尼崎で外壁塗装業者さんを探した話、初体験の外壁塗装ばなし

わが家の外壁塗装を初めてしたの話です。

尼崎市内に家を購入して10数年が経過した我が家、そろそろ外壁と屋根の塗装をしないといけないと考えて数ヶ月したとき、家のインターホンが鳴って、外壁塗装会社の訪問営業の方が来られ、初めて見積りをとりました。

いきなりやって来られた訪問営業の会社に見積りをしてもらいましたが、良く知らない会社に100万円を超える外壁塗装をお願いする決断はできず、自分でも外壁塗装会社を探すことにしました。

 

前々から、いつか外壁塗装をするときは、地元の尼崎の小さな塗装工事屋さんに頼もうと考えていました。

小さな塗装工事会社さんは、大手塗装会社や住宅メーカーの下請けとして外壁塗装をしているはずで、自前で営業活動をしているところはあまり多くありません。

営業にコストをかけず、大手の下請けとしてしっかり仕事をしている会社であれば、外壁塗装の工事内容も安心だし、費用も安くなるのではと、小さな塗装業者さんにお願いしたいのは、費用面や安心面からの理由です。

しかし、そんな業者さんを知っている訳でもなく、何のつてもありません。

 

ということで、ネットで外壁塗装会社さん探しが始まりました。

グーグル検索で、「外壁塗装 尼崎」などと検索すると、とりあえず検索結果には、外壁塗装をしているらしいホームページが沢山でてきます。

検索結果の上の方に表示されているからと言って、良い塗装業者さんとは限りません。

とりあえず、ページを開いて見ていきます。

 

わが家がお願いしたい塗装業者さんは、いかにも小さな塗装業者さんです。

それは、外壁塗装の料金がたぶん安いから。

例えば、社員が何十名も集まった集合写真を載せているような会社は、会社組織としてはしっかりしているかもしれませんが、社員が多いということは、営業経費や、管理費用、人件費もそれなりにかかっていて、結果、外壁塗装の料金にもそれらが反映されて、安い工事料金ではないと推測するからです。

なので、あまりしっかりし過ぎている塗装業者さんは、ちょっと遠慮したいところです。

しかし、大手の外壁塗装会社や中堅どころの外壁塗装会社は、立派なホームページをもっていて、検索してもすぐに何軒かの いかにも良さそうな業者さんが見つかりますが、我が家が探している業者さんは、家族経営だったり、小さな塗装専門の業者さんで、ホームページすら持っていないところもあると思います。なのでネットで探すのも一苦労です。

 

ネット検索で「尼崎 外壁塗装」と探しても、情報が多くあり過ぎて、埋もれている小さな塗装業者さんは見つかりません。

 

そこで視点を変えて、次のようなワードで検索してみました。

「尼崎 外壁 塗装専門」

「尼崎 外壁塗装 シーリング」

「尼崎 外壁塗装 コーキング」

「尼崎 外壁塗装 下塗り」

「尼崎 外壁塗装 中塗り」

「尼崎 屋根塗装」

以上のような言葉で検索すると、大手の外壁塗装会社だけではなく、いろんな業者さんが見つかり始めました。

わが家が探していた「小さな外壁塗装会社」さんで良さそうな業者さんも何軒か見つかりました。

最終的には、その中から2件ほどピックアップして、見積をお願いすることにしました。

つづきは、別のときにまた書きたいと思います。

見附駅の待合室、タクシー、飲食店の情報

見附駅の待合室に関する情報、初めて行く人向けです。
新潟県の見附市に行ってきました。行くのは初めて。

電車を調べたところ、長岡駅から信越本線で3駅ほど。

ただ、昼間だと、1時間に一本しか電車が走っていないので、約束の時間がある人には要注意ですね。

電車が1時間に一本ということは、行先の約束の時間にタイミングよく電車が走っていると良いですが、見附駅に到着しても、約束の時間には早すぎて時間をつぶさないといけない、ということも。

そこで活躍するのが駅の待合室です。

わたしも、初めて行こうとしたときは、かなり早めに駅に到着することとなって、しかも寒い寒い冬の時期だったので、時間をつぶせるようなところはあるか心配でした。

心配しても電車の時間は決まっているので、見附駅に向かって到着したところ、十分な広さの待合室がありました。

駅から改札を出たすぐそばに、30人くらいは座れる椅子がある待合室です。
けっこう使っている人もいました。地元の高校生が多かったですね。

しっかりと暖房が利いて暖かい部屋でした。

ただ、イスがあって暖房が利いている以外は何もありません。

売店もないですし、自動販売機とトイレはあります。

自動販売機は飲み物以外にも、ちょっとしたお菓子が買える自動販売機もありました。

駅は無人ではありません。駅員がいます。

駅のまわりですが、待合室に代わるようなお店はありません。

ちょっとした食べ物屋さんはあるかもしれませんが、食べるだけで、喫茶店のような時間をつぶせる店ではなさそうです。

タクシー乗り場がありますが、私がいった昼過ぎの時間帯は、タクシーが待っていたり、出て行ったり、常時タクシーがいるわけでもなさそうです。

駅前の角には旅館がありました。

そんなに古くなさそうな旅館でした。

見た目はビジネスホテル代わりにもなりそうな感じの宿です。

 

