお店だけが特別なのかもしれませんが。今回はだらだらと書き過ぎました。烏丸のことを書き過ぎたら、まだ入店したことしか書いていませんでしたが、お奨めの美容室です。烏丸にお住まいの方や、烏丸の美容室に興味のある方は是非一度訪ねてみてください。

最後にお店の紹介もしときます。

お店は「トロピック」という美容室です。夜9時まで営業しているそうなので、働いている人にも良いですね。

美容室「トロピック」のホームページはこちら

電話で予約してから行ってくださいね。それでは、今回はこの辺で。