以上、見附駅の情報でした。

 

2013年の流行語大賞に「倍返し」

こんにちは、やられたら「倍返し」のマットです。

「倍返し」いつやるか?「今でしょ」、「じぇじぇじぇ」、今回は最後までこんな感じです。ご了承ください。

さて、2013年の今年の流行語大賞の候補となる流行語がぞくぞくと出てきていますね。

もう2013年の半ばを過ぎましたが、今年の前半ぐらいまでは2013年の流行語大賞はあの林先生の「今でしょ」が大賞間違いなしぐらいの勢いで流行していましたが、ここに来て流石の「今でしょ」もやや飽きられぎみで、「今でしょ」の流行の勢いが落ちてきたころに、今度は「じぇじぇじぇ」が流行してきたなぁと思ったところ、「じぇじぇじぇ」もびっくりするくらいに「倍返し」が流行し始めました。

半沢直樹のドラマに思いっきりはまってしまい、私の中で、2013年の流行語大賞は「倍返し」に確定していますが、「じぇじぇじぇ」をはじめ、その他の流行語も「倍返し」に「倍返し」するぐらいの気持ちで流行語大賞を虎視眈々と狙っているのではないでしょうか。

このところ、やや停滞ぎみとも感じる安部政権のアベノミクスですが、2013年後半に株価や円安がさらに進み、安部政権の経済政策が息を吹き返せば「アベノミクス」も流行語大賞をかっさらうかもしれません。

「倍返し」の弱いところは、秋前にはドラマが終わってしまい「倍返し」も一時の流行語と消え去ってしまう可能性が多いにありますね。

そう思うと「倍返し」はドラマの1クールの流行語止まりで、流行語大賞にはならない可能性が充分に考えられます。

ドラマで言えば「じぇじぇじぇ」も9月にドラマ放送は終了してしまいますが、「じぇじぇじぇ」メンバーは年末のNHK紅白歌合戦にも出演するらしく、じぇじぇじぇの話題は年末まで持ちこたえそうです。

流行語大賞が決定するのは12月ですから、そうなると「じぇじぇじぇ」は強いですね。まさに「倍返し」に倍返しが現実のものとなりそうです。

2013年の流行語大賞、どうなりますかね。これから大賞候補となる新しい流行語が生まれる可能性も十分にありますし、今から楽しみです。

ところで話題の「倍返し」でお馴染みのドラマ「半沢直樹」ですが、参議院選の選挙で放送が飛ばされた記憶が新しい内に、またまた世界陸上のために半沢直樹はお休みです。ドラマの中ではあんなに働いている半沢さん、放送では休み過ぎでしょ。

いつ休むか「今でしょ」...

 

来週の半沢直樹はお休みですという案内が表示された瞬間、「じぇじぇじぇ」と怒りに近い驚きでした。何やってくれてるんでしょうね。半沢直樹が支店長への怒りを溜め込むぐらいに、半沢直樹の放送が飛ばされるのに怒りがこみ上げてきます。同じような思いになっている人も多いのではないでしょうか。この思いどうやって誰に「倍返し」したら良いのでしょうか。

こうなったら世界陸上で織田裕二が「倍返し」にも勝る、とんでもない流行語を発してくれるぐらいしないと、この気持ちは収まりません。

2013年の流行語大賞はまだ誰も聞かぬ織田裕二の「○○」になることを願います。

のり弁当の白身魚のフライの正体について

今回は白身魚の話題です。白身魚といえばのり弁当。

ほっかほっか亭ののり弁当が好きです。安くて美味しい。お弁当屋さんて、ほっかほっか亭以外にもhottomotto(ほっともっと)がありますが、皆さんどちらのお弁当屋さんを利用されていますか、私はほっかほっか亭です。hottomottoでも海苔に白身魚が乗った同じようなのり弁当がありますが、あまり食べたことはありません。他にもかまど家などもありますが。

さて、お弁当屋さんでは、のり弁当か唐揚げ弁当を注文することが多いのですが、白身魚の入ったのり弁当は、安くて美味しいだけではなく、カロリーも他の弁当と比べて少ないので、ヘルシーでもあるんです。白身魚という響き、ヘルシー感がありますよね。安くて美味しくてヘルシーなのり弁当は3拍子揃ったお弁当の王様と位置づけています。

そののり弁当の白身魚、これまで特に魚のフライぐらいにしか認識していませんでしたが、その白身魚ってどこの何の魚か、皆さんご存知でしょうか。

先日、テレビを見ていたら日10演芸パレードというのがやっていて、タブレット純という歌謡漫談をする方がネタをしていたのですが、そのネタがのり弁当の白身魚をテーマにしたものでした。今回のテーマとなるきっかけとなったのり弁当の白身魚は何かというネタです。

タブレット純さんのネタによると、白身魚はメルルーサという名前の魚のようです。メルルーサ、なんかかっこいい響きの名前ですね。メルルーサという響きはタブレット純さんの雰囲気にもしっくりきます。

タブレット純さんという方の風貌は、ザ・アルフィーの高見沢さんと重なるところがあるのですが、タブレット純さんをご存知ない方でも、アルフィーの高見沢さんとメルルーサという響きであれば、しっくりこないでしょうか。ちょっとどうでもいい話になってしまいました。

メルルーサという魚を検索すると、ウィキペディアで紹介されていました。メルルーサは、タラ目メルルーサ科の海水魚、深海魚だそうです。体調が、90cmから2mぐらいある大きな魚で、アフリカ、南アメリカ、ニュージーランド辺りで生息しているようです。

しかし、白身魚やメルルーサのことを調べていると、どうやら白身魚のフライに使われている魚はメルルーサだけではなく、他にもいくつかの魚が用いられているようです。

これもウィキペディア情報ですが、白身魚のフライとして使用されている魚は、ホキ、メルルーサ、スケトウダラ、タラ、スズキ、オヒョウ、アメリカン・キャット・フィッシュ、ナイルパーチ、ブルー・ホワイディング、バサといった魚があるようです。

はたしてほっかほっか亭の白身魚のフライは、何の魚を使われているのでしょうか。ちょっと親しみができたメルルーサだったら良いかな。

老衰でも自宅で亡くなると警察が死亡解剖する

今回は私の義理の母と祖母の話です。

私の義理の祖母は100歳近い高齢で寝たきりでなのですが、自宅で義理の母が介護をしています。母にとっては自分の親を介護しているのですが、祖母は身体は丈夫ですが認知的な部分では自分の子どもが介護してくれていることをあまり分かっていないようです。そんな状態なので孫に対する認識は全くありません。 

昔は自宅で介護しながら定期的に近所の老人ホームのショートステイ(一時入居)を利用している時期もあったのですが、老人介護施設に預けると体の調子が悪くなって帰ってくるというのが理由で、ここ数年は母が自宅で一人で介護をしています。母は旅行が好きな人で、昔は海外旅行などもしていたし、近年では近場の温泉宿泊旅行などお友達と出かけることもよくありましたが、老人ホームにお世話にならず完全に自宅で介護をするようになり、泊まりの旅行は一切行かなくなりました。

祖母は寝たきりですが、患っている大きな病気などはなく訪問医療も受けず、定期的に訪問してもらえるお風呂のサービスを利用しているだけです。最近は介護サービスが充実しているので、何らかのサービスをもっと受けて、介護をしている母は自分の負担を軽減すればと思うのですが、他人が自宅に出入りすること自体が余計な負担と感じるようで、お風呂の介護サービスを受けているだけです。

 そんな母は、この先も介護施設に預けることや入院させることは一切考えてないらしく、自分が最後まで面倒を看る覚悟をしているようです。最近では、介護をしていう方が鬱になるという話も聞きますが、母はとてもバイタリティがある人であまり弱さをみせません。ストレスが溜まらないのかと心配にもなりますが、母は母で、近所のサークルに参加したり、出かけたり、一応気晴らしはしているようです。

先日、母との会話の中で、自宅で亡くなると警察を呼んで、警察が遺体を死亡解剖して死因などを特定するという話を聞きました。私も初めて知りました。仮に寿命や老衰が原因で亡くなっても自宅で死亡した場合は警察を呼ばないといけないということです。もし訪問医療などを受けていて、かかりつけの医師がいる場合は、医者を呼んで死亡診断書を書いてもらえば警察が介入することはないようです。

 祖母の場合、訪問医療も受けていないので自宅で亡くなった場合は警察を呼ぶ必要があります。母は祖母を最後まで看取る覚悟をしているようですが、警察を呼んだり、遺体を死亡解剖しなければならないのは嫌がっています。なので、最後の最後は訪問医療でも良いのでお医者さんのお世話になって人生を最後を迎えられれば、祖母も母も幸せにお別れできるのではと思っています